Chakuwiki:投稿ブロックの方針が方針文書として制定されました。

ゲゲゲの鬼太郎ファン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 境港市は勿論、行った。
    • もちろん「鬼太郎列車」で行った。
  2. 何かモノマネしてみてと言われて目玉オヤジの「おぃ!鬼太郎」しか出来ない人はファン失格。
  3. 最近になって実写版の映画が公開したらしいが、キャスティングが明らかににわか向けなので賛否両論。
    • ウエンツはねえだろ、ウエンツは・・・
    • 大泉洋のねずみ男はベストマッチ。
      • しかし、水曜どうでしょうでは、ミスター鈴井がねずみ男をやっていた。
  4. 京極夏彦氏がうらやましい。
  5. TVアニメ最新版(第五期)はEDが「カランコロンのうた」でないのは納得がいかない。
    • しかし新参や高知の人は納得している。
    • ついでに、主題歌もなんか納得いかない。
    • ゲゲゲ節にも歌詞テロップは付けてほしかった。
  6. 鬼太郎の原作でのやる気の無さがたまらなく良い。
    • それゆえアニメファンと意見が分かれる。
  7. 水木しげるは正に『神』と呼ぶに相応しい。
    • 故に現在ボンボンで連載中のほしの竜一Ver.は認めがたい。
      • しかし、アニメの猫娘はどう見てもほしの竜一版。
  8. アニメ鉄道ヲタが言うには、第4期の幽霊電車が人気。
    • 登場車両は元鶴見線
    • 第5期では鉄道唱歌と共に最新型お召し電車が登場。
    • 第6期ではいじめパワハラブラック企業と現代の闇ネタてんこ盛り。一部萌えキャラ化しようと、元来のブラックユーモアっぷりを手加減しない所は流石としか。
      • SNSや若者言葉等を使うなど原作にない今どきの要素にア然とした。
  9. 第5作のねこ娘にはさすがに驚愕。
    • 萌えキャラ(ヒロイン)化、概ね好評。
      • 元々美人設定だったとはいえ、まさかあんなにキュートになるとは。
      • しかしどんなコスプレより、普段の格好が一番可愛く思えるのが真のファン。
    • 3期の夢子ちゃんのほうが好き。
    • その後、6期の制作そのものもそうだが、ねこ娘がオタク心に突き刺さる属性てんこ盛りになろうとは誰も思わなかっただろうな。夢子以来の人間ヒロイン「犬山まな」もなかなかの逸材だけどw
  10. 主題歌といえば、吉幾三。
  11. 飲み物はゲゲゲの鬼太郎ドリンク
  12. 正直、今の鬼太郎(五期)がバーロー(江戸川コナン)にしか聞こえない。
    • 正直、3期の鬼太郎がアンパンマンとトーマスにしか聞こえない。
      • 今となっては旧トーマスだね…
    • 正直、5期の鬼太郎を見て「名探偵鬼太郎」「ゲゲゲのコナン」と呼びたくなった。
  13. 正直、今の猫娘(五期)が今神あきらにしか聞こえない。
  14. 正直、墓場鬼太郎(ノイタミナ)に乗り換えた。
  15. 正直、今のネズミ男(五期)が元太(or高木刑事)にしか聞こえない。
  16. バックベアードがふたばから発展して、ある人々を叱っていることに納得しない。
  17. 一時期、鬼太郎カラーの高速バスを日本交通が運行していた。
    • 東京線からは姿を消したが、現在も大阪線に少数残っている。
    • 米子に配置されている貸切バス版もある。
  18. 改称される前の原作タイトルを知っている。
    • 墓場の...墓場の...なんだっけ。
    • 一部エピソードのリメイク元の水木作品を知っている。
  19. 平手打ちをするときはビビビビビビ ビン!
  20. 鬼太郎役の声優の答えで年齢が分かる。
    • ファンは声優の名前で鬼太郎を見分けたりする。
      • 野沢鬼太郎(白黒版及びその続編である2期)は一番原作に忠実で飄々としているが子供っぽい、戸田鬼太郎(3期)は喧嘩っ早い、松岡鬼太郎(4期)は何しでかすかわからない、高山鬼太郎(5期)は熱血に見えて底知れない、沢城鬼太郎(6期)は深淵覗いてる(以上勝手なイメージ)。
    • このくらい入れ込んでるファンになると、歴代の鬼太郎や猫娘を描き分けろと言われてもある程度特徴掴んだ絵を描ける(まあ6期猫娘は誰かて見分けられるが)。
  21. テレビアニメ第5期の中途半端な打ち切られ方に納得がいかない。
    • 視聴率は比較的高かったのに…
  22. 映画「日本爆裂」での短編に歴代鬼太郎が勢揃いしたのを見て、放送当時を思いだし感涙。
    • しかし「墓場鬼太郎」版がいなかったのが若干心残り。
  23. 田の中さん亡き後の目玉おやじどうすんだ?と思ったら、まさかの野沢さん起用。田の中さんに変に似せずにしっかりキャラを演じた所は流石だ、と唸らされた。
    • 「とっくにご存じなんだろう。儂は超幽霊族、目玉の親父だ!」(※こんなセリフはありません)
  24. 第6期のキャストを見て誰もが思った。「何このドラゴンボール?」
  25. 田中ゲタ吉時代のダメ人間ぶりも愛着を持っている。
  26. ブランコを見ると烏ヘリコプターを思い出す。



関連記事