インドvs中国

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
投稿規制
現在このページ(もしくは節・カテゴリ)は他者に不快感を与えたりサイト趣旨から逸脱するなどの問題が考えられるため、下記の投稿を規制しています。
この規制に反する投稿は削除や注意または投稿ブロックの対象となりますのでご注意下さい。本件に関するご意見などはトークページへお願いします。
規制する投稿:度が過ぎるイデオロギー的主張
  1. 中国人が嫌い。
    • 韓国人も嫌い
    • これはインドに限定されない
  2. 中国・パキスタンと領土問題がある。(カシミール地方)
    • パキスタンとは宗教がらみの領土問題であるが、中国との領土問題は、中国が不法占領しているだけである。
    • なお中国人が嫌いなのはカシミール問題が原因。パキスタンと仲がいいのも気に食わない原因。
  3. 華僑が唯一元気のない国である。
    • 華僑が一番元気が無いのは、外国人差別国家「韓国」だと思わないでもない。
    • 世界で唯一中華街が存在しない韓国の方が上。
      • 実はあるそうだw
        • 「病としての韓国ナショナリズム」の著者曰く、仁川に新中華街はできて、中国人(朝鮮族多し)や韓国人や外国人観光客は来ても肝心の在韓華僑がいない。一度韓国を捨てて逃げた連中は二度と戻ってこなかった。
  4. 最近中国が妙になれなれしいが、インドは反中親日の立場を崩していない。
    • 未解決の領土問題もあるし。
      • 中国は解決したと言い張っており、日本のマスゴミも(産経系列除き)そう言っているが、インドはそう思っていない。でなけりゃ↓なことにはならない。
    • 北朝鮮のミサイルで世界がごたついている隙に、北京までを射程とするミサイルの実験を行った。失敗したけど。
      • 中国は当然大激怒。しかし、世界はまるで問題にしなかった。
      • 中共が日本台湾に手を出したら絶対ブッ放すつもりなんだろうなぁ。
        • 他国のために核戦争をする愚行は絶対にしないだろうことは書いておく。
        • とりあえず恩をうっておいて、あわよくば領土もいただき! ってところかな?
          • というか、このあたりの国はとにもかくにも中国に仕返ししたいだけ
            • 敵の敵は味方という理由でも日本人に非常に友好的。もちろんそれ以外の理由が大多数だが。
      • 2007年4月、めでたく成功
    • インドの新聞社が行なった世論調査では「親近感を持っている国」「旅行に行きたい国」「我が国と手を携えるべき国」全てにおいて日本が一位。
      • 日本が好きじゃなく日本の経済力が好きって意味な。
        • 経済力がある同士でも、日本は羽振りがいいから好かれる。中国は身勝手さがあがるだけなので嫌われる。
    • なのにインド関連のニュースは殆どテレビに出ない。「正しい情報を選り分けてメディアを利用しよう」って言われても、報道されない情報をどう入手するのか……。
      • なので、「信頼できるニュースサイト」というアンケートで「2chニュース速報+」がトップを取ってしまうのはあながち間違いじゃない。
  5. カレーvs四川料理。どっちが辛い?
    • 圧倒的に四川料理。というか、カレーはそんなに辛くない。でも食べた後に下痢する確率は、いい勝負。
  6. インド人も中国人もアメリカンドリームを追いかける。
  7. 華僑と印僑はどちらかというと華僑のほうが先進国化に成功している。



関連記事

スポンサーリンク