スポーツ報知

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 読売新聞系のスポーツ新聞。
  2. 巨人の機関紙と言われるが、サッカーなどの他スポーツの取材にも力を入れている。
    • でもガセが多い。よって「スポーツ放置」と揶揄される。
    • 東スポのガセは笑って許せるが、ここはそうもいかない。
      • 報知は東スポより信憑性がないとの声も。
    • 報知以外で同じ記事が見当たらなかったらほぼガセ。(巨人関係除く)
      • 「それ、どの新聞載ってた?報知?それじゃガセだな」って感じ。
    • 他紙(特にニッカン)と180度異なる記事が書かれることもある。
    • スポニチ毎日系)も日刊(朝日系)もアンチ巨人傾向なので、なおさらこの新聞は映える。
    • しかし、マリーンズ絡みで2012年に監督が西なんとか→伊東勤をいち早くスクープした実績があるので一部マリーンズファンが注目している可能性も否めない。
  3. 滋賀報知新聞との関係はない。
    • ゴム報知新聞との関係もない。
    • 郵便報知新聞とは関係・・・あるといわれている。
  4. 関西では、阪神ファンを公言する飲食店はこの新聞を置いていない
    • 逆に、コレしか置いてなかったら巨人ファン確定。ウチの近所のそば屋がそうだ。バランスを取る為?にわざわざ置いてる店もあるけど。
      • 両方置いてる店は、野球に興味がないか、両方の客層に配慮しているかのどちらかということか。
    • 同じく名古屋でも、中日スポーツと一緒にスポーツニッポン(阪神系)、スポーツ報知を置く店は結構ある。
  5. 北海道のSTVとは犬猿の仲。あっちは基本的に日刊スポーツを使用。
    • スポーツ報知どころか、読売新聞とも犬猿の仲。
      • もともと、STVの親会社の(現在は廃刊)北海タイムス社の中に日刊スポーツが入っていて、そこで印刷もしていた(現在は別な場所に移転)関係があるため。
        • ただし、夕方の人気番組「どさんこワイド」にかつて、スポーツ報知の北海道支社長がレギュラー出演していたこともあった。
        • しかしその後、日刊やスポニチ、道新スポーツに押されたままで北海道支社は北海道総局に格下げになった。
    • むしろ、在札局では読売と仲の良いHTBとのほうが仲が良い。
      • uhbとの関係もスポニチや道新スポーツには及ばないが、日刊スポーツよりは良好。
  6. 本名「報知新聞」。
    • 報知新聞は読売新聞の旧称だった。
    • 読売報知
  7. 名古屋など東海3県三重伊賀地方を除く)では読者が少ない割に1部売りが全国で最も安い100円。
    • 読者が少ない割にはどこのコンビニにも置いてある気がする。
  8. 井上ひさしの小説「吉里吉里人」の中で「高慢ちきな新聞」と書かれている。
  9. 朝青龍が、大っ嫌い。記事の一文字一文字に悪意が満ちている。
  10. ビートたけしが出演した「戦場のメリークリスマス」がカンヌ国際映画祭のグランプリ最有力候補とされていたので、発表前日にスポーツ報知の記者がたけしの元を訪れ、「明日の朝刊に間に合わないから、今、喜びの写真を撮らせてほしい」と頼み、たけしはそれを快諾した。だが、グランプリは別の作品がとってしまい、発表当日のスポーツ報知には「たけし ぬか喜び」という見出しが踊っていた。
  11. 韓国語でホーチというと×××の意味であるという。おかげでソウル五輪の時、そっち系の雑誌社か何かと勘違いされて取材に困ったらしい。
  12. 昔(2000年代前半頃)、ニュースサイトでは何故か決まってB'zを「B18EE」と誤植(?)していた。今はさすがにもうないが。

読売ジャイアンツ
巨人ファン(選手別)|アンチ巨人
読売新聞|スポーツ報知|東京ドーム
○○に言いたい:球団に|アンチ巨人に|勝手国:ナベツネ帝国
偽モノ:偽球団|偽選手|偽長嶋茂雄‎|偽ナベツネ|偽星飛雄馬
歴史のif検討委員会(野球)|もしも借箱



関連記事