エイ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

生き物が借動物 > 魚類 > 海水魚 > エイ

  1. 平たい。
  2. 海中を飛んでいる。
    • 毛布
  3. ヒレはおっちゃんの友。
    • 呼んだ?
      • 最強の相棒はカップ酒。
  4. 何気に毒持ち。
    • 放電する奴もいる。
    • クラゲと共に、シーズンが終盤に近付いた海水浴場の悩みの種である。
      • 地引網漁のイベントで子供が刺されて大騒ぎになることも。
        • 下手すりゃ死んじゃうもんな。
  5. 大きく分ければサメの仲間。
    • というかサメから進化した。サカタザメやウチワザメなど、名前に~ザメって付くエイも多い。
  6. ヒレには、サメのようでサメでない魚が付いている。
  7. 島並の大きさのがいるとかいないとか。
  8. ヤー!トウ!
  9. 実は食することができる。
    • 甘辛く煮たり、生姜醤油に漬け込んで衣を付けてから揚げにすると(゚Д゚)ウマー。
    • ただし、鮮度が落ちると悲惨だが。
      • ホンオフェ
        • ホンオフェというとアンモニアきっついアレが有名だが、単にホンオはエイの意で、フェは刺身のことらしい。
      • 軟骨魚類は体内でアンモニアを分解できないので…。
    • 軟骨魚なので骨まで食えるところがいい。
  10. 茨城県の海沿いの一部では、カスペと呼んでいる。
    • 茨城では体の周りの縁側?を煮て食べてた。
  11. 北海道
  12. 仮面ライダーライア。
  13. あの白い口のある面の、鰓穴をずっと目だと思い込んでいた。
  14. マンタは飛ぶが、別にトビウオのように長い距離を滑空するわけではなく、水面からちょっとジャンプするだけ。
  15. サカタザメはサメではなくエイの仲間。
    • 逆にカスザメはとてもエイらしい姿だがサメの仲間。
  16. イトマキエイは貝類を食べる。養殖しているものも食べてしまうので漁協から目の敵にされている。
    • 近年ではトビエイ(←こんな名前だけど飛びません)が不俱戴天の仇にされているらしい。
  17. 南米には淡水エイがいてよくペットとして飼われている。が、タイには化け物みたいな大きさの淡水エイがいる。
  18. マンタはプランクトンを餌にしているので、夜の海中で撮影のためにライトをつけると集まったプランクトンを食べるためにマンタがよってくる。
  19. あの長い尻尾、かゆいところを掻くのに便利そう。
  20. ブラックオックスを作った不乱拳博士のお気に入り生物。
  21. エラ蓋があるので、海底でじっとできる種類が多い。



関連記事