クロアチア

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
投稿規制
現在このページ(もしくは節・カテゴリ)は他者に不快感を与えたりサイト趣旨から逸脱するなどの問題が考えられるため、下記の投稿を規制しています。
この規制に反する投稿は削除や注意または投稿ブロックの対象となりますのでご注意下さい。本件に関するご意見などはトークページへお願いします。
規制する投稿:度が過ぎる政治的・イデオロギー的主張
Googleで「クロアチア」を検索

ご当地の噂 - 世界ヨーロッパバルカンクロアチア




オーストリア ハンガリー ウクライナ
スロベニア クロアチア セルビア ルーマニア モルドバ
旧ユーゴ
スラビア
ボスニア
モンテネグロ コソボ ブルガリア
アドリア海 アルバニア マケドニア
ギリシャ エーゲ海 トルコ
地中海
  1. ここの首都こそがザグレブ。
  2. ミルコやシカティックのような人が普通に歩いているので、街中でぶつからないよう気をつけたい。
    • ミルコはクロアチアの警官(コップ)なのでクロコップ。決して名字ではない。
  3. 東欧なのか中欧なのかあやふやな国。
  4. 2006年ワールドカップ1次リーグで日本の対戦国に。
    • 1998年ワールドカップでも対戦している。両国とも3回の出場ながら2回も対戦がある。2回ともファーストラウンドの2戦目
    • オランダドイツといった最強クラスのチームをアッサリと破る事も多く、隠れた強豪国として侮れない存在。
  5. ネクタイの発祥地。
    • ネクタイをクラバットと言うのはクロアチアから来ている。
  6. 寒いと思っていたら、かなり暖かい国。海なんか真っ青。
    • アドリア海は観光名所として有名。
    • でも冬に行くと、ドブロブニクやスプリットあたりでもやっぱり寒い。これはイタリアもスペインもそう。北海道並の緯度なんだからある意味当然だが。
  7. 国旗がお洒落。
    • 赤白のチェック模様は国のシンボル的な扱いだそうです。
    • ワールドカップ出場の時も、クロアチアサポーターは赤白チェック模様の服着て国旗を振りまくって応援してました。
  8. 海産物が豊富。日本人と並ぶくらい魚をよく食べる。
    • 内陸部とアドリア海沿岸で、食文化が違う。内陸はパプリカを多く使ったりとハンガリー寄り。
  9. ロールキャベツ(キャベツは酢漬けにしてある)やクリームシチュー風味のグラタンをよく食する。アンコウやかに味噌等のシーフードも大好き。
    • イカ墨のリゾットもおいしいよ。
  10. ユーゴ紛争から立ち直り、旧東欧諸国の中では政情も治安も安定している。
  11. 昼間でも自動車のライトを点けて走らないと罰金。
  12. 世界遺産のドゥブロブニクはアドリア海の真珠と称される美しい街
    • 「紅の豚」の町のモデルにもなった。
    • ユーゴ紛争でボッコボコにされたが、見事に修復したらしい。地元の人に敬服。
      • 紛争中セルビア軍は山頂から迫撃砲などでふもとの城壁を攻撃。撤退間際の山中に多量の地雷を仕掛けまくった。
    • アップダウンが激しいので、散策するといい運動になる。っていうか疲れる。
  13. ザグレブにしかごみ処理場がない。
    • 下水は垂れ流し
  14. ボールペンを発明した。
    • しかし改良を重ねて実用化に成功したのはハンガリー人で「ボールペン発祥国」の座をハンガリーと地味~に争っている。
  15. 「シロアチア」は存在しない。
  16. この国を牽引してきたのはボバンだと思っている。
    • 彼の「100人の政治家が集まってもできなかったことが私にはできる。」という言葉はかっこよすぎる。
  17. セルビアとはガチで犬猿の仲。
    • クロアチアのみならず、他の旧ユーゴ諸国ともセルビアと仲悪い。
    • 同じ民族だが宗教が違う。っていうか国名いわなきゃ区別つかないがな
  18. クロアチア料理には海に面したお隣イタリアの料理をパクったものもある。
  19. クロアチア語はセルビア語と酷似しているが、セルビア語をクロアチアで使うと怒られる。
    • 実はどっちもセルビア語
      • クロアチア語がラテン文字で、セルビア語がキリル文字。文法・語彙はほぼ同じ。わずかに月の名称が違っていたりする。3月はクロアチア語ではOžujak(オジュヤーク)だがセルビア語ではМарт(マールト)と言う。日本でも3月を「弥生」と言うけどそんな感じ。
  20. 「生ビール楽しもうよ~♪」の空耳で知られるインプレシオーネはこの国出身。
  21. かつてはカズがこの国のチームで活躍していた。
    • ただ、「活躍」と言えるかどうかは微妙なとこ。
  22. 果物を発酵させて作る蒸留酒「ラキア」が有名。りんごやすもも、ブドウ等さまざまな果物で作り、中にクルミやハーブを入れたりする。度数40%でキツいが、濃厚でクセになる味わい。
  23. クロアチアはイタリアに似た国。スラヴ人だけど。
    • 実際沿岸部は歴史的にヴェネツィア共和国の影響が強かった。
  24. クロアチアにはクロチームというゲーム制作会社が有る、DOOMを超えた爽快なFPS『シリアスサム』を製作しているぞ。みんなプレイしてみよう!!!
  25. ここの右翼はボスニアヘルツェゴビナ全域を自国の領土だと思ってる(いわゆる大クロアチア)
    • 1998年当時、ボスニアのモスタルは川を挟んでクロアチア人地区とムスリム人地区とに真っ二つに分かれていた。一応鉄道駅に近い橋は架かっているから往来は問題はなかったのだが、往来する住民は全くいなかった。そして橋のたもとに国際部隊の装甲車が停車していたのが不気味だった。そしてクロアチア側はクロアチアKnが、ボスニアはドイツDMに連動したMk(マルカ)しか通用せず、その意味で別々の「国家」だった。
  26. クロアチア紛争のきっかけになったとも言われる暴動を起こしたNKディナモ・ザグレブはこの国のチーム。2010年には、リーグ優勝したのにサポーターが暴動起こしてめっちゃ焦った。
  27. 日本とは結構仲良し。第二次世界大戦時は同盟を結んでた(今は解消)。上記のチームは、日本人選手の獲得に熱心。さらに、日本赤十字社に東日本大震災の義援金として約5448万円を送ったり、デモ中に大使館の前で献花や黙祷を捧げたり。
    • 2002年のワールドカップでここをキャンプ地とした縁もあるかと。
  28. 他の旧東側と違いEUには2004年にも2007年にも加盟できなかったが、2013年にようやく加盟した。
  29. この国の国際免許はウィーン交通条約に基づいて発給されているので、日本では無効であるらしい。



関連記事