イランラジオ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

全般[編集]

  1. イランの国営メディア
  2. 基本的に反欧米・反イスラエル・反サウジアラビアの報道が多い。
  3. 日本では、イスラム教や中東の情報が入る希少なメディア。
  4. 制作番組も報道に負けずにレベルが高い。
  5. イスラエルの事をシオニスト政権イスラエルと表記している。
    • イランはイスラエルを承認しておらず、「シオニスト連中が勝手に立てた自称『政権』」という意味で使用しているものと思われる。
  6. インターネットラジオを放送しているのにインターネットを批判している。
  7. 反米保守や非リベラル左翼にとってはラジオスプートニクと共に貴重な情報源。
    • 陰謀論者にも人気もあるサイト。
    • 反米ではあるが、ラジオスプートニクと同様に権力批判するとは限らないのでこことは反対だと思った方が良い。
  8. 2016年3月にPARS TODAYに改名。
  9. 報道内容からラジオスプートニクテヘラン支局とまで言われるほど、親露報道も多い。
  10. 放送してから序盤でコーランが流れる。

制作番組の噂[編集]

世界の情勢[編集]

  1. イラン視点の世界情勢
  2. サウジアラビアの批判特集になると見るのがウンザリする。

先進技術と生活様式の影響[編集]

  1. 機械に頼る事についての良い面、悪い面を教えてくれる。
  2. ここでも西側の価値観について非難している。

金曜広場[編集]

  1. イランラジオの屋台骨番組。
  2. リスナーからイランの情報を届ける貴重な番組。

週刊イラン[編集]

  1. イランの一週間について放送する内容。
  2. 速い話、イランラジオが報じたニュースの流用も多い。



関連記事