エチオピア

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
Googleで「エチオピア」を検索

ご当地の噂 - 世界アフリカ東アフリカエチオピア

スーダン 紅  海
エリトリア ジブチ ランド


南スーダン エチオピア ソマ
リア


ウガンダ

ルワンダ
ブルンジ
タンザニア セイシェル
ザンビア マラウイ モザンビーク

エチオピアの噂[編集]

  1. コーヒーの発祥地。
  2. イタリア支配のお陰でどんな田舎町にいっても美味しいエスプレッソコーヒーが飲めるが、スパゲティのアルデンテは決して望めない。
    • コーヒーにショウガのしぼり汁を入れて飲む。塩を入れて飲む事もあるそうだ。
    • コーヒーセレモニーというお茶会のような習慣があって、観光客でも招かれることが割とあるようだ。
  3. いつ独立したか分からない
    • 紀元前1000年ごろらしい。
    • その歴史のせいか、アフリカの中では一目置かれている。
    • 「世界でもっとも古い王家は日本とエチオピア」と言われていたが、エチオピアは共和制になったため現在は日本がダントツトップ。
      • 王家でなければ中国に孔子の子孫とかもっと古い家系は存在する。
    • 王家じゃなくて皇家では? ちなみに現在日本の天皇家が世界唯一のEmperor
      • スペインの君主は皇帝じゃないの?一応スペイン・ハプスブルク家の跡継ぎだが。
        • 出自とかは全く関係なくスペインは普通に王族。現代に「皇帝が居る帝国」は存在せず、ただ「皇帝が居る君主国」として日本が存在するのみ。
    • 王族だろうと皇家だろうと可。しかし孔子の子孫が生き残ってるのは普通だからね。王家、皇家の様な特別地位と孔子の様な一般地位で考えることにムリがある。
    • 王家との関係は不明だが、「エチオピア人はソロモン王とシバの女王の子孫」という話を聞いたことがある。
  4. 帝国時代、日本の皇族から嫁をもらいそうになったことがある。
    • エティオピア人の女性は美人が多いよね。
    • 皇族じゃなくて黒田子爵家。
    • 独立を守り通したため、戦前は仲が良かった。最後の皇帝は日本を参考に近代化を推進。
    • ただし最後の皇帝は、内政を蔑ろにしたのであまり良い評価が無い。後の独裁者に銃殺されてるし。
  5. 高原にあるのでH気候。
    • 年較差が小さいのでエアコンが不要。
    • 空気が薄いので、普段平地に住んでいる人が酒を飲んでも楽しく酔えない。
  6. 国土の60%は可耕地域だが、エリトリア戦争その他で絶賛荒廃中ゆえ現在の耕作地域は7%程度しか無い。
    • 砂漠化も進行中。
      エチオピア2006年発行記念切手・砂漠化に関する国際年
  7. エリトリアの独立で内陸国に・・・
    • 昔は海軍を持ってたけど、今はもちろん無い。
      • 似たような歴史を持つボリビアも内陸国になってしまったが、こちらは今も海軍を持っている。
        • 現在も沿海部に対する領土主張があるかどうかの差であろう。
    • 近代戦闘機(Su-27SKフランカー)を用いてエリトリア空軍のMig-29とガチンコバトルして勝ったってことが一番注目された
      • しかしエチオピア側にはロシア人の傭兵が乗ってたとか難癖付けられる。
        • エリトリア側はウクライナ傭兵。ちなみに両方とも元ソ連軍人。
  8. 首都はアジスアベバ。
    • 山口市が姉妹都市となっているという話は聞かない。
  9. 人口は7,000万人を突破。
    • 8000万人越えたみたい。(2009年)
    • 将来的に世界九位の人口大国になるらしい。
  10. 典型的な多産多死国。
  11. 1年は13ヶ月
    • 13年したら1年他国より早いの?それか一月が30日無いのかなー。
      • 1ヶ月が30日。13ヶ月目が5日しかない・・・てな感じだったりする。
  12. さりげなくキリスト教(コプト派)
    • 世界最古のキリスト教国。ローマ帝国より早い。
    • コプト語って、レイダース失われたアークで出てくるね。何か気になってた。
    • キリスト教国では珍しく豚肉を食べることがタブー視されている。
  13. 何故エチオピアは植民地にならなかったのか謎。
    • イタリアが進出してきたことはある。
    • というか、相手があのイタリアだったから助かった。
  14. 火縄銃や弓矢みたいな装備で、機関銃装備のイタリアを撃退したことがある。
    • 高原にある国家だから侵略しにくかったこと、戦争が強いことが原因。
    • ムッソリーニがいったんは植民地化したが、第二次世界大戦が始まると、周囲がイギリス植民地ばっかりのため四面楚歌となり、あっさり追い出された。
    • イタリアを撃退したことが国民の誇り。
    • イタリア軍と交戦中に戦車のキャタピラを素手で引きちぎった猛者がいたらしい。
    • 一応は近代化されていたとされる。が、腐ってもヨーロッパ列強の一つだったヘタリアが毒ガス投入するほど追い詰められたのは事実。
    • 今更だけどそれ大嘘な。イタリアに植民地を与えたくないフランスがエチオピアに最新式の武器を横流ししてたんだよ。おかげでイタリアフルボッコ。
      • あと、毒ガス自体は大して効果がなかった。最終的にエチオピアを制圧したのはゲリラ戦術。
  15. 10歳前後の少年少女が親の意向で結婚させられる地域がある。
  16. ダナキルというところは雨が降らない、赤道に近い、更に地熱でとっても暑い場所、硫酸の池まであるとかなんとか、難儀な。
  17. 元マラソン選手・イカンガーの出身地。
    • アベベ・ビギラを挙げて欲しかったなぁ
    • ファツマ・ロバもわすれちゃいかんよ。
    • イカンガーはタンザニアでしょ。あの頃のエチオピアの選手だったらアベベ・メコネンとかがいた。
  18. 文字が独特。
  19. 音楽が演歌に似ている。
    • 特に国歌。作曲者が日本を訪れた際に、演歌を聞いてすばらしいと思ったから、という説がある。
      • 北島三郎氏のヒット曲「与作」のカセットテープ(海賊版)がエチオピア音楽のコーナーに普通に置いてあるそうな。ちなみに北島氏はエチオピア未訪問。
  20. 衣装がどことなく古代エジプトをイメージさせる。
  21. お札というお札が全てウ○コの香りがする(お札を入れてると財布が臭くなる)
    • インジェラという独特の臭いのクレープ状の食べ物を食べた後の手でお札を触るかららしい。
  22. 挨拶の時、日本と同じようにお辞儀をする。
  23. 縮れ毛の人が多いため、ストレートヘアーにあこがれのようなモノがあるようだ。
  24. タッラという、どう見ても泥水にしか見えない酒があるが、思ったよりイケる。
    • (ビール+麦茶)÷2
  25. ギリシャ神話に登場するアンドロメダはこの国の王女様。
    • エチオピア人はアポロンの子パエトンが太陽の戦車を御し損ねて墜落した際、その熱によって血液を皮膚を押し付けられたため肌が黒くなった…とこれもギリシャ神話伝承。
  26. 全部で5回ほどイタリアに勝った、じつは日本より早く白人に勝った有色人種の国である、最終的には毒ガスで征服されてしまった。
  27. 世界史に出てくる、プレスター・ジョンの国というのは、エチオピアという説が一時期存在した。
  28. 世界陸上やオリンピックの長距離走の世界記録保持者は圧倒的にエチオピアの選手。異常な長距離王国(金メダリストもエチオピア)
    • ケニアもそうだけど、東アフリカ地域は妙に長距離に特化した人種が多い。
  29. エチオピア航空がある。
    • この会社が成田便を就航させたおかげで日本-アフリカ大陸の直行便が復活した。
  30. 日本人女性を誘拐した犯人の本拠地の国。解放されました!
  31. 御茶ノ水高田馬場に植民地があり、そこではカレーが食べられるらしい。
  32. 朝鮮戦争では国連軍として参戦していた。
    • また対テロ戦争でも参戦。アメリカと仲がいい。
  33. リヤ・ケベデはアメリカで活躍。
  34. エチオピア饅頭。
  35. ヴェルディの歌劇「アイーダ」の主人公はここの女王。
  36. 中国とも友好的。
    • 中国の支援により、東アフリカで初めての本格的な都市鉄道が開通した。
  37. 美人の産地。五輪や世界陸上を見てもエチオピアの女子選手はみんな美人。
    • ほんまかいな?と思って画像検索したら本当に可愛い子ばっかり出てきて驚き。
  38. ワサビを料理に使う
  39. 色黒で知られた幕内力士のあだ名になったことがある。
  40. ヨシダナギという女性写真家が某番組のロケでこの国の部族を訪れた際、本当なら放送禁止なことが起きた。



関連記事