サムスングループ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

サムスングループ(三星財閥)の噂[編集]

  1. 創業者一族は韓国では珍しい親日家らしい。
    • 反日のはずだが・・。
      • オーナーが良く日本に極秘で来るらしい。
      • 反日はポーズ。実際には超の付くほどの親日。
    • 現代(ヒョンデ)グループの鄭周永(チョン・ジュヨン)一族など他の財閥オーナーは反日家が常識。
      • 現代も初代(鄭周永氏)は親日。日韓条約締結以前に創業した財閥1世が反日の会社なんて1つたりとも存在しない。反日が目立つようになるのは反日教育を受けた2世以降。
    • 創業者は李秉詰(イ・ビョンチョル)。
    • 日本軍に米を納入して儲けた会社だからね・・・。
      • えっ!? じゃあ親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法に則って財産没収・・・?
        • にはならなかったが、崔順実ゲートと呼ばれる民間人(新興宗教の教祖の娘でシャーマン)を私的な国政アドバイザーにしていた事件とそれに伴う大統領弾劾により思いっきり逆風が吹く。主な物は第一毛織とサムスン物産の合併に大統領府の支援を受けた疑惑と、崔順実の命令で設立されたミル財団とK財団という文化・スポーツ振興を目的とした財団への寄付が贈賄と看做された事で、新大統領のに完全に敵視され執拗な捜査を受ける。結果、サムスン電子副会長で実質的な財閥総帥である李在鎔は逮捕され懲役2年6か月、執行猶予4年の判決。会長の李健熙も捜査を受けた。といっても会長はこの数年前から寝たきり(もしくは植物状態)なので……長い記事
        • せっかく韓国じゃあ珍しい親日企業なんだから。
  2. 現在のグループ総帥は李建煕(イ・ゴンヒ)。
    • 1993年に妻と子供以外はすべて変えようという企業方針を発表。
    • 2014年に心筋梗塞を患い、以後ほとんど表舞台に出ていない。そのため「生きてはいる」だけの植物状態に陥っているという説が強い。しかし植物状態ではあっても、社内規定によって毎朝の業務報告は受けているらしい。
  3. 創業者一族は三洋電機の井植一族と非常に親交が深い。
    • 意外でした。
    • 技術もだが、もしかしたら社名もパクリか?
      • 前身「三星商会」の設立は1938年、三洋電機は戦後なのでそれはない。
    • 三洋買収の話が持ち上がったが、東芝に阻止された。東芝三洋ホールディングスに対抗するためソニーと業務提携を結ぶ。
    • 五洋買収の話が持ち上がったが、初芝に阻止された。初芝五洋ホールディングスに対抗するためソラーと業務提携を結ぶ。のはソムサン。
      • セッパ!
    • 初期のロゴがSAMSUNG-SANYOとなっていた製品もある。
      • 三星電子の社史からは消されているが、三星電子の社史にある「祝! TV百萬臺生産突破!」の記念写真の左側に三洋の段ボールが写り込んでいたりする。 参考
  4. 韓国は三星グループを取ったら他に何も残らない奇形経済の国。
    • 実際は現代グループLGグループなどがバリバリ稼いでいるが。
    • サムスンの外国での売り上げは韓国の貿易黒字の100%を超えてるんだそうな。
  5. 韓国経済の5分の1はサムスンが占めている。残りはコピー商品で成り立っている(嘘)。
    • 実際は現代やLG,大宇も稼いでいるのだが。
      • ちなみに韓国のGDPの5%は売春によるもの。
    • サムスンの社員証をもっていると警察も手加減してくれるらしい。
    • 現代や大宇、LGの社員証を持っている場合は警察は手加減はしないかも・・。
    • 現在、特許権侵害で日本企業から訴えられ、日本国内への輸出を止められて本気であせっている。
      • 結局和解した。
    • どうして韓国はフィリピンを馬鹿にしたようなことを書くのだろうか?
  6. 最近(2006.6)テレビ東京で5分ほどだが1社提供の番組を持っている。
  7. オーナー一族が非上場の遊園地会社を所有し、その遊園地会社がサムスン電子をはじめとするグループの上場企業の株を握って支配するという、かつての西武鉄道グループみたいな不透明な資本構造である。そのため外国人投資家からは嫌われ、株価にはコリア・プレミアムがついているらしい。
  8. 同じ名前の街がトルコにある。
    • 逆にトルコの地名がソウルにある。これは両国が「兄弟国」と称されるほど仲がいいので、お互いの地名を交換しようぜ、という事でこうなった。
  9. ペトロナスタワーを傾かせてしまったという前科があるのに、現在アラブ首長国連邦で世界一高くなる予定のブルジュ・ドバイを建設中。
  10. 中日に昔いたピッチャーとは関係ない。
    • 李尚勲(サムソン・リー)の登録名は旧約聖書のサムソンが由来。
  11. デブ専フケ専のホモ雑誌とは関係がない。
    • アッー!
  12. 建築関係になると急にヘタレになる。点字ブロックのど真ん中に柱立てたりとか…なんで?

サムスン電子[編集]

  1. 世界に名だたる半導体企業だが、実はその半導体を作る機械は日本製。
  2. サムスンの一眼レフカメラはPENTAXのOEM(2007年現在)
    • 過去にミノルタと提携していたことがある。ミノルタのロゴとサムスン旧マークが描かれたカメラが存在する。
  3. 最近ソフトバンクで携帯出しまくってる。変換がそこそこ優秀で動作もサクサクで思いのほか悪くない。
    • しかし充電端子が独自仕様で入手性が悪いのが難。やはりまだまだ詰めが甘い。
      • 日本以外では端末メーカーごとに異なるのが常識。キャリアごとに共通仕様というのは日本くらい。世界的端末メーカーとしては日本の事情に構う気などないということ。
        • このへんの事情は、スマートフォンの時代になると様変わりした。
    • なぜかここへきてNTTドコモ向け端末も発売。一見するとソフトバンクモバイル向けと同じに見えるが、海外端末の流用であるソフトバンクモバイル版に対し、海外端末に同一モデルが無いNTTドコモ版という謎の展開。
      • 理由:SoftBank=海外仕様機を日本に根付かせる思想。NTT docomo=日本の需要に海外機を合わせる思想。
    • ちなみにサムスンは現在SoftBankに同じくケータイ卸してる林檎と揉めてる。
  4. サムスン電子の配当金の約半分(48%)は外国人投資家に支払われていることはあまり知られていない。
    • そのためいくら純益増でも韓国人の暮しには全く貢献していない。言わば「飢餓輸出」状態。
    • なお配当率は1%未満と、世界的な一流企業としては異様に低い。それでも外国人株主が文句を言わないのは、国策企業であるサムスン株が日本国債を上回るほど堅実な資産と看做されているから。
  5. 超がつくほどマニュアル会社らしい。
  6. 世界的には1流企業
    • 中国の西部や発展途上国など、日本人でも安全性から躊躇するようなところにガシガシ事務所を立て、それなりに売り上げを伸ばしているらしい(商社マン談)
    • それなりどころか、液晶テレビの販売台数は世界最高。既に、日本の家電メーカーの売り上げ台数を全て足しても届かない売り上げを記録している。
    • スマートフォンの分野でも、特にアメリカでは2010年にはシェアトップを獲得。LGと合わせると、韓国勢だけでアメリカのシェアの半分を占めている。
      • ただしiPhoneを除く。
        • そのiPhoneも4のRetina液晶はじめ、かなりの主要部品が韓国製ではあるが。
        • Appleと訴訟が起こり、米国で敗北。その影響でiPhoneへの部品供与が無くなりそう……
  7. 技術投資に非常に意欲的。いつまでも日本企業やアメリカ企業にライセンス料を払い続けるわけには行かない。
    • だが基礎研究を怠り、すぐ結果の出そうなパリパリ(早く早く!)研究なので投資に見合った成果は出ていない。
  8. 韓国一汚職にまみれた企業としても有名。サムスンの汚職暴露本は、何冊も出され、その度に騒ぎを起こしている。
  9. サムスン=液晶ディスプレイかソフトバンクの薄っぺらいケータイくらいしか思いつかない。
    • 今だとドコモで出しているGALAXY Sのイメージの方が高いが。特にIIはAndroid2.3搭載端末では性能が半端ない。
  10. チェルシーFCの胸スポンサー。
    • 胸スポンサーになったおかげで欧州での知名度はかなり上がったらしい。
  11. バブル崩壊後に日本から技術者が流出したことで発展した。
  12. 技術的に日本を追い越すことは無理と薄々気づいている上、最近では中国に追い越されることを警戒している。
    • 中国よりむしろ台湾を意識した方がいいと思うのだが(アスースやhtcなど)。
  13. DRAMで圧倒的なシェアを誇り、サムスンが無くなったら世界のIT企業が軒並み壊滅的な大打撃を受けると言われるほど。

Galaxyシリーズの噂[編集]

  1. 世界トップシェアを誇る、サムスンの代表的なスマホandタブレット。
  2. 5インチクラスのGalaxy noteは片手操作がしにくい(当たり前かw)。
  3. docomoやauだと製品が発売されてるが、ソフバンには製品がない。
    • Galaxy Tabはソフトバンクからもリリースされるようになった。
    • SoftBankはiPhone押しのためかAndroidではXperiaも長らく扱っていなかった。そのXperiaをZ3で扱い始めたのに続き、15年にS6で販売を開始。
      • ドコモとauがiPhoneに参入して、端末ラインナップで遅れを取るわけに行かなくなったというような事情も垣間見える。
        • シャープもこの流れに乗るようになり、従来はキャリア毎に機種自体の展開を変えてたが現在は統一へ。
  4. 林檎と揉め事になった元でもある。
  5. Galaxy S6から、日本国内ではなんとSAMSUNGの名前を一切出さないという暴挙に出た。
    • スポンサー提供でもGalaxy。日テレドラマのスポンサーに積極的。
  6. ドコモからiPhoneが出て以来、iPhoneの代替機という位置づけも失われて日本では失速傾向。
    • Androidなら日本ではソニーのXperiaのほうがブランド力が強いのも大きいだろう(ガラケー機能の防水・ワンセグ・おさいふなどもXperiaより対応が遅れている)
    • 地元・名古屋のヨドバシとビック携帯電話コーナーにGALAXY専門スペースがあるが、人があまりいない……
  7. Note 7が発火事故で世界中の航空当局から預かり禁止・使用禁止・充電禁止を食らった。飛行機に乗るたび長々なアナウンスを聞かされる。



関連記事