新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

ウォルト・ディズニー・カンパニー

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ウォルト・ディズニー・カンパニーの噂[編集]

  1. いわずと知れたエンターテインメントの王者。
    • 新聞で「米娯楽大手」と書かれた場合、ほぼこの会社を指す。
  2. 著作権への執着は社会人なら半ば常識?
    • そのため同人など二次創作品は殆どない。日本なら今の任天堂小学館なみ?
    • よほどパクリに悩まされたということの裏返しでもある。日本の奈良ドリームランドしかり、中国の石景山遊園地しかり…
      • 某戦前日本アニメの敵が・・・
        • そのアニメ、前半で黒鼠にいじめられていた猫(?)がアメコミに出てきそうなキャラクターなんですが・・・。
    • ただ全く使わせないということではない。1987年に滋賀県の小学校でミッキーの絵をプールへ無断で描いたために消す羽目になった事件は有名だが、長野県の小学校がきちんと事前申請して、ディズニーの絵の利用を認められた事例もある。
      • 87年の事件はマスコミがディズニー側に批判的な報道をしたゆえ、今日でもディズニーの暗黒面を強調する事例としてしばしば用いられている。「事前申請がなかった」というのが問題の根底にあるのに。
        • 尾ひれがついて「事実を隠蔽した」などと根拠不明の噂になっていたり…公的機関でさえ著作権への意識が低かった時代の、恥ずべき日本の逸話とした方がよさそうなものだが。
        • 東京ディズニーランド開業間もない頃なので、模倣作品に関してディズニー社が神経質になっていた面もある。奈良ドリームランドの事例から日本人への不信感が強かったのもあるだろうが。
    • ディズニー自体も、一部作品にパクリ濃厚疑惑が持たれている事はこれまた常識。
      • でも、ディズニーはキャラクターグッズ等を非ディズニー関連の店舗でも多数見かけるので、長谷川町子よりはマシだと思うのだけど?
      • 日本での有名どころは「ライ●ン・キ●グ」「ア●ラン●ィス」辺りだろうか。
        • 前者はちゃんと観てみると「ライオンの王子が主人公」という共通点があるくらいで全く違う話だということがわかる。後者は両方とも同じ小説「海底二万里」をモチーフに持っているので似通ってしまうのは仕方がない。
    • 因みに二次創作に厳しいのは金銭が絡むもののみで、ネット上に流れている無償のものについてはあんまり厳しくないと言う声もある。
      • ニコニコ動画にアップされたディズニーを揶揄する動画も、アップされて2年以上たつのに未だ消えていないのがいくつかある。
      • 最近辞めたCEOのボブ・アイガーさんも「ネット上のパロディや二次創作に対する制限をもっと柔軟にするべき」と言ってましたな。
    • かつての目玉キャラだったオズワルド(後にディズニーが買い戻した)を製作スタッフごと奪われてしまったという苦い経験から、という説も。
      • ちなみにオズワルドを奪われてから対抗として生み出したとされるのがミッキー・マウス。
  3. 大々的な原作破壊の元祖か?
    • 原作主義者からは嫌われることが多い会社であるのは仕方ない話。
    • とはいえ、原作のままだったら子供が知ることはなかっただろう、と思える話は多い。
    • 「続編」は「俗編」。よって話題にならず消えていったものは結構ある。
      • 2000年代までの続編ものはTVアニメ用のスタジオに安く発注したものがほとんど。当時のCEOだったマイケル・アイズナーの、続編ビデオやグッズで小金を稼ぐ方針によるもの。CEOが変わってからは続編もちゃんと内製で作ってクオリティを高める方針に変わった。
    • 原作を元にした全くの別作品として評価すべき、という声も強い。
    • これは歴史のifであり何も分からないが、白雪姫や美女と野獣などの昔話に至っては、ディズニーがアニメ化しなければさほど有名ではなかったのではないか。
      • グリム童話とかアンデルセン童話とか、原作に忠実だと子供に紹介できないんですが。
  4. 創業者のディズニーは白人主義者だったと言われている。
    • 実際の所、黒人問題について考える余裕が無かったといった方が正確かもしれない。当時のアメリカの風潮では…(公民権問題も盛り上がらなかった頃)
    • ファンには申し訳無いけど、実際、ディズニーの作品は非白人に対しての卑下がごくごく当然な内容であるのは確か。おまけにこの時代では、熱烈な密告者として大幅を利かせていた。(因みに僕はディズニーが嫌いです。)
      • 戦前への枢軸国を悪者扱いするプロパガンダ映画もあるしなぁ…(アヒルが日本軍の航空基地を水攻めにする奴とか)
    • このテの作品は公民権運動で作られなくなったと思いきや、最近も人権団体からクレームを付けられる作品も制作していたりする。
    • 実際ウォルト・ディズニーは白人至上主義だったらしい。ちなみにプルートの黄色い体は黄色人種を表している。
  5. ディズニー映画をよく見てみると、細かい所にミッキーやドナルドなどのゲストキャラが登場していたり、色々なモチーフやシンボルが使われていたりする。製作者は遊び心たっぷり。
  6. ビデオのオープニングが軽くトラウマ物、つべに歴代物が載っているが全部トラウマ物
  7. 日本でミッキーマウスの声を担当する青柳隆志氏は実は本業は大学教授である。
    • ミッキー以前に役者としての活動歴はなく無名に近い状態だった。よく探したな。
    • ちなみに本家アメリカのミッキーマウスの初代声優はウォルト本人。
  8. 日本では田代みどりや森山加代子らのカバーで知られる「パイナップル・プリンセス」も実はディズニーソング。

ディズニーランドの噂[編集]

  1. 絶対王政国家。冥王の名を冠する猛獣を従えた、永遠の命を持つ黒鼠の国王が、魔力によって統治している。
    • ミッキーマウスが統治者ではないでしょ。ドナルドやプルートと同じくあくまでも従業員。本当の支配者で黒幕はこの著作権に神経質な組織
  2. 国民は従業員以外毎日変わる。
  3. 従業員は年間契約のため1年で変わる
  4. 色々な理由から、マンガに登場するときは「ネズミーランド」と言い換えられる。
  5. ハリケーンに襲われたが観光客数は最高だった。
  6. 「ペイントボール」の大会が貸切で行われる。
  7. 浦安パリと香港に植民地が有る、最近浦安の方は拡大されたらしい(海ネズミのリゾートらしい)。
    • 浦安に関していえばほとんど自治を許しているとの噂。
    • 下手に自治を許した為、浦安大成功には悔しい想いをしている。
      • なのでパリのはロイヤリティーが結構取られる。
    • 浦安のほうはカップルの植民地じゃない?
  8. そういえば昔、日本の伊豆に、ディズニーイノシシ村って言う租界が有ったらしい。
  9. 更に規模の大きい、「ディズニーワールド」もあるのだが、知名度は意外に低い。
    • 全部廻って、それなりに楽しむには最低1週間必要。最後はホトホト飽きて浅草花屋敷が無性に恋しくなる。
    • 日本であまり知らせると浦安の方の客が減るからね。
    • その規模たるや山手線がふたつ入るほどらしい……?
  10. シンボルの城は「眠れる森の美女」城である。
  11. イ・ミョンバク韓国大統領が韓国にディズニーランド建設を考えているとの事。
  12. ちなみにヨーロッパではディズニーは、まるっきり人気がない(映画も含めて)。フランスにランドがあるけど客はガラガラ。ヨーロッパの人はアメリカ文化であるディズニーの価値観が理解できないんだとか。人気が無いどころか嫌ってる人も多い。
    • 人魚姫はかなりの原作崩壊。
    • ヨーロッパのモータースポーツ関係者は、「ミッキーマウスサーキット」という言葉を使うことがある。「単調で走っていてつまらないコース」のことらしい。
    • フランスと中国は反米だからというのもあるらしい。日本がたまたまドがつくぐらいの親米だったので成功したともいえるので。


映画の噂[編集]

  1. ハリウッドと栄枯盛衰を共にしている。
  2. アニメは最近は3Dばっかり。
    • そもそも2Dスタジオはすでに存在しない。
      • ピクサーとの共同制作映画のデザインは良いのだが、単体で作ると・・・デザインが酷すぎる。
        • もしスティーブ・ジョブズがトイ・ストーリーの企画をディズニーに持ちかけていなければ更に酷くなっていたかも…(トイ・ストーリーの大ヒットによりピクサーとの関係ができた)。
  3. 自分とこの作品の著作権には人一倍うるさいくせに、他人とこの作品をインスパイヤしまくる。

ディズニーモバイルの噂[編集]

  1. ソフトバンクと組んで2008年春に日本進出。
    • ただし本家アメリカの方は2007年末に終了。
  2. 2012年になってドコモと組む様になったがソフトバンクとは縁切ったのか?
    • 結局ドコモとソフトバンク両方に供給している。

放送局事業[編集]

ディズニー・チャンネルの噂[編集]

  1. 1983年開始。
  2. 日本では2003年放送開始。現在は60ヶ国以上で放送。
    • 開局特別番組に森公美子を呼んだ。
  3. XDに続いてこっちでも日本のアニメを放送。しかもけいおん!イカ娘などのオタク層に人気のバリエーションを揃えて話題に。
    • 他にもディズニーに対抗して製作されたシュレックまで放送。もはや何でもありだな。
    • たまにアイカツ!ラブライブ!と日本のアイドルアニメ2連発という編成を組むことがある。
    • いずれにせよ「ディズニー専門チャンネル」というイメージとは大きくかけ離れた番組を放送することがある。

ディズニーXDの噂[編集]

  1. 当初のチャンネル名は「トゥーン・ディズニー」。
  2. ディズニー以外にも日本のアニメ、海外ドラマ、その他様々な番組が放送されている。
    • 今ではラインナップの大半が日本のアニメになった気がする(ただディズニー・チャンネルとは違い少年漫画原作に絞っている)。

ディズニージュニアの噂[編集]

  1. 子供向きアニメ専門局。
    • 同名の番組枠がディズニーチャンネルにもある。
  2. 二カ国字幕放送を行っているので英語の勉強に使えるかも。
  3. 日本のディズニージュニアcs339chはテレビ朝日系列

ABC[編集]

  1. American Broadcasting Company。略してABC。
  2. 元々はNBCの分割によって生まれた放送局で、現在はCBSも合わせた3大ネットワークの一角。
  3. 1990年代にディズニー参加に入った。
  4. ラジオ部門は売却済み。
  5. ディズニーランド最初のスポンサー。ディズニーランド開業前にウォルト自身がディズニーランドを紹介する番組を放送して人々の興味とスポンサーからの資金を集めた。

ディズニー・クルーズラインの噂[編集]

  1. ミッキー達とカリブ海や地中海やアラスカをクルージング。
  2. ディズニーリゾートの一部だけあって、子供向け設備が豊富。
    • グリーティングも豊富で、そこら辺をキャラクターがしょっちゅうぶらぶらしてるとか。
  3. いつでもおかわりし放題のレストランが基本料金に含まれている。食べ物には困らない。
    • それとは別に、別料金で予約すれば本格的なコース料理も食べられる。
  4. 「キャスタウェイ・ケイ」という、ディズニー社が個人で所有するリゾートアイランドに寄港する。

作品[編集]

  • 初代映画の放映順にお願いします。
しあわせうさぎのオズワルド
  1. ディズニー黎明期の大ヒット作だったがユニバーサルに権利を奪われてしまった。
    • その直後に誕生したのがかのミッキーマウス。
    • ディズニーが権利関係に厳しいのはこの件が原因。
  2. 古い作品なのでフィルムが現存していないものも少なくない。
    • なぜか神戸で再発見されたものもある。
くまのプーさん/完全保存版
  1. 元々は長編に併映された短編映画3本を一つの長編としてまとめた、この時期のディズニー長編アニメとしてはイレギュラーな存在。
    • 最初から長編アニメとして作るつもりだったが、ウォルトの「プーさんは短編の方が向いている」という鶴の一声でこうなったらしい。
くまのプーさん(2011)
  1. わかりづらいが「リブート」もの。
    • 「完全保存版」以降の続編群の出来事やキャラクターはなかったことになっている。
  2. 中盤の「はちみつの歌」は、はちみつがはちみつでとてもはちみつ。
    • はちみつのはちみつがマジはちみつではちみつ。
  3. クリストファーロビンに白目がついた。
プーと大人になった僕
  1. クリストファーロビンの吹き替えが、堺雅人。
    • そのせいで序盤は半沢直樹にしか聞こえない。中盤100エーカーの森に戻って童心を取り戻した彼の声はクリストファーロビンの声だった。しかし終盤、会社に戻ってクソ上司を黙らせるシーンでまた半沢直樹に戻ってしまった。
トイストーリー
  1. 世界初のフルCG映画。
    • 当初はプロトタイプ目的だったため、続編をつくる気なんてさらさらなかった。
    • 1995年の技術なので、20年以上経った今は見るに堪えないクオリティとなってしまった。
      • なので再放送は2や3と比べるとレア。
トイストーリー3
  1. スターウォーズ風にサブタイトルを付けるなら、「おもちゃの逆襲」。
    • ついに子どもに遊ばれることをおもちゃが嫌がるようになる。
      • あの年齢なら仕方ないだろ…
    • ウッディ、最初で最後の裏切りを決行。
  2. 最後10分で、おもちゃに意思があることをアンディに悟られる。
ファインディング・ニモ
  1. 何個あっても命が足りないと思う。
    • 水槽に入れられたり、ペリカンに捉えられたり…
  2. ファインディング・ニモと勘違いした人がそこそこいたようだ。
    • 闘ってどうする、あ、あながち間違いではないか…
塔の上のラプンチェル
  1. ラスト30分の展開は、チャージマン研!もびっくり。
    • 50作品目はなんとしてでもハッピーエンドで終わらせたかったらしい。

キャラクター[編集]

キャラクター全般
  1. 主役は女性のことが多い。
    • たいてい馬ヅラの男とハッピーエンド。
  2. マダム層はたいてい悪役。
    • 中年男は見かけは残念なことが多いが、味方してくれることが多い。
キャラクター別の噂(五十音順)
ウッディ・プライド
  1. 苗字がプライドであることはあまり知られていない。
    • ちなみにジェシーには苗字がない。
ティガー
  1. 中国におけるバラク・オバマ元大統領の隠喩。
バズ・ライトイヤー
  1. 映画があるごとにスペースレンジャーとしていじられる。
  2. スペイン語に対応している。
  3. 過去に2回偽物にすり替えられている。
プーさん
  1. 実はぬいぐるみだがその設定はあまり意識されていない気がする。
  2. ハチミツをこよなく愛することで有名。
  3. 近年では強打者のイメージもある。
  4. 中国大陸における習近平国家主席の隠喩。
    • 当初は主席もお気に入りだったらしいが、戦車ごとおもちゃに置き換えられたのがよほど気に食わなかったらしい。
  5. 羽生結弦の原動力の1つ。
  6. 字は読めない。
  7. リヒテンシュタインでパンパンにしたせいで、スイスで爆死する
プルート
  1. 名前の由来は、登場と同い年に命名された太陽系最後の惑星から。
    • その後その星がどのようなぞんざいな扱いを受けたかは言ってはいけない。
      • そしてプルートもそれから影がうすくなっているような…
    • その割にスペースマウンテンには絡んでこない。
  2. 世にも珍しい黄色いわんこ。
  3. 話によってはドナルドやミニーのペットになっていることもある。
ミッキーマウス
  1. 実はディズニー最古のキャラではない。
    • でも現在はディズニーを代表するどころかディズニーを表すキャラになっている。
  2. ハハッ。
  3. 声真似がしやすいキャラの一つ。
    • でも喉を壊しやすい。
  4. 実はディズニーキャラクターで一番最初に言葉を放ったキャラクター。
    • でもなぜか「ホットドック」。
      • 声はウォルトディズニーその人。オーディションで「これはミッキーの声じゃない」と落としまくっているうちに周りから「じゃあウォルトが思うミッキーの声を出してみなよ」と言われてそのままミッキー役になった。
  5. その二つの丸い耳はどこから(横から)見ても真円。
    • ただしパークにいるときは耳も三次元の法則に従う。
ラプンツェル
  1. 髪の毛が長すぎ。
    • 部屋の掃除に使えそう。
  2. メンヘラ。
  3. とても多趣味。
    • おうち時間を満喫する術を持っているようだ。



関連記事