セブン&アイ・フードシステムズ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

全体の噂[編集]

  1. デニーズ・ジャパン、ファミール、ヨーク物産(ポッポ)の経営統合により2007年9月に誕生していた会社。

デニーズの噂[編集]

最近はセブンイレブンのコーヒーも飲めるようになりました
  1. ここの一員。
    • そこの新しいマークを入れるために看板を下に伸ばす羽目に。
    • かつて最初の看板変更が行われた直後、コンビニと間違えて入店する人が続出し、仕方なく再変更。
    • ここと看板が似ている(あっちが似せたのか?)
  2. 「いらっしゃいませ、デニーズへようこそ」。
    • 以前のデニーズにおいては、上記の御丁寧な挨拶がされると同時に、橙色の暖かなおしぼりが提供されていたが、平成二十年現在のデニーズに於いては、何時の間にかおしぼりの提供が廃止されたようである。
      • 今も挨拶はこのスタイルだが、確かにおしぼりは白い普通のタイプになっていた。
  3. ドリンクバーを設置していない。ほとんどのファミレスで今や当たり前となっているのに。
    • 下手にドリンクバーを設置すると、こういう奴等の溜まり場になるから。
      • その代わり、320円で飲み物の飲み放題という献立があり、同業他社のドリンクバーのように客が自分で飲料水を汲む代わりに、店員が客に直接飲料水を持ってくるという事はしている。
        • ミックスドリンク出来ますか?
        • おかわり出来るのってホットコーヒーだけじゃなかったっけ?それとも期間限定でやってたんだろうか。
      • 「お客様に飲み物を作らせるなんてサービス業の精神に反する」という会社のポリシーらしい。客の状況を常に把握していて、飲み物がなくなりそうになったらすかさずお替りをお持ちするのが「サービス」である、と。
        • そんな拘りが時代の波には勝てなかったのか、はたまた最新鋭のマシンに目が行ったのか、以前は千葉の店舗を中心に展開していたのが徐々に他都県にも広がりつつある。
          • 地元のデニーズがリニューアルでドリンクバーを導入したが、明らかに最新鋭のマシンであることをアピールするかのようなチラシを出していた。絶対向かいのジョナサンへの当てつけだろと思った。
  4. ソファが90度になっている席は、デニーズでしか見かけないような気がする。
  5. 関東地方と東海地方、そして大阪兵庫以外には一切出店していないイトーヨーカドーと同じで、全国展開とか嘘付くんじゃねーぞ。ファミレスで全国展開と名乗って良いのはガストだけであり、それ以外はJAROに訴えられるレベル。
    • 福島山梨長野にもあるよ。
    • 「ドミナント展開」といいます。7&iグループの得意技で、特定地域に集中的に出店することで物流などを効率化して無駄を省ける。ヨーカドーの出店地域が狭かったり、セブン-イレブンに空白県が多かったりするのも同じ理由。
  6. 他店と比べて2人用の席が多い。カップルorお一人様向け?
  7. 2010年、どっかの軽音部を想起させる4人組のイラストがHPに登場し、一部で話題となっていた。
    • その後、本当にコラボした。
    • 消滅した模様。残念。
  8. 札幌に行った時、現地人とスープカレーの話になり「デニーズのは美味いよ」と言ったら、「デニーズってどこにあるの?」と返されカルチャーショックを受けた
  9. 本家はアメリカにあるのだが、中身は日本のデニーズと全く別物であると言ってもいい。
    • ロゴマークの書体も微妙に違うが、「黄色い六角形」という外見に関してだけは一緒。
    • YouTube・Googleの両社が買収のミーティングをしたのは、シリコンバレーのデニーズだったとか。
  10. 1号店はヨーカドーの閉店の道連れになってしまった…。

ファミールの噂[編集]

  1. イトーヨーカドーの中にしかないので、知らない人は全く知らない。
    • 凄い所では同じヨーカドーの敷地内にファミールとデニーズがどっちも出店している。潰しあったりしないんだろうか。
  2. 隣に「芝のらーめん屋さん」なる店がある所もあるが、もともとファミールの別業種展開みたいなものなので母体は同じ。
  3. 正直言って個性や味ではデニーズよりも劣る。ヨーカドー以外に出店する気が無いからそれでいいのかもしれないが、流石にもうちょっと目立ってもいいんじゃないかと。
  4. 2018年3月現在、20店舗を切った。その代わり、閉店後はほぼサイゼリヤに置き換わったりしている。

ポッポの噂[編集]

  1. イトーヨーカドーのフードコートにはたいてい入居している。
  2. ラーメンからたこ焼、フライドポテト、ソフトクリームまでとジャンルが結構広い。
  3. メガポテトのコスパの良さは知る人ぞ知る存在。
    • 同じフードコート内のマクドナルドやロッテリアでハンバーガー類の単品を買い、ここでポテトを買うという客もいる。



関連記事