エールフランス-KLM

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

Air France-KLMの噂[編集]

  1. どっちもフラッグキャリア。
  2. 阪急阪神ホールディングスみたいな感じ。
    • しかし、この場合は両者ともエレガントである。
  3. アリタリア航空(イタリア)もここに入ってくる予定だったが、業務提携で決着の方向。
  4. エール・フランスもKLMもアリタリア航空もともに、大韓航空アエロフロートなどと同様にスカイチームである。
    • KLMはノースウエスト航空と世界初のアライアンス提携(ウィングズ)を実現し、エールフランスはデルタ航空とスカイチーム結成前から提携。今後この二つの関係はエールフランスグループと新デルタ航空の一つの関係にまとめられる。

エールフランスの噂[編集]

エールフランスに乗れますでしょうか?
  1. ヨーロッパ最強の航空会社。
    • どちらかというと悪い意味でだな。
    • コンコルド初の事故を起こしたり、A320のお披露目フライトを台無しにしたり、A340でオーバーランしたり。
    • スカイチーム四天王とか言われてる(チャイナエアラインとかも入ったし)
      • 同系列となったKLMも後述のようにテネリフェを起こしてるし。
  2. Yell!France
    • そう思っていた時期があったw
  3. コンコルドの止めを刺した会社。
  4. アタック25商品賞品
    • 昔は番組の頭に、エールフランス機の離陸シーンが流れていた。
    • 旅行獲得者には、エールフランスのバッグが渡されていた。
    • 今も撤退してるんだけど、その前の撤退時はムルロア環礁での核実験に抗議する為に番組側から蹴ったそうな。
  5. ここの台湾専用塗装は、垂直尾翼が青ストライプonly
    • エールフランス・アジー
      • エールフランス・
  6. 2009年6月1日、大西洋上で大事故が発生してしまった。
    • ブラックボックスが発見されたが原因は解明するだろうか。
      • なんと副パイロットが失速に気づかず急降下を続けさせたためだったとか。
  7. 社名の由来は五反田のラブホテル「エールフランス」から。
  8. KLMとともにカリブ海のとある島でダイナミックな着陸を見せてくれる。
  9. フランス国鉄・TGVの乗車券がここの航空便扱いで発券されるケースが有る。

KLMオランダ航空の噂[編集]

  1. 世界で一番古い航空会社
  2. Koninklijke(王宮の) Luchtvaart(航空) Maatschappij(会社)
    • だから王冠マーク。
    • コーニンクリケ ルフトヴァールト マーツファッピ
  3. KLMにも台湾専用塗装が存在する。
    KLM機台湾仕様
    • 社名表記が“KLM asia”、王冠マークがない。
    • 台湾専用というわけではないらしく、たまに成田便にも投入される。
    • 一応台湾の現地会社という扱いらしい。
  4. オールスター家族対抗歌合戦の賞品。
  5. かつてボーイング747-200を改造して2階部分を747-300/400並にした珍機を持っていた。
    • 後にエールフランスに吸収されたUTA(フランスの航空会社)も持っていた。
  6. ノースウエスト航空との全面的な業務提携は、今日のアライアンスの雛形となった。
  7. 日本で発行されるワールドパークス会員証の上のノースウエストのロゴの入った赤い部分の右端だけ水色になっていてそこにKLMのロゴが入っている(海外では違うらしい)。
  8. JASがまだあった頃、こことマイルの提携を行ってたような。
    • 正確にはノースウエスト航空だけど、当時NWはKLMと一心同体だったので、自動的に日本エアシステムはKLMとも提携となった。このため、JASのウイングズアライアンスへの加盟も噂された。
  9. テネリフェの事故が有名。
  10. スキポール空港は欧州最大級の乗り継ぎ空港で有名。乗り継ぎ客を相手にした次の便に乗るまでのツアーも豊富で便利。

関連項目[編集]




関連記事