衆議院議員総選挙前後の政党・選挙関連の投稿・速報はお控えください。
カザハナ氏の管理者信任投票が行われています(~11/3)

シンガポール航空

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

シンガポール航空の噂[編集]

シンガポール航空が誇る超巨大旅客機A380-800
酷航スクートもよろしく
  1. もとはマレーシア航空と一緒にマレーシア・シンガポール航空を形成していたが、国の分割と一緒に会社も分割された。
  2. 民族衣装、サロンケバヤをまとったクルーが特に有名。
    • クルーの国籍がわからず、英語で喋っていたらシンガポールの入国カードを貰えなかった。
      • 俺はバンコク→シンガポール線で中国人団体に囲まれ、クルーには中国語で話しかけられた…
    • 「ボールペン貸して」とお願いすると、胸の谷間から取り出すのがなんとも…
  3. A380-800を世界で初めて導入。
    • 早速トイレの真空装置がぶっ壊れており、ボタンを押さずともウンコをした瞬間に吸い込まれるようになっていたw
    • その機内には、スイートクラスという個室になった超豪華な座席がある。一般人なら、マイレージファンのようにマイルをためまくらないととても乗れる金額ではない。
  4. 機内サービスは世界のトップクラス。
  5. アメリカ行きでは、往復で経路が太平洋・大西洋周りと違うものがあったり。
    • 東南アジア系のキャリアで唯一アメリカ便を、それも複数都市へ運行中。
  6. その壮大な路線網ゆえ、単独で世界一周航空券を設定している貴重な会社に。
  7. ヒラのCAは30歳で定年である。
    • 男性は30歳ですが、女性は26歳で定年だと伺いましたが・・・。可愛そうですね。
  8. 太ったスチュワーデスは解雇される。
    • 入社して制服を作るときに30か所ぐらい採寸し、カラダにパツンパツンのものが支給される。
      • その制服を、太って着られなくなったら解雇。
  9. シンガポール航空はヴァージン・アトランティック航空とサービス世界一を毎年争っている。
  10. 台北で滑走路誤進入事故を起こした時は、機体が炎上しているのに、乗務員が一番先に逃げ出しましたとさ。
  11. 日本国内の地方空港(広島、鹿児島、那覇など)に飛ばしまくっていた時期がある。
  12. 機内では、英語のみが記載されており、化粧室のなかでは上から英語、中国語(簡体字)、日本語、朝鮮語が記載されている。
    • マレー語、タミル語は無視。自国の公用語なのに…。
  13. 夏季(7月)の機内食は、スパゲッティーか鰻のどちらかを選べる嬉しいサービスがある。
  14. ほとんどの男性はその安全性や機齢の若さよりも、薄くて体の線が出る制服や、その制服の恩恵により通路ですれ違うときにぷりんとおしりが触れ合ったりするCAのみなさんの事を気に入っている。
    • 制服をデザインしたのはフランス人デザイナー、ピエール・バルマン氏。
    • シンガ航空のCAの制服はデコルテ(鎖骨)フェチ向き。胸元フェチはマレーシア航空のCA制服をどうぞ(笑)。

スクートの噂[編集]

  1. 昨今のLCCブームに乗ってシンガポール航空が設立。
  2. エアバスを導入する他社が多いなか珍しくトリプルセブンを使用。
    • シンガポール航空のお下がりなので…
    • その後、自社でB787を入れてB777を駆逐。
  3. 中華圏の当て字が酷い
    • ”酷”は、中国語で「かっこいい(Cool)」の音訳。
      • なので、「冷酷」と言うのは一文字目がCoolの意訳で、二文字目が音訳となる(つまり「イケてる」の意)ので日本人は勘違いしないようにw



関連記事