コーエーテクモゲームス

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

コーエーテクモゲームスの噂[編集]

コーエー[編集]

  1. この会社の代表作は? といろいろな人にアンケートを取るといろいろな答えが返ってきていろいろな意味で面白い。
  2. 今でもシブサワ・コウは実在するプロデューサーと信じられている。
    • 昭和50年代の光栄マイコンシステムズの頃からその名があったなあ。
    • 2015年頃から大河ドラマの兼ね合いか、その社長であるシブサワ・コウ氏がやたら顔出しするようになった(しかも会長である奥さんまでセットで)。
  3. 日吉に本社があるだけあって、慶大との結びつきは非常に深い。
    • KEIO→KOEIらしい。
  4. ここにきて戦略が大迷走している。
    • ガンダム無双の発表にはさすがにびっくり。
      • 元を取り返すためPS2に逆移植。
      • PS2逆移植はオプーナが大コケしたための穴埋めという説がある。(→関連項目
    • 乙女ゲームを作ってる。
    • 歴史シミュレーションだけを作っていた時代は良かった。ネオロマンスがヒットして暴走した感じ
      • でも元々団地妻の誘惑とか作ってた会社だし・・・
    • 英語学習ソフトなんてのも作ってたなぁ…
      • 改めて調べてみたら原作赤川次郎・音楽小室哲哉・ヒロイン役林原めぐみとか豪華メンバーだったんだな。
    • まさかの「戦国アンジェリーク」。
  5. かつてアダルトゲームを作ったり、BGMにプロの作曲家を起用した先駆けだったことを知っている人は、かなりの古参。
    • 「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」という名前を見たり聞いたりするとニヤリとしてしまう。
    • バイオリズムに合わせて、夫婦生活の体位を選んでくれる「ナイトライフ」は画期的過ぎる。
    • かつてサウンドウェアの名称でBGM入りCDを販売していた。作曲には菅野よう子等を起用。
      • 通常版に先行して割高なwithサウンドウェアを販売していたこともある。
      • PC9801全盛期にはwithサウンドウェア版が2DD3枚組、通常版が2HD2枚組なんて事も。
  6. 歴史の長いゲームを作っているだけに、様々なエピソードがある。
    • 例1:新婚の旦那が、帰宅すると深夜まで「信長の野望」に熱中。「私とゲームのどっちが大事なの!」と離婚寸前の騒ぎになった。
  7. 光栄→KOEI→コーエーと名を変える度に旧来のユーザーが離れていった。
    • ちなみに登記上は光栄のまま。
  8. 改造ツール付の非公式攻略本を訴えたが敗訴、以後自前で改造ツール(=パワーアップキット)をリリースするようになる。
    • この非公式攻略本を出したの、借力の本を出しているとこなんだよねえ。
      • もし、その本を出したほうが敗訴していたら・・・(以下自粛)
  9. 乙女ゲーの先駆者でもあり、光栄商法の基礎を作った。
    • ライバルパクる模倣するセコイ画期的な商法であった。
  10. 2009年4月にテクモと経営統合することが決まった。
    • コーエー作品に出る女性キャラの露出度が上がることを期待している。
  11. 大航海オンラインで日本海を朝鮮海と表記したため、全てのネット右翼を敵に回して尻に火がついている。
    • 産経新聞がこれを大きく取り上げたため騒ぎが大きくなった。
    • つか、チンギスハーンIVでは普通に「日本海」呼称だったのだが…
  12. スーパーファミコン時代に、信長の野望などで発売価格を高騰させた元凶がここらしい。

テクモ[編集]

  1. 帝国管財。
  2. XBoxでは国内唯一の勝ち組メーカー。
    • DOAの派生作品「DEAD OR ALIVE Xtreme Beach Volleyball」を出した時、さすがに血迷ったかと思った。しかし他社のどのソフトよりも売れ行きは好調。
    • 最近はTHE IDOLM@STERがXBoxの顔になりつつ…?
      • ならなかった。テクモ勝利か?
        • とおもいきやD3Pがドリクラを出してくる。
  3. 名作と迷作が紙一重のような作品をファミコン時代から出しまくっている。
    • ファミコン時代のドット絵の上手さは神業的だった。
  4. 「ファミっ子大集合」のスポンサーだったような。
  5. 一時期、乳揺れにこだわったメーカー。
    • 「乳バレー」という世にも恥ずかしいフレーズでGoogle検索をすると…。
  6. 昔はソロモンの鍵、一寸前はモンスターファーム、今はDOAXと不思議な位、ヒットしたゲームの方向性やジャンルが違い過ぎる、カプコンなんかアクションや格ゲーと固まること多いのに・・・
  7. サッカーゲームの最高峰をかつて開発していた。
    • 今はパンヤゴルフ。
    • 業務用のワールドカップ、そしてFCキャプ翼
    • 零を忘れてはいけない。
  8. スクエニに吸収されそうになり、慌ててコーエーに泣きついて経営統合してもらうことにした。
    • そのきっかけはテクモ社の内紛。
    • 結局、経営統合して1年後にコーエーに吸収合併することになった。

ガスト[編集]

  1. 長野市のゲームメーカー。
  2. 同名のファミレスとは何の関係もない。
  3. 何と言っても「アトリエ」シリーズ。
    • 最近は「アルトネリコ」シリーズが有名。主に音楽と頭のネジの外れ方で。
  4. 愛称は「ガストちゃん」。
  5. 2011年12月、ガスト側からの働きかけによりコーエーテクモの子会社化。

関連項目[編集]

作品の噂
ファンの噂



関連記事