新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

クイズマジックアカデミー天の学舎

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

作品の噂 > クイズマジックアカデミー > 作品別 > 天の学舎

天の学舎の噂[編集]

  1. 「賢者の扉」に続きナンバリングなし。もう今後はこの方向性で行くのだろう。
    • 「天=Ten」と解釈すればQMA10とも解釈できるけどね。
  2. 新キャラ2名追加。シルエットを見る限りどちらも女性っぽいのだが、お陰で男女比が更に偏りそう…。
    • 大方の予想を裏切り、男女1人ずつ追加に。
      • 勿論この2人はプレイアブルキャラとして追加される・・・そう思っていた時期が私にもありました。
    • シルエットだけ公開されていた時期には「アロエとリエルがリストラされるのではないか」という不穏な噂も出た。
    • 2人の名前はやっぱり「Celestial」からきているのだろうか?「天の学舎」だけに。
      • 2人が兄妹(姉弟?)である事を考えると意識はしている気がする。
  3. 全国トーナメント予選が、従来の勝ち抜き制(点数の下位6人が脱落)から合格点制(合格点に満たない人が脱落)に変更。
    • シリーズを重ねたことで、「難問ばかり引いても全員が低成績なら通過の可能性がある」という仕様が機能しにくくなったことへの対策か。
    • 逆に言えば予選で16人全滅の可能性もあるという事なのだろうか。
      • 仮に予選で1人を残して全滅した場合、準決勝以降は消化試合(0点でも優勝)になるのだろうか?
      • 準決勝進出の最低人数は8人の模様。
        • もっとも、合格点が低すぎるので上のほうの組ではまず見られない光景ではある。
    • あまりに合格点が低すぎて準決勝が事実上の予選と化してしまった。
      • 特に16人全員が準決勝に進出した時は地獄以外の何でもない。
      • ゲージの増減は前作とほぼ一緒っぽいので、前作以上にゲージが「下がりやすく上がりにくい」になったとも言える。
        • 準決勝に上がっても容赦なく削られるのがなかなか痛い。
      • 「準決勝で得意ジャンルを引けるかどうか」の勝負になってしまっている。
        • 予選で得意ジャンルが来ると意気消沈。
        • 準決勝でヒマワリ畑が出ると焼け野原にしたくなる。
          • 船が現れると沈めたくなる。
      • 合格点30点台でティアルに「ちょっと高めですけど」と言われた時はえっ!?と思った。
      • 結局稼働一ヶ月後のアップデートで合格点の上方修正がなされた。
        • とはいえフェニ以下だとあんまり変わっていない。
  4. バルーンコンテストは今作の伏線だったのではないかとつい疑ってしまう。
    • パーツも引き継ぎで継続はほぼ確定だし。
    • チームバトル用のクマフィーが用意されているのでバルーンばかりにはならない……のだろうか?
      • 第1回がチームバトルである事を考えると、これからしばらくは前期:チームバトル、後期:バルーンか交代制になるのだろう。
        • 半年以上たってもチームバトルのままという事は、Season2まで続いた時に全国をバルーンにするつもりなんだろうか。
          • ちなみにこれで新作に移ってしまうと、2作連続で「クマフィーが100%にならない」という投げっぱなしエンド異常事態になる。
        • なってしまった…。
          • おそらくバルーンをやるつもりがどこかで方針転換したのだろうと予想。このままだとアカデミーアドベンチャーやQ力同様黒歴史として葬られる悪寒がする。
  5. まさかの魔法石全没収
    • そんなの毎年やってるからもう慣れちまったよ。むしろ☆全没収(こっちも毎年)が滅茶苦茶キツい。
    • 「ロケテスト分」というアドバンテージを持ってる人もいないというのは初めてではある。
    • 賢者の扉と同じく、天の学舎Season2に移行する場合は引き継がれると思われる。
  6. 「通り名」が登場。
    • 多くはクマフィー連動だが、階級別クマフィーが復活するなど7並みに種類が増えそうな状況である。
    • An×Anの「タイトル」みたいだな。
      • コナミ的にはBEMANIシリーズの「称号」といったほうが近いかもしれない。
    • 稼働前は通り名導入に伴って挨拶コメントの廃止も予想されていたが、いざ稼働してみると挨拶コメも残っていた。
    • ご丁寧にもに通り名にも収集率が存在する。100%になったら虹クマフィーがもらえるんだろう。
      • いや無理でしょ。全国大会はPASS1枚につき大会ごとに1種類だし、扉で転生してなかったらそれも手に入らないし…。
    • 一番数を稼げるのは検定だろうか。
  7. 検定試験はSSSランク(=3500点以上)が追加。案の定「鳥S」と言われている。
    • SSSだと祝福エフェクトが追加される。
    • 通り名のために追加したのかと邪推してしまう。
  8. 立ち絵と声の更新はなし。やっぱりな
    • 声に関しては大人の事情も予想される(特にリエルの中の人関係)ので仕方ないとは思うけれど。
      • ゆりしーもあの状況だとねぇ・・・。
    • オープニングムービーの絵は扉S2で追加されたサブモニター用壁紙からの使い回し。
    • トナメのBGMも決勝以外は過去作からの使い回しだったりする。
      • が、評判のよかったBGMが復刻したので、これに関してはむしろ好意的にとらえている人もいると思う。
    • 妖精もフルボイスでなかったのはちょっと…。
  9. アシストポイント導入などの仕様変更によって、協力プレーが一番石を稼げる形式になったのではないかと言われている。
    • というか全国トーナメントが稼げなさすぎ。準決勝勝ち抜きのハードルが高すぎてドラステさえ非常に困難。
      • 稼働当初はみんな階級が低い(=もらえる魔法石が少ない)のも余計につらい。
  10. 限定e-passが今回は何故か存在しない。
    • その代わりなのかキャンペーンクイズなるものでポスターを配布するという策に出ていた。
    • 8~扉Season2の間に数を出しすぎた(4種→4種→3種)結果、稼働末期でも限定e-PASSが余りまくる店が多発したことが一因だろうか。
    • 更に言えば毎回お馴染みのPOPもなくポスターだけ。
    • データ保持無期限化、カムバックプレー無料のおかげで学籍番号Jのパスはなかなか増えない。
  11. 今回も転生はできるらしい。
    • 但し宝石までたどり着くのにまだハードルが上がったとか何とか。
    • 転生すると妖精も選び直せる。
  12. アカデミーアドベンチャーがひっそりと消滅していた。
    • きっと昇格時のストーリーだけで手いっぱいなんだろう。
    • そもそもあれ、クマフィー回収以外でやっている人いたんだろうか。
  13. 妖精さんの持ってる神器がソウルジェムに見えるともっぱらの評判。
  14. ここにきて謎のPASELI猛プッシュを開始。前払いで収益を確実に得るための方策か、それとも消費税増への対応の布石か。
    • BEMANIでも謎のPASELI推し(&値上げ)をやっているから明らかに後者が怪しい。
    • 事実上PASELIと現金の立場が逆転した。
  15. 今回は大賢者にならないとエンディングが流れない。
    • しかし盛大なネタバレとなるイベントモードが追加。いいのかそれで。
  16. GWに新イベント。魔龍討伐は厳しすぎるというレベルのジャンル茶臼にはいいかもしれないけど、魔法石は次回があれば増やしてほしい。
    • 理系やアニゲは常時満席だが社会やライスタはガラガラと、ジャンル別の偏りっぷりが色々とひどい。
      • 邪神を見るに、日程をジャンルごとに分ければもっと賑わってたと思う。(4gamerの記事によると)主にライト層向けのイベントだったらしいしそれは厳しかったんだろうけど。
    • 結局邪神が出てから跡形もなく忘れ去られた。公式も黒歴史にしたいんだろう。
  17. 誕生日イベントは前作に比べると大分良心的になっている。
    • とはいえラスクやカイル辺りだとオンオフやらない限り厳しいのには変わりないのだが…。
    • 対象のキャラでなくても期間中にプレーすれば通り名がもらえるし、当日だとミニイベントだってみられる。
    • ところでこれ、ティアルとセレストのイベントはやるんだろうか。
      • 月ごとに妖精メインの季節イベントらしきものがある。ラスク(こどもの日)、マラリヤ(七夕)、リック(ハロウィン)、アロエ(正月)、ユウ(ひな祭り)は2つ続けて見せられることになる模様。
      • 1月1日はアロエのだけでした。「わーい」「わーい」
      • 結局2月以降はなかった。
  18. 魔神、魔龍と来て今度は邪神が現れた。
    • 上にもあるが、ネタバレ回避の為に大賢者以上限定とかにできなかったんだろうか。
    • HARDではただ正解するだけでなく戦略を練らないと勝てない。特にアシストが一人もいないとかなり劣勢になる。
      • パワー×2+キュア×1+アシスト×1(自らの体力を削る強攻撃のデメリットを回復でカバー可能)やパワー×3+アシスト×1(APを最大限まで上げながら力を溜める→強攻撃でタコ殴り)辺りだと数ターンで倒しやすい。いずれにせよAP上昇値を早められるアシストはほぼ必須。
        • 逆に全員の属性が一緒だとかなり劣勢に追い込まれる。パワー×4でも結構キツい。
          • パワー4人はうまくハマれば最短でクリアできる(3ターン目で倒せる)が、全員がそれなりの実力を持っていないと厳しい。
      • 基本的に長考してしまうのはあまりよろしくない。わからなければ潔く捨ててしまってもそれはそれでアリだったり(全問捨てるのは当然嫌われるが)
    • 「チームバトルよりチーム戦っぽい」とも言われていたりする。
    • HARDクリアで魔法石250個は大盤振る舞いにもほどがある。
      • 「16問目までに封印」というプラチナメダル獲得条件も慣れれば厳しくないので宝石天賢者/大天賢者量産モードとしても機能している。
    • ジャンル別邪神では公式が「ライスタ、社会、文系学問は人気がないからやらない」と言わんばかりの姿勢を取った為に各所でブーイングが起こった。
      • 1週間×7ジャンル+1(通常の邪神)でも日程は埋められるはずなのに、何故ここまで露骨な策に走ったんだろうか?
      • ついでに天青邪神の日程が冬コミと被ったのも一部で阿鼻叫喚の様相となった。
      • 結局やったけど2日ずつという厳しすぎるオチ。
  19. 検定試験はもはやネタ切れなのだろうか。
    • スポーツだけ新作がない、ご当地系は関東・近畿でめでたくコンプリート…。
    • 乗り物検定は飛行機と道路(自動車検定と統合?)に分離すれば良かったのではと思う。鉄道はトレイン検定で単独な訳だし。
  20. 次回作稼働開始直前ギリギリまでイベントが詰め込まれている。
    • 8までは最後の全国大会が終わると次回作稼働開始まで1ヶ月以上何もない状態だったのだが、よほど危機感があるのだろう。
クイズマジックアカデミー
作品別賢者の扉天の学舎暁の鐘プレイヤー
登場人物生徒偽モノの特徴 サークル



関連記事