ウラル山脈

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. ヨーロッパとアジアの境界線。
    • ロシアをヨーロッパ側:アジア側に分けると、国土面積は1:3。人口は4:1。
  2. 地球上の山脈で最も古いと言われている。
    • 古いだけあって山脈の険しいイメージからはかけ離れたなだらかさ。山頂付近にも普通に集落がある。
      • なだらかな部分の南北には千数百メートルのかなり険しい山がある。特に北にある山脈一(1894m)のナロードナヤ山は相当に険しい。
    • あと1億年もすれば山脈の跡形もなくなり、まっさらな平坦地になるだろうと言われている。
  3. お宝の山。掘って出ない物はない。
  4. おかげでウラル地方の経済は潤ってるようである。
  5. シベリア鉄道の起点。
    • ウラル山脈山頂付近の線路脇に、ヨーロッパとアジアの境界線を示すモニュメントが建っている。
      • 列車内ではモニュメントの写真を撮ろうとする乗客が、いいポジションを確保しようと小競り合いを起こすらしい。



関連記事

スポンサーリンク