ココス諸島

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
Googleで「ココス諸島」を検索

ご当地の噂 - 世界アジア東南アジアココス諸島

ブータン 中国 台湾
インド ミャンマー
ラオス





バングラ




 

 

 
カンボ
ジア
  太 平 洋
 



  南沙
 
シンガ
 


インドネシア サラワク
(マレー)
ブル
ネイ
  スラ
ウェシ
  カリマンタン バンダ海 ニュー
ギニア
パプア
ニューギニア
  ジャワ バリ OA 東ティモール
CCS XMS   オーストラリア

ココス諸島の噂[編集]

  1. インド洋に浮かぶその名の通りココヤシ栽培してる島。
    • 本当に、ココヤシ以外は何も取れない。
  2. 某レストランとは何の関係も無い。
  3. 当然こことは無関係である。
    • ココス諸島にあるストアだからココスト…いやなんでもない。
  4. 別名、キーリング諸島
    ココス諸島1963年発行普通切手・島の地図
  5. ココス諸島名義の切手も発行していたが、属領ではなくオーストラリア本国の一部なので、オーストラリアの切手を使うようになった。
    • しかし、貴重な外貨の獲得源だったので復活した。でも、この切手はオーストラリア本国でも使える。
  6. 東インド会社が発見したと言われているが、アラビア人が先に来ていた証拠があるらしい。
  7. 最初に領有した「ココス王」は、島に理想のハーレムを作る目的で何十人もの女性を集めて(さらって?)連れてきた二人の奴隷商人である。
    • 二人は別々の島にそれぞれ女性たちを囲っていたが、片方が少しずつ女性を奪われ、最後には追い出されてしまった。
    • 1978年にココス王の子孫の領主が、オーストラリアに島を売却した。なんか、尖閣諸島と同じような経緯だなあ。
  8. 現在は協同組合が運営している。



関連記事