サンリオファン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

サンリオファンの噂[編集]

サンリオピューロランド(多摩市
なぜか台湾のほうが扱いが大きいキティちゃん
  1. ご当地キティを集めまくる
  2. キティのみ脚光を浴びたためマイメロはアニメ出演に腰を上げる。
    • シナモロールは映画に進出。
      • マイメロにルロロマニックも登場。
    • 半裸のサンタクロースがウィンクしながらバイオリンを弾くアニメ。
      • マイメロのあまりの非道?ぶりについたアダ名が「サンリオの白い悪魔」。
    • アイキャッチにはしっかりとキティ姉さんが登場。姐さんお疲れ様ッス!
    • アニメから生まれたクロミが人気キャラクターに。
  3. ピューロランドに行く。
    • 大分のハーモニーランドも。
    • キキララのデザインが大幅に一新(従来よりイラストに近いデザイン)されて、長年元のデザインに親しんできた古参のファンからは不満や悲しみの声が出ている。
  4. サンリオとは、ハローキティ、マイメロディ、シナモロールのことで、あとのキャラはどうでもいい。
    • ウサはなに至っては、SAN-Xのキャラだと思っている。
    • キキララは?ちょっぴり忘れられた感があるけど数年前トミーフェブラリーのイメージキャラだったし。
      • リトルツインスター(キキララの正式名称)は2011年、シャボン玉石けんから限定パッケージ&キャラクター型押し石けんに登場。同じ頃全盛期だったパティ&ジミーとともに復活しつつある。
    • マシュマロみたいなふわふw…ブランド名長いよ!
      • かわいいと思うのだが、意外と普及しませんな。
      • 眉毛が気に食わない人が結構いるらしい。
  5. 自分の好きなキャラより先輩のキャラは姉さんと呼ばなければならない。
    • マイメロファンは、キティのことをキティ姉さんと呼ぶ
      • アニメ版のファンに限っては「キティ御大」あるいは単に「御大」と呼んだりもする。
        • ちなみにマイメロ自身は「通称様」と呼ぶ。
  6. 男性の隠れファンも結構いたりする。
    • 逃げも隠れもしない堂々とした男性ファンもいる。
    • おばさんのファンもいる。中学時代の担任がそれで、音楽教師だったのだが、音楽室にキティのぬいぐるみだらけ・・・
    • 「Yoshikitty」と言うデビュー当時のYOSHIKIとキティをコラボさせたグッズが出たのでXファンも入ってくるかも。
    • ただしこれのおかげで大きいお友達増殖中。
    • 最近は「SHOW BY ROCK!!」でオタク層をターゲットにしている。
      • 2015年にテレビアニメ化された効果でその年のサンリオキャラクター大賞には作中のバンドが5組(シンガンクリムゾンズ・プラズマジカ・トライクロニカ・クリティクラスタ・徒然なる操り霧幻庵)ノミネートされて4組がベスト10入り、しかもシンガンクリムゾンズはキティやマイメロディなどの人気キャラを抑えて2位につけるという大躍進を遂げた。
  7. キティファン以外の大人ファンは年相応のグッズが少なくて苦労する。
  8. サンリオワールド スマッシュボール!が得意
  9. 真偽のほどはともかく(w
    サンリオ=山梨王(さんりお)だと思う
    • よく聞くよね。何かの番組の企画ででも調べて欲しいのだが。
    • 現在の公式見解はスペイン語で聖なる河を意味する「SanRio」に由来とされ、山梨王は無かった事になっている。
      • 公式コメントにそんな夢のないことは書けない。井沢元彦の「中日ドラゴンズの論理」だな。
  10. 猫キャラ(ハローキティ)よりうさぎキャラ(マイメロディ・マロンクリーム・ウザハナ・シュガーバニーズ.etc)のほうに注目が集まってるような…。
  11. 『ハローキティといっしょ!』を見て、サンリオも萌えキャラ参入かと驚く。
  12. ミッキーマウスマーチを聴くと、サビの部分で「エイチイー・エルエルオー・ケイアイティーティーワイ」と口ずさんでしまう。
  13. 2015年の下半期からはカプコンとのタイアップに力を入れるご様子。
  14. マイメロディと言いジュエルペットと言いSHOW BY ROCK!!と言い、ここのキャラクターのテレビアニメはなかなかカオスな出来になることで有名。
  15. 最近はキティが仕事を選ばないので、次に何とコラボするかが楽しみになりつつある。
  16. コアなSFファンに人気があった「サンリオSF文庫」。今のサンリオファンで、これも追いかけている人はどれだけいるのだろうか?
    • 早川書房や創元社のSFよりハードで前衛的な物ばかりのラインナップは、夢を売る今日のサンリオのイメージとかけ離れている。

今や忘れられたサンリオキャラのファン[編集]

みんなのたあ坊、ハンギョドン、バットばつ丸、けろけろけろっぴなど・・・・

  1. 忘れられたハンギョドンの誕生日を密かに祝う。
    • サンリオ側がイベントを企画していなくても
  2. 「けろっぴ」や「たあ坊」のお皿や茶碗を今でも愛用している。
    • 勿論キーホルダー等も愛用し続けている。
    • ハンカチ等も愛用し続けている。
    • 当然銀行はたくぎん。(通帳やカードにたあ坊がでていた。)だったけど崩壊。
      • 今でもそのキャッシュカードが使えるのでたくぎんを受け継いだ北洋銀行には感謝している。
        • ちなみにその北洋銀行もサンリオがデザインしたキャラクターを起用していた事がある(ダッカドゥー)。
  3. 90年代はずっとサンリオグッズを買い漁っていた。
    • もう一度90年代に戻りたいと思っている。
  4. そもそもけろっぴは今でも認知度の高いキャラクターだと信じている。
    • 最近復活したのは嬉しいけど、デフォルメされてデザインが何か受け入れられない。
  5. 90年代後半以降に登場したサンリオキャラには全く興味がない。
  6. Windows Liveメッセンジャーを使っている時に、みんなのたあ坊に出くわしてどこか懐かしさを感じた。
  7. ポチャッコを忘れないで・・・
    • 八千代銀行のキャラクターとしてバリバリ働いています。
      • ガールフレンドのポチャミまで登場しましたよ。
      • 八千代銀行が東京都民銀行と経営統合へ。ポチャッコ、失業の危機か。
      • 2016年8月、ついにリストラされる。東京TYFG傘下に入るに伴い、同グループの共通キャラとはいえ、なんと同じサンリオのキキララに取って代わられるという屈辱。
    • 実はサンリオキャラクター大賞で頭を取った回数は5回で、キティ(14回)に次いで2位の実力者。
      • ちなみにマイメロは3回で3位。キキララは意外に取ったことがない。
  8. ばつ丸の名が挙がっていますが、2008年現在、テレビ出演中です。
    • 2006年に広島市で行われた世界バスケのマスコットキャラクターに起用された時は喜んだ。
  9. けろけろけろっぴを「げろげろげろっぴ」と揶揄したり、岐阜県の温泉街のキャラにされたら腹立つ。
  10. 紅玉りんこの人気は同じアニメの二期の桜あかりに駆逐された。というかみんなまだ覚えている?
  11. タキシードサムは、有りそうでなかなか無かったペンギンのキャラクターだが、今一人気が出なかった。
  12. しかし、毎年次から次へと新しいキャラクターを登場させるが、忘れられるのも実に多い。使い捨てにするところなど、サンリオって結構ブラック企業かも。
    • まあ、芸能界も似たり寄ったりだが。
    • 毎年行われるサンリオキャラクター大賞では、忘却キャラもエントリーされているので、クビになったわけではないようだ。
  13. うさぎキャラの中では、キティフレンドのキャシーは隠れた人気があったのに、プルーナの横やりで黒歴史にされたのが残念でならない。
    • マイメロディやマロンクリームみたいに目立たず、ジュエルペットのように大友に媚びるわけでもないが、気になる存在だった。
    • サンリオはパクリを認めていないものの、自主規制して公式HPからは姿を消し、グッズも販売されなくなった。
    • メイプルタウン物語の主人公のウサギも、企画当初はキャシーという名前だった。結局「パティ」に改名されたが、サンリオへの配慮だろうか?
  14. エディ&マフィーは、パティ&ジミーの後釜として売り出したが、結局パティ&ジミーが復活して、消えたのが惜しまれる。
  15. ポムポムプリンは、ほのぼの系でいいねえ、という話題で、相手が「そうね、私も大好き」というので盛り上がりかけたが、なんか話がちぐはぐになる。

キャラクター別[編集]

ぐでたま[編集]

  1. 平日朝に見るニュース番組はTBSの「あさチャン!」一択。
    • 中にはそのアニメコーナーを見たいだけでチャンネルを合わせようという人も。

ジュエルペット[編集]

ジュエルペットファン

シナモロール[編集]

  1. 一度はうさぎキャラだと思った事がある。しかし、実際は犬キャラだと知るとビックリ。
    • 看板犬のシナモンの性別は女の子と思いきや本当は男の子で驚くケースも。
  2. 今は連載終了しているが、学年誌の漫画版も所持。たとえ中古品でも。
    • その漫画で最初シナモンは上手く飛べなかった事も知っている。
  3. サンリオキャラの人気キャラクターの一つなのにグッズが少ないなどの扱いの酷さは不満。
  4. 映画は黒歴史にしたい。
    • 登場人物の怖がる表現などもあり、子供向けの映画しては向いていないと思っている。
  5. 2015年に起きたツイッターの心なしリプライ事件は許せない。
    • これを気に「みんな仲良く」が合言葉になったような気がする。
  6. 2017年のキャラクター大賞で満を持して1位となり歓喜。

ポムポムプリン[編集]

  1. サンリオキャラクター大賞で初登場ながらも一位を獲得した事を知っている。
  2. 同じサンリオ犬キャラのシナモロールをライバル視している。
  3. ディ●ニーに例えたら黄色い熊のぬいぐるみか?

リルリルフェアリル[編集]

  1. 彼らとは不仲。
    • 理由はこれに枠を取られたから。
    • 彼らも。



関連記事