キプロス

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
Googleで「キプロス」を検索

ご当地の噂 - 世界アジア西アジアキプロス

ルーマニア ウクライナ ロシア   カザフ  
ブルガリア   キルギス
ギリシャ   黒海 カフカス カスピ海 トルクメン ウズベク タジク
エーゲ海 トルコ クルド イラン アフガン 中国
北キプロス    シリア イラク パキスタン
キプロス     ペルシア湾
地中海






サウジアラビア  
 
 
バーレーン
エジプト カタール イ ン ド 洋

  UAE
スーダン イエメン オマーン
Googleで「キプロス」を検索

ご当地の噂 - 世界ヨーロッパ南欧キプロス

フランス スイス オーストリア ハンガリー
|


ウクライナ
バスク アンドラ モナコ


スロベニア クロアチア セルビア モルドバ




スペイン ティレ
ニア海
アド
リア
ボスニア
モンテネグロ コソボ
アルバニア マケドニア ブルガリア
イオニア海 ギリシャ エーゲ海 トルコ

西
ジブラ エーゲ海諸島
セウタ    マルタ 地   中   海
モロッコ
アルジェリア チュニジア キプロス

バチカンサンマリノもあるッチョリーナ!…セボルガマルタ騎士団も(ry

キプロスの噂[編集]

  1. 拡大EUのひとつ。
  2. 人口は徳島県と同じくらい。
  3. 事実上国内分裂。
    • 国内分裂と言う有様の割には治安がかなりいい。
      • 陸での移動は南側から北側へもその逆でもOKらしい。
        • ただし,互いの住民が敵同士のためへ、危険を伴う。
          • 普通は(?)飛行機を使うが、乗り換え+大回りで数日かかるらしい。
    • トルコのEU加盟条件でEU側がこの問題をチラつかせてる為、最近は転機を迎えつつあるとかないとか。
  4. アフロディテ(ヴィーナス)が生まれたところらしい。
  5. 国歌がギリシャと同じ。しかも世界一長い(158番まである)。
  6. 日本の外務省は最近まで英語読みでサイプラスと呼んでいた。
    • 切手には、今でも「CYPRUS」の表示がある。もっとも独立後は「ΚΥΠΡΟΣ」(ギリシャ語)と「KIBRIS」(トルコ語)を併せて3ヶ国語表示だが。
  7. ラリーの最高峰であるWRCを開催している。
    • 2000年にWRCに昇格したキプロス・ラリー。荒涼とした荒地をマシンがダイナミックに駆け抜ける様が魅力で、多くのラリーファンがヨーロッパ中から押し寄せる。
  8. 実はフェニキアの時代にの採掘場があり、銅の原子記号のCuはキプロスから来ている。
    • でも今はあんまり採れないらしい。ちなみに国旗に描かれたキプロス島の色も銅に由来。
  9. 北はトルコ、南はギリシャに依存。両方とも国歌はそれぞれ依存している国の物である。
  10. キプ!
  11. 一般に認められてる国旗と国歌はギリシャが決めたものだったり。
    • 国旗に描かれてる二本のオリーブの小枝は「ギリシャ系・トルコ系の両国民が双方仲睦まじく幸せに暮らせる国にならん事を」との願いが込められてる。
      • しかし現実は・・・。
      • 大阪万博公式ガイドのキプロス館の説明に「ギリシア系、トルコ系その他にわかれた人たちが、がっちり手を組んで、…」と書かれていたのも今は昔。
  12. テニスのマルコス・バグダティスは国民的英雄。
    • 旋風を起こした2006年全豪OPでは、初め試合内容よりキプロス人の熱狂応援団が注目されていた。
      • 準決勝の日はキプロス中の学校が休みになったらしい。
  13. 国民の平均月収は日本円で20万円程度。衣食住費が割安かつ失業率もきわめて低いので、かなり生活は豊か。
  14. イギリス統治時代の名残でパブが街のいたる所にある。ギリシャ語以外にも英語を話せる人も多く、かなり英語が通用する。
  15. EU加盟国なので勘違いされやすいが、実はアジアである。
    • だがアジア大会に出たことはない。
  16. 国旗が何となくゴルフ場か何かのマークみたいだ。
  17. 1974年のクーデターでは当時の大統領が専用車もろとも爆殺されたかと思われたが無事だった。
    • 専用車にはおとりの蝋人形を乗せていたらしい。

北キプロスの噂[編集]

アクロティリおよびデケリアの噂[編集]

  1. 島内に英国領土が存在する(RAFアクロチリ)。
    • イギリスの植民地だった影響。
      キプロス1928年年発行記念切手・英領50年
  2. ヨーロッパのグアンタナモ基地
    • ただしグアンタナモは租借地だがこちらはイギリス領。
  3. キプロス紛争時にはキプロス人が逃げ込んできたことも。
  4. 実質英軍基地しかない。
  5. イギリス領に囲まれているキプロス領の村がある。

グリーンラインの噂[編集]

  1. キプロス紛争で国連が引いた緩衝地帯。
    • ここを境にキプロスは南北に分断されている。
  2. 首都のニコシアもグリーンラインで分断されている。
    • ニコシアのグリーンラインの中は無人地帯で、車や飛行機がそのまま放置されている。
  3. それ以外の地域では、グリーンラインの中に村があって何人かすんでいる。



関連記事