衆議院議員総選挙前後の政党・選挙関連の投稿・速報はお控えください。
カザハナ氏の管理者信任投票が行われています(~11/3)

カザフスタン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
保護解除
このページは、保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。
Googleで「カザフスタン」を検索

ご当地の噂 - 世界アジア中央アジアカザフスタン

ロシア ウラル シベリア
カ ザ フ 東トルク モンゴル



アラル海    キル
ギス
中国
ウズベク
トルクメン タジク
イラン アフガン カシミール チベット
パキスタン

カザフスタンの噂[編集]

  1. イスタン連邦の一国。
    • ウズベキスタン、キルギスタン、タジキスタン、トルクメニスタン、書くのがだるい=(ならかくな)
    • カザフ語では「カザクスタン」
  2. ロケットの発射場がある。
    • 発射場の近くの街は通称「星の街」と呼ばれる。
    • ちゃんとロシアから賃貸料が得られているか、他国の事ながら心配。
      • きちんと賃貸料貰ってるどころか、中国人に技術パクられないように街周囲をガッチガチにロシアにガードしてもらってる
    • 一応カザフスタンとロシアは仲良し。ほかのスタンやモンゴルもロシアが好き。
    • 冷戦真っただ中に建設されたということで正確な場所がばれないように数百キロも離れた街の名をとり「バイコヌール宇宙基地」と名乗っている。
      • 日本で例えると「種子島宇宙センター」が香川県あたりにあるようなもの。
      • 今ではこちらのバイコヌールの方が有名になってしまったので、本家は影が薄い。
  3. 「〜スタン」の中で一番広いスタン。
    • アラビア語で「〜スタン」は「〜人の国」という意味。
      • ペルシア語じゃ・・・
  4. カスピ海は海という説があるため内陸国かどうかは微妙なところ。
  5. あともう少しのところで、ここの出身者が(スターリン以来の)非スラブ人系(アジア系としては初)旧ソ連最高指導者(ゴルバチョフの後継者)に就くところだった。
    • シェワルナゼのことか?
      • シェワルナゼは元ソ連外務大臣、元グルジア大統領。つまりグルジア人。
    • それって、ナザルバエフ大統領のことだな。
      カザフスタン1993年発行記念切手・ナザルバエフ大統領
      • 平沼赳夫@たちがれ日本は兄弟。
  6. 人相は東洋人なのに、名前を尋ねると姓も名も思いっきりロシア風。見た目は中国・朝鮮系でも、ほぼ例外無く皆親日。イスラム教が根付いている割には、トルコよりよほど政教分離が浸透。何から何まで「人を見掛けで判断してはいけない」と思い知らさせてくれる国。
    • ロシア系、ウクライナ系、ドイツ系などのヨーロッパ系が人口の4割を占めるため、ヨーロッパ色が強い。サッカー等の代表選手はほとんどが金髪蒼眼のロシア系。
      • 街並みも西洋風。中国との国境を越えると、ガラリと風景が変わるとか。
        • カザフスタンと中国の国境はロシア・中国ほどギャップの差は感じないが、漢字からキリル文字に変わり、言語もロシア語・カザフ語へと大幅に変わる。[1]
          • 島国の日本人にとって中国とCISの国境越えは他国より魅力を感じる。
      • 青い目に東洋顔も珍しくない。
      • 一重瞼の西洋顔も珍しくない。
      • ロシア・スラブ系とトルコ・アジア系がいい感じで混じっているため、可愛い娘が多い。
    • サッカー協会は欧州連盟に転籍したと思いきや、東アジア競技大会に参加しているというスポーツ関係では殊更よくわからない国。
      • 欧州連盟の話は、確率的にヨーロッパの方がW杯に出やすいからという判断(レベルの差を全く考えていないところがすごい)。東アジア競技大会参加は、単に交通費が安いという判断。
      • 確かにレベルの差を考えてないように思えるが、カザフスタンがヨーロッパに鞍替えした理由は、ヨーロッパの強豪国との対戦が増える為に、興行的においしいとの事らしい。でも、ココは資源が多いので、その経済力でサッカー界も将来的に大化けも考えられる。ここみたいに。
    • 愛知万博のカザフスタン館の職員に石田純一にそっくりな人がいたらしい。
  7. ソ連の核実験秘密都市があった。
  8. 面積がそれなりに大きい(世界第九位)が影が薄い。
  9. 実はもともと独立するつもりがなかったらしい。
    • だからウズベクトルクメンと違い、公用語をキリル文字からラテン文字に変えないのか。
      • ナザルバエフ大統領が2025年を目処にラテン文字化すると表明したらしい。
  10. ウランの埋蔵量が世界で2番目に多い(1番はオーストラリア)
    • 日本の丸紅、東京電力、中部電力がウランの開発プロジェクトにガッチリ食い込み権益を確保。
      • でも、いよいよの段階になったら、ロシアの某国策会社がシャシャり出てくるのは必至。
  11. なんだかんだ言ってナザルバエフが20年近く政権を独占しており、ナザルバエビスタンと国名を新たにする予定。
    • なお首都のアスタナを大統領のファーストネームにちなみ「ヌルスルタン」と改名する話は本人の意向により取りやめに。
  12. 首都のアスタナは黒川紀章の都市計画案に基づき開発されている。
  13. ボラット。
    • 果たして反ユダヤ主義が蔓延するほどユダヤ人はいるのだろうか。
    • なおこの映画はカザフスタンでは上映禁止になったらしい。
  14. 乾燥した気候の為か、昼間と夜の温度差が激しい。日本からしてみると考えられない。
    • カザフに限らず乾燥帯はそういった気候が多い。樹木も湿気もないため昼間の熱がすぐに逃げてしまう。
  15. カザフ人なのにカザフ語を話せない人が意外と多い。
    • だが政府は諦めていない
    • 国連重要語のロシア語を捨てたらもったいない。
  16. カザフという言葉はもともと遊牧民族の間での差別用語だったらしい…。
    • 遊牧民族の中での規律を嫌い、集団から離れていった人たちのことをいうらしい。ウズベク族から大量に分離したとか。
  17. 流石に最初は名前がアフガニスタンとかぶった。
  18. 今でも公用語はロシア語を主に使っており中央アジアの中では豊か。
    • 2013年には一人当たりのGDPが16,283ドルになり、ルーマニア、ポーランド並みになる。しかし中国は2013年になっても4,926ドルでカザフ人の安い労働力のまま。
      • カザフスタンは人口が多くなく資源豊富だから、中国からは羨ましい存在。
    • アゼルバイジャンも12,915ドルになる。これらは石油資源のおかげ。
  19. ジンギスカンの子孫だと思っているのでTurk-Mongolという言葉が好んで使われる。
  20. かつての首都はアルマトゥイ。現在の首都はアスタナ。
    • アルマトゥイはロシア語読み、カザフ語読みはアルマトゥ。以前はアルマ・アタで、「りんごの父」という意味。ちなみに現首都のアスタナはカザフ語で「首都」という意味。
      • アがつく都市名ばっかだから、アスタナの旧称アクモラ(聖地の意)も含めていい感じの4択問題が作れそう。――カザフスタンの今の首都名は? 1.アルマトゥイ 2.アクモラ 3.アスタナ 4.アルマ・アタ
  21. CISの中で、最もロシア人との団結心が強い。
  22. カザフ人、ロシア人、ウクライナ人、ウズベク人、ドイツ人、ウイグル人、朝鮮人が仲良く暮らす平和的な国。
    • 朝鮮人は沿海から強制移住されたので、北朝鮮へ送還されないでラッキー。
    • ウイグル人もソ連内に入っていてラッキー。
    • 差別なんかほとんどない。みなロシア語話者。
      • 街中で知らない人に話しかける時はとりあえずみんな知ってるロシア語で。
  23. ロシア植民地で最も成功している国。インフラや鉄道もすべてロシアのおかげ。
    • ロシア最大の友好国とも言える。
    • カザフスタンはロシアのことは大好きではないかもしれんが、でも支援してくれるからね
  24. 日本人みたいなカザフ人がロシア語を使うとギャップを感じる。旧ソ連時代はヨーロッパ扱いだった。
    • カザフ人はほんと日本人そっくり。子供とか戦後の日本の子供をみてるよう
      • 遺伝子的にも言語的にも共通してる部分が多いらしい。
        • 「ある兄弟がいて、肉好きな方がカザフ人、魚好きな方が日本人となった」
          • キルギスじゃなかったっけ。でもまあ人種的には同じか。
  25. 実は新型高速列車のタルゴが走っており、経済成長のあかしである。
    • 旧ソ連客車もカザフスタン風。
    • 旧ソ連の鉄道は最大の遺産とも言える。まああんな広大な土地に敷いてくれたからね。ハラショー!!
    • タルゴならお隣さんにも走ってる。
  26. カザフ人によく知られている日本人は故・黒川紀章。
  27. 1991年から大統領のナザルバエフ大統領は賢い政治で、急激に経済成長。
    • 1940年生まれのナザルバエフはまだまだ大統領やるだろうな。
    • 憲法改正して初代大統領(ナザルバエフ)にだけ適用される「終身大統領」になっちゃった。
    • このような体制を「開発独裁」という。
  28. 韓国がカザフスタンと大陸横断鉄道路線の共同開発、カザフスタンの物流運営の現代化、IT技術を基盤とする鉄道輸送システムの共同発展するらしい。
    • 大丈夫か?
    • カザフスタンには朝鮮系住民も多いので、韓国との相性も良いのだろう。しかし彼らはあくまでも「カザフスタン人(「カザフ人」ではない)」として暮らしている。
  29. 人種構成はアジア系・ヨーロッパ系が6・4くらいの比率
    • アジア系はカザフ系、ウズベク系、ウイグル系、タタール系、朝鮮系の順に多い
      • 中央アジア、北アジア、東アジアの人種がいる
    • ヨーロッパ系はロシア系、ウクライナ系、ベラルーシ系、ドイツ系、アゼルバイジャン系、ポーランド系の順に多い
      • 当たり前だが旧共産圏ばかり
        • ドイツは確かに共産圏だったことはあるが彼らの場合はそれ以前の移民じゃないか?
      • ドイツ人がドイツに戻っていって、お土産の質が悪化したとの評判。
  30. 高層ビルが次々建設、地下鉄も建設。中央アジアの経済大国になり得るかも。
    • BRICsの中露と隣接。
  31. 2014年のEurovision Song Contestへの参加に意欲を湧かせている。まぁ…イスラエルやトルコが出てる時点でヨーロッパとかもう関係ないかとは思いつつ何かしっくりこない。出たら出たで面白そうだけど
  32. 最近(2014年?)になって日本人の入国ビザが免除されるようになった。
  33. 最大都市アルマトイにある2つの鉄道のターミナルは「アルマトイI」駅と「アルマトイII」駅という味気ない名称。



関連記事