エル・アル・イスラエル航空

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. イスラエルのナショナルフラッグキャリア。
    • 日本からは香港・バンコク・シンガポールなど経由で乗れる。テルアビブ・ヤッフォのベングリオン国際空港行き。
      • なぜ日本からの直行便もコードシェア便もないの?中国のチャイナエアやアシアナはあるぞ。結構イスラエルって日本にも重要な国だと思うが。
        • それだけ日本の空港のセキュリティが甘くて危険ってことか。
          • 平成6年国会外務委員会答弁レポートによると、イスラエル政府・エルアルに対して、日本へ乗り入れたきゃ自費で高度セキュリティ滑走路とターミナルを作れと非常識なことを言ったそうだ。
            • 日本にとって需要がある路線とは思えないですし、あるなら日本航空や全日空が行ってる。それに日本からしたら、「エルアルのテルアビブー成田線を開通させたい。だからセキュリティ向上のための空港改装よろしく!」なんて言われても困る。
          • 年に一度はチャーター便が関西空港発着で組まれる。
        • 韓国はキリスト教徒が多く、エルサレム巡礼旅行の習慣があるので需要が高い。中国は知らん。
  2. 機体のジェラルミンが通常の2倍ぶ厚い。
    • テロやハイジャックに対応。
      • 世界一安全といわれるルフトハンザ航空より安全。
    • んなことしたら重量超過で飛行機飛ばんぞ
  3. 1948年に軍用機を民間機に変えたのがエルアル航空のルーツ。
    • イスラエル建国直後や中東戦争中はエチオピアやイエメンやイラクなどに飛び、ユダヤ同胞をイスラエルへ運ぶ役目も果たしていた。
      • 社名の由来は旧約聖書「ホセア書」から「上方に向かって」、または詩的な表現で「大空に向かって」という言葉。
        • 初期のパイロットとクルーは、「マハル」と呼ばれた建国以前からイスラエルを救うため世界から駆け付けてきたユダヤ人民兵組織がボランティアとして始まった。
  4. 1970年代のスッチーの制服はオレンジ色だった。
    • 現在はシックなブルー。
  5. エルアル航空用語(ヘブライ語)
    • ファーストクラス=マフラカー・リッショナー
    • ビジネスクラス=マフレケット・アサキーム
    • エコノミークラス=マフレケット・タヤリーム
    • 席=モシャブ
    • 予約=ハズマナー
    • 窓側=ハロン
    • 通路側=マアバル
    • スッチー=ダイェレット
    • パイロット=タヤース
    • 飛行機=マトース
    • ちなみにベングリオン国際空港は略でナトバグ。



関連記事

スポンサーリンク