衆議院議員総選挙前後の政党・選挙関連の投稿・速報はお控えください。
カザハナ氏の管理者信任投票が行われています(~11/3)

シャンパーニュ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
Googleで「シャンパーニュ」を検索
イギリス 北海 オランダ

フランス NPC ベルギー ルクセン
BR BN HN PI CA LO AL

西
PL CE ÎF BO FC スイス
PC LI AU RA イタリア
AQ MP LR PACA モナコ
バスク   アン   地中海
スペイン CO

ご当地の噂 - 世界ヨーロッパ西欧フランスシャンパーニュ


シャンパーニュ=アルデンヌ地域圏[編集]

  1. フランス北東部の地域圏。近くにパリベルギーなどの大消費地帯が控えており、物流面でも有利な地域でもある。
  2. 古くから農耕が盛んで大穀倉地帯である。この地域はなだらかな丘陵地であり、気候も温暖なため農耕には適していた。
    • ただし農業以外の産業が振るわないため、経済的に潤っている割には失業率が高い。
  3. フランス人に言わせれば、フランス人の中でも人間性に問題がありそうなのはここいら東北部の人々だそうだ。
    • ひねくれ者、排他的である、言動がいちいち鼻に付くとのこと。

シャンパーニュ地方の噂[編集]

  1. 名前のとおり、シャンパンの産地。
    • シャンパーニュ=平原って意味らしい。
  2. でっかい塔があって、てっぺんに盗賊が住んでいる。
  3. TGVが試験走行で、ロレーヌとの州境に近いマルヌ県エクレーレで574.8kmを出した。

アルデンヌ地方の噂[編集]

  1. フランス北部アルデンヌ県からベルギー南部のリュクサンブール、ナミュール、リエージュ各州、ルクセンブルクにかけての地域。
    • アルデンヌ高地と呼ばれる丘陵地で、そのほとんどが森林地帯である。
    • ローマ時代、ケルト神話の森の女神「アルデュイナ」にちなみ「アルドゥエンナの森」と呼ばれたのが由来。
  2. フランスとドイツの間に位置するため、過去より両国とも軍事的重要拠点としてきた。
    • 森林や湿地が自然の要塞となり、歩兵・騎馬による前近代的な侵攻は不可能だったため、大規模な戦場となることはなかった。
    • が、第二次世界大戦中、連合軍はドイツ軍にこの地域を2度破られている。
      • この自然の要塞を過信し、この地域の対ドイツの要塞構築を怠った。戦車はいとも簡単にこの森の突破し、フランスは惨敗。
      • さらに大戦終盤、弱体化したドイツ軍に反撃の余力は残ってないだろうと油断。脆弱な部隊しか配置せず、2度目の突破を許す。

町の噂[編集]

ランス[編集]

  1. シャンパーニュ地方最大の都市であり、シャンパン醸造の一大中心地。
    • とはいえ、人口約20万程度。
  2. ノートルダム大聖堂や凱旋門があるが、一番有名なやつじゃない。
  3. 歴代フランス国王はランスの大聖堂で戴冠式を行うのが、フランス建国以来の伝統。
  4. 人口18万人でシャンパーニュ=アルデンヌ地域圏最大の都市だが、首府どころか県庁所在地でもない。
  5. パリから130km。(東京水戸ぐらい?)大都市が中途半端に近いといろいろ不便らしい。
    • 全列車パリを通るので、どこに行くにもわざわざパリ経由。
    • コンサートツアーもやってこない。見たきゃパリまで来れば?ってこと。
  6. マジ鬼畜。

エペルネ[編集]

  1. 50社以上のシャンパン・メーカーがある。
  2. 地下都市が存在する。
    • 市内にあるワインメーカー各社のワインを貯蔵しておくために掘られた地下トンネルが、縦横無尽につながり地下街のようになっている。
  3. 人口2万6千人ながら、住民一人当たりの収入がフランスで最も高い裕福な街であるらしい。



関連記事