ガルーダ・インドネシア航空

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
ガルーダ・インドネシア航空(日本語ホームページ)
  1. 欧米各国から「キケン」といわれてる航空会社
    • EUには入れてもらえなくなった
    • EUから「来るな」って言われた
      • アメリカ連邦航空局は、アメリカ人に「危ないから気をつけなさいよ」と言っている。
    • でもEUの出入り禁止は解除されることになった(Source: じゃかるた新聞)
      • 2009年にEU乗り入れ禁止が解除され、現在はジャカルタ⇔アムステルダム便が運航されている。
    • 結構広いジャワ島内での長距離の移動はやはり飛行機になる。近年多数の格安航空会社がインドネシアの空を飛んでいるがどれも危い上に欠航・遅延が多く、世界的には危険とされるガルーダが国内線においては一番安全という状態で何度か利用。ちなみにインドネシアへの往復ではガルーダは使用したことはない。
    • チャイナエアラインと比べた場合は、ガルーダのほうがまだマシである。
  2. 福岡空港で離陸失敗→炎上(1996年)
    • この事故では、通学路を横断していった。(昼間だったけど)
      • もし離陸が逆側からだったら・・・・
        • 当然大惨事になっていた。その後周辺住民だけでなく福岡市内や近隣の市町村でも空港移転運動が激化の一途を辿り、今のような滑走路増設にはならず、空港移転も有り得た。同時に土地賃貸料で甘い蜜を吸ってる某一族の息の根を止めることができていた。
    • この事故では、客室乗務員が乗客より先に逃げてしまったらしい。
    • クラッシュしたり他機とぶつかったり燃えたりと忙しい。
  3. 成田の遅延情報の常習犯。「ガルーダ・インドネシア航空、デンパサール発は、○○分遅れて…」
    • ジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港には、「どこそこ発の便が前回より~分早く時間通り到着しました…」と誇らしげに示す掲示板、および構内放送がある。
      • 定時運行を心がけてください
    • エアインディア、PIAあたりとしのぎを削る争いを繰り広げる。ここの航空会社は脱落。
  4. ガルーダとは「神の鳥」を意味する。
    • 日本でいう「カルラ」のこと。ヒンズー教の三大神の一人、ヴィシュヌの乗り物。
      • 神の鳥よりも火の鳥のような気が・・・
      • 神の鳥っていう割には神のご加護がないような・・・
      • ケーッケッケッ!
    • この人達にとっては「鳥先生」とか「若本」。
    • ジェットガルーダ?
  5. ポケモンの「ガルーラ」ではない。
  6. エメリア共和国とは何の関係もない。
  7. 女性向けファッションブランドの「ガルラ」とも一切無関係。



関連記事

スポンサーリンク