コカ・コーラ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

コカ・コーラの噂[編集]

トークに、コカ・コーラに関連する動画があります。
  1. 日本法人のほうがアメリカの本社よりヒット商品を出している。
  2. ジョージア州アトランタの命。
  3. 世界的なスポーツイベントにおける、メインスポンサーの常連。
  4. コカ・コーラの作り方は、世界でも限られた数人しか知らない。
    • 原液のレシピはアトランタのとある銀行に保管しているらしい。
    • 特許を取ると公開しなければいけないので、製法の特許は取っていない。
  5. 日本ではコカ・コーラの圧勝に近いのであんまり意識されていないが、アメリカなどではペプシとのシェア争いが凄い。
    • 1985年のカンザス計画…味の変更計画は世界最大のマーケティング失敗として伝説に。
      • この失敗した新コーラはのちに「コークII」として幾度か販売され、またこれを機にアメリカとカナダでは「コカ・コーラ クラシック」を名乗るようになった。
    • ペプシによるコカ・コーラ罵倒はもはや恒例。
      • 日本でもその手のキャンペーンをやったら、怒られた
  6. 炭酸飲料のシェアが下降気味なので、もとから非炭酸系のシェアが多くを占めていた日本法人に、アメリカ本社も昨今は注目している。
  7. 通称は「コーク」だが、日本ではそう呼ぶ人は少ない。「コーラ」と言えばコカ・コーラを示すことが多いからか。
  8. アメリカの本社製品は、日本にも多く輸入されている。
    • 格安自販機や輸入食料品店でよく見かける。缶が日本より薄い上、「classic」が入っているためすぐ分かる。
    • 日本に運んできて売っても日本の品より安くなるんだから、いかにアメリカ製品のコストが低いか分かる。
    • あと、今はアメリカでしか生産されていない「cherry」も輸入されている。ドクターペッパーに近い風味。
      チェリーコーク
      • cherryが嫌われるのはドクターペッパーと同じ理由だからだろうか?どっちにしろ、ドクターペッパーのほうが国産が続いているだけマシ。
    • Classicとつくようになった経緯を知らずに、日本もClassicじゃなくなったから不味いだのと言っている半可通がやたらに多い(レビュー等)。
  9. アメリカでは、メキシコ製品が逆輸入されている。
    • 本社製品と違い、甘味料にコーンシロップではなくサトウキビから採取した砂糖を用いているため。値段が高くてもグロス単位で瓶が売れる。
    • アメリカでのメキシココーク人気はエル・パソ等メキシコ隣接地帯では昔からのことだったが、コストコでの取り扱い開始と味が落ちた国内コークに嫌気がさしたコークフリークの大人買いが口コミで広がったというのもある。
  10. 最近のアメリカにおけるTVCMは、3Dアニメ仕様だがかなり凝っている。
  11. コカ・コーラは様々な国で販売されているので、朝鮮語とかタイ語とか様々な言語(文字)で「コカ・コーラ」と記載しているが、何故か日本向けはカタカナで「コカ・コーラ」と記載せず、米国のように英字でCocaColaなどと記載されているのが不思議だ。
    • しかし、沖縄のコザの街角で数十年前のものと思われる広告でカタカナで「コカ・コーラ」と描かれている広告を発見した。
      • 20数年前まではカタカナロゴで販売されてたらしい。現在でも酒屋さんの空き瓶置き場などに置いてあったりする。
  12. 京都にここの缶と似たデザインの外観のバスが走っている。
  13. マクドナルドで夏になると、ここの一部製品がサイズ関係なく100円になるが、これは商品を宣伝代わりの無償提供していて、100円でも問題ないかららしい。さすが、一人勝ちしているだけある。
    • さらに、誰かが買えば買うほどマクドナルド自体までもがウハウハという図式も出来上がる。
  14. 東京都内のファミリーレストランやファーストフード店を中心に、「コカ・コーラ フリースタイル」というベンダーが増殖中。
    • 要はドリンクバーのようなものだが、様々なコカ・コーラ社製品を自由に混ぜ合わせることができる。
    • それぞれの製品でフレーバーも選ぶことができ、バニラコークやチェリーコークも普通に飲める。
    • 第一号は羽田空港だった。
    • 2014年3月をもって全店で稼働終了した。
    • 亀有などでは映画館という、おかわりしようと思ってもしづらいお店にも置いてあった。
    • 2016年春以降、実質的な後継機種と思われる「Phoenix」がココスJOYSOUNDなどで稼働中。ラインナップはちょっと減った。

日本コカ・コーラの噂[編集]

  1. アクエリアスは今や世界各国でも販売される優良商品。
    • アメリカ本社にはこういうヒット商品を開発できる能力も人材も皆無なのに、オリジナル商品にも「技術料」と称して日本法人から金を巻き上げている。
      • 日本法人の商品もかつては同業他社を真似したものが多かったが、最近は他社に先駆けた商品の開発も積極的な優良企業に成長。
      • のようにみえるが実は大したブランドは出来ていない・・、爽健美茶も○六茶の真似でスタート。アクエリアスはポ○リの真似、日本茶のブランドは作れない、ジョージアは自動販売機の量があるのでTopブランドになっているだけ。
        • 綾鷹は日本茶のブランドじゃね?
        • そんな感じで、非炭酸系飲料ではヒットした同ジャンルの商品に後を託し消えた(or販売規模が大幅に縮小された)物も数多い。
      • アメリカ側がコーラ以外に興味がないのが原因。例えば缶コーヒーはボトラーが別々にジョージア・マックスコーヒー・マイコーヒーを販売していた。
    • そんな日本法人がコーラの生産にさえ三行半をつければ独自でやっていけることは間違いないのだが、アメリカ本社がヤバくなるのでそうはさせないらしい。
      • 独立のためには本社以外の大口の出資者が必要。
    コカコーラ自販機の電子マネー対応例(5種類)
  2. ここの自販機は業者ではなく、営業社員が直接入れている。
    • そのため陳列は売上げデータに基づき、一台ごとに変更。購買者は左上から商品を見ていくことを利用し、そこに飲食店近くはお茶、ビジネス街では缶コーヒーを置くという風にきめ細かい配慮をしている。シェア一位になるのも納得。
  3. 110円や100円に値引きされてる自販機が、他社に比べて少ない気がする。
    • アレは、自販機を設置させている地権者の取り分を減らすことで安くなる(企業が福利厚生のために従業員専用として設置する場合とか)
    • 企業や団体側の要望によって設置されれば実現する。大学や高校にある自販機も同じ理由でコカ・コーラ110円が多い。
  4. 上司が叱るときは「コラ・コーラ」
  5. ここの自販機のお釣り取り出しレバーを引っ張りながら、飲料のボタンを押すと…。
    • 個人的にいろはすがトップだと思う。
  6. ICカード対応自販機はここの物が多い気がする。
    • 電子マネーの先駆けである「シーモ」を導入したのはコカ・コーラ自販機。「シーモ」は他の電子マネー台頭でなくなったがその名残。
      • 駅付近でSuicaなど交通系IC対応の自販機は多々あるが、コカ・コーラの場合は取り扱い電子マネーが多いのが特徴。
        • 一つの自販機で「交通系・楽天EdynanacoWAON・iD」と5つくらい対応しているのもデフォ。

ボトラーの噂[編集]

旧16ボトラーの内訳。
現在は東京+利根+三国+富士+中京→イースト
三笠+近畿+山陽+北九州+南九州→ウエスト
  1. 地域ごとにボトラーがあるが、一部地域区分がかなりヘンテコである。どう区分したらこうなったのかが知りたい。
    • それで以って、全てのボトラーが日本法人の傘下というわけではなく、それぞれ他企業及び他グループの傘下という状況。例えば、ウエストならリコー三愛グループ[1]だし。日本法人が敢えてそのような状況を狙って今に至るのかは分からんが。
  2. 近年はボトラーの合併が進んでいる。いずれは「イーストジャパン」と「ウエスト」の2社体制になるのだろうか。

北海道コカ・コーラボトリング[編集]

北海道

  1. 親会社が大日本印刷。そのためか紙缶や紙パック製品に力を入れていた。
  2. ここで作ってるいろはすは工場の地下水(札幌市清田区)を使ってる。

みちのくコカ・コーラボトリング[編集]

岩手青森秋田

  1. 当初は「北斗コカ・コーラボトリング」という名だった。

コカ・コーライーストジャパン[編集]

関東全県・新潟山梨東海全県

  1. 2013年7月に東京・利根・三国・セントラルが合併して「イーストジャパン」に。ウエストを抜いて日本最大のボトラーに。
  2. 2015年に上記4社の法人格がなくなった。
    • さらに仙台も子会社に。
利根コカ・コーラボトリング(栃木茨城千葉
マックスコーヒー仕様の自動販売機
  1. マックスコーヒーは偉大なり。
    • ここから広まったマックスコーヒーは、後に全国販売するほどの大出世。全国的にこの味が合わなかったのか販売縮小したが、それでも根強いファンは多い。
  2. 本社の場所でピンと来る方もいるかもしれませんが、キッコーマンの関連会社でもある。
三国コカ・コーラボトリング(群馬埼玉新潟
  1. 当初は赤城山から名をとった「赤城コカ・コーラボトリング」になりかけたが、ヤ○ザのイメージが強いので無難に三国峠から命名された。
  2. 群馬新潟の境の三国峠が由来なのに本社は山とは縁もゆかりもない埼玉の平地にある。
    • 一応国道17号沿いにあるが三国峠の雰囲気とは全く違う。
  3. 昔は子会社の三国フーズが独自色の強いソフトドリンクを大量に出していた。
    • コカコーラの赤い自販機と並んで白い独自の自販機も設置されていた。
  4. 全国のボトラーで初めて東京証券取引所に一部上場した会社。
    • 初めては中京コカ・コーラボトリング。二部上場はほぼ同時期だけど一部上場は1987年。
  5. 名前だけを見ると大阪福井にあるようにも見える。
東京コカ・コーラボトリング(東京
コカ・コーラセントラルジャパン(神奈川山梨東海4県)
  1. 元々は富士コカ・コーラボトリングと中京コカ・コーラボトリングという別会社だったが合併して現在の名前になった。
  2. JR東海もそうだが、セントラルジャパンを好んで用いるのはこの辺りでは普通らしい。まあ漢字でも中部日本放送(CBC)があるし、中日新聞の中日だって「中部日本」なんだが……
  3. 富士コカ・コーラと明治屋が資本関係にあったため、以前からマイコーヒーという独自のものがあるが、知る人は少ないかも。
    • 今はジョージアが付いてるけど、たぶん横浜周辺でしか見かけない。
仙台コカ・コーラボトリング(宮城福島山形

北陸コカ・コーラボトリング[編集]

3県長野

  1. 長野が入っているのが微妙。
    • 元々「長野コカ・コーラボトリング」という会社があったのを北陸が吸収合併したからそうなった。

コカ・コーラウエスト[編集]

近畿地方全府県・中国地方全県・九州全県

  1. 競技場のネーミングライツを2つも取得している。
    • 広島と鳥取にある。
  2. 「北九州コカ・コーラボトリング」と「山陽コカ・コーラボトリング」が合併。
    • さらに近畿・三笠とも持株会社制で合併。
    • 南九州も吸収合併。エリアは18府県に及ぶ。
    • 四国も傘下に収めた。
  3. ラグビーのレッドスパークスはここのチーム。
三笠コカ・コーラボトリング(和歌山奈良滋賀
  1. ちょっと待て、滋賀はこれじゃ飛び地じゃないか。
    • だから滋賀・和歌山・奈良三県に工場があったが、現在は滋賀のみが残る。
    • 三重県もエリアならしっくりとくるのだが。
  2. 「三笠フーズ」でなく「三笠フーヅ」は元々この会社の子会社でセゾン系。
近畿コカ・コーラボトリング(大阪京都兵庫
  1. 元々の筆頭株主はキリン。
    • 午後の○茶はキリンが頼み込んで近畿の精鋭社員が派遣されてできた製品。
  2. 本社は摂津市にあり、工場も併設されていた。工場ができた当時は水が綺麗などの理由で作られたが、水質悪化などで工場閉鎖を余儀なくされる。
    • その後は本社と運送部門だけとなり、工場は飲食店になった。しかし、後に飲食店は全て撤退で現在はコインパーキング化。社屋は、コカ・コーラウエスト千里丘オフィスになった。
南九州コカ・コーラボトリング(熊本鹿児島大分宮崎
  1. この地域だけなぜかエメラルドマウンテンが売れない。よって今でもテイスティがナンバーワン。
  2. 本社は熊本だったが、鹿児島の酒造会社資本というわけのわからないアレ。フジのようなものか。
    • その繋がりなのか、薩摩酒造は2016年現在もコカ・コーラウエストの大株主でもある。
  3. エリアの兼ね合いからして仕方ないとはいえ、荒尾や中津、宇佐まで南九州と言い張るのは無理があった気がする。本社があった熊本市すら南とは言いがたい場所だし。
  4. 4県のFMラジオ局共通で「サウンド・シャッフル」なる番組を提供していた(末期は鹿児島が除外)。でも提供読みは単にコカ・コーラだった。
    • 同名の番組は各地にあったようだが、一番長続きしたのは南九州らしい。
四国コカ・コーラボトリング(四国)

沖縄コカ・コーラボトリング[編集]

沖縄

  1. 紅茶製品が充実している。他にもさんぴん茶や日本茶のラインナップが多い。

関連項目[編集]




関連記事