セブン&アイ・ホールディングス

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. デニーズでは紛らわしいマークに苦情が殺到したから元に戻した。
    • でも最近は見慣れてきた。
  2. PBが結構ある。
    • 作ってる会社を表示しているおかげか、ライバルのトップバリュと肩を並べる勢いに。
    • トップバリュと違ってちゃんとした会社にPBの製造を頼んでいるので、値段の割に質が良くて貧乏人にとってはすっごい助かる。
      • トップバリュと違い製造元が明記されている。
  3. セブンイレブンが大黒柱になった格好に。
    • より大きな子供に育ちました。
      • まさに下剋上。
        • ちなみに本家アメリカのセブンイレブンまで買収するという下克上も果たしている。
  4. イオン同様、HD名が有名になっている例。
    • 店が有名でも持株会社が無名なことが多い中で、かなり稀有な例。
    • あんだけ、ヨーカ堂でもデニーズでも積極的にグループ名をアピールされてはなあ(ヨーカ堂なんか鳩マークを押しのけてるし)
      • 今やセブンだろうとヨーカドーだろうとお構いなしに、CMの最初に必ずと言っていいほど呼称されている。
      • 西武・そごうのCMでセブン&アイのロゴが出てきたときはさすがに違和感持った。
    • ジャスコやサティは「イオン」に改名され、HD名と一緒になったが、ヨーカ堂もいつかは改名されてしまうのだろうか。
  5. カードではもともとJCBなどにノウハウを委託してIYカードを出していたが、クレディセゾンと提携することになった。
  6. 県内に1店舗でもあればガンガンCMを流す。
    • 広島における(福山にしかない)イトーヨーカドー、(5店舗しかなかった頃の)鹿児島におけるセブンイレブンなど。
  7. 奈良そごうはそごうが撤退してイトーヨーカドーに店舗譲渡されたのだが、もしそごうのまま残ったとしても最終的にこのグループに入っていたことになる。
    • しかし、そのイトーヨーカドーですら耐え切れず撤退。今は東京の再生事業会社の運営である「ミ・ナーラ」に変わったので、完全にセブンから離れた(建物は、新耐震基準後の1989年のものなのでそのまま)。

セブン&アイグループの内訳[編集]




関連記事