サンクトペテルブルク

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
Googleで「サンクトペテルブルク」を検索

ご当地の噂 - 世界ヨーロッパロシア北西連邦管区サンクトペテルブルク

  1. ロシア第二の都市。帝国時代は首都だったことも・・・
  2. 「聖ピョートルの街」という意味らしい。
    • サンクト(聖) ペテル(ピーター、ピョートル) ブルク(街)でそうなる
  3. レニングラードだったりペトログラードだったりころころと名前の変わるややこしい町
  4. 北のベニスと呼ばれている。
  5. 昔レニングラードと呼ばれたが、現在はサンクトペテルブルクに戻った。
    • だが州の名前やモスクワの鉄道駅の名称はレニングラードのまま。ペテルブルグにするんなら全部そろえないのか…と言いたい。
  6. レニングラード時代に初めてソ連で演奏したミュージシャンは、イングヴェイ・マルムスティーンという自称"貴族"だが、アメ公のせいでボン・ジョヴィとモトリー・クルーが初めて演奏したことになってる。
    • アメリカ人の罠だ!とお貴族様が大激怒。
  7. ムラヴィンスキーとゲルギエフという、2人の不世出の大指揮者を生んだ都市。
    • つかロシアの音楽の都。チャイコフスキーやショスタコーヴィチもここ出身。
  8. ドイツのおかげでburgをブルクだと思ってする日本人が多いが、ホントはブルグだ。
    • もともとドイツかぶれのピョートル大帝が作った町なのだからドイツ風に発音したところでそこまで問題ないのでは
    • ロシア語でも最後の濁音は無声化するのでブルクが正しい。
  9. 馬鹿は、必ず噛む。早口で試してくれ。
  10. プーチン大統領の出身地。
  11. ヨーロッパ風の街なみで美しい街。
  12. 英語だとセントピーターズバーグになる。
  13. ドストエフスキーの代表作「罪と罰」の舞台
  14. レニングラード攻防戦は広島長崎の原爆投下を上回る都市爆撃であった。
    • フィンランドはナチスドイツとともにこの戦いに参戦。
  15. ナチスドイツの被害を受けたこの都市にドイツのシーメンス社の高速鉄道サプサンが走っている。
    • よくこんな都市でドイツ製車両を走らせる気になったな。
  16. ショスタコーヴィチの交響曲第7番。
  17. ロシア語的には「サンクトピチルブールク」
  18. モスクワと並んで地下鉄が綺麗。この2都市の地下鉄は見に行く価値があり。
  19. 市郊外に「ラフタ・センター」という463mの高層ビルが建築されている。ほんとは市中心部の予定だったけど景観問題で郊外に。



関連記事

スポンサーリンク