セルビア

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
投稿規制
現在このページ(もしくは節・カテゴリ)は他者に不快感を与えたりサイト趣旨から逸脱するなどの問題が考えられるため、下記の投稿を規制しています。
この規制に反する投稿は削除や注意または投稿ブロックの対象となりますのでご注意下さい。本件に関するご意見などはトークページへお願いします。
規制する投稿:度が過ぎる政治的・イデオロギー的主張
Googleで「セルビア」を検索

ご当地の噂 - 世界ヨーロッパバルカンセルビア




オーストリア ハンガリー ウクライナ
スロベニア クロアチア セルビア ルーマニア モルドバ
旧ユーゴ
スラビア
ボスニア
モンテネグロ コソボ ブルガリア
アドリア海 アルバニア マケドニア
ギリシャ エーゲ海 トルコ
地中海
  1. 世界で一番新しい国。
    • 名前としては前からあったが。
      • セルビアかサラエボから第一次世界大戦を連想できたらインテリぶれる。
    • セルビアがセルビア・モンテネグロから独立する際、同時にセルビアがセルビア・モンテネグロの継承国家であることを宣言した。
    • コソボ独立を認めたら一番ではなくなる
    • 本当はものすごく歴史のある古い国なんだぜ?
    • 王国だったり、帝国だったり、公国だったり。
  2. 一次大戦中にモンテネグロを占領、その後クロアチアなどを占領してユーゴスラビアを建国。
    • 現在はそれらの地域が独立して元に戻った状態といえる。
  3. いわゆる「ミニ・ロシア
    • セルビアに謝れ!
      • なんで謝らなきゃいかんのだw
    • まあ、母語セルビア語がロシア語と同じスラブ系、キリル文字を使うところ、社会主義時代に多くの共和国から構成されていたところが共通するけどね。
  4. ヴォイヴォディナとコソヴォ自治州の面積が国の面積の半分を占める。
  5. 断固としてコソボを離さないつもりだ。
    • ところが2008年2月17日、コソボ議会が独立宣言。 さてどうなっちゃうやら。
    • 基本的にEU加盟国はコソボ独立に賛成。が、EU加盟国でも少数民族問題を抱えるスペイン、ルーマニアや、台湾独立を警戒する中国、ベトナムなどは承認反対の姿勢を取っているらしい。ちなみにロシアも反対派。
    • 現大統領や国民の大半がロシアを切り捨て、親欧米派な為、「コソボの件でEUと仲悪くなる位ならコソボ捨てた方がよくね?」とちょっぴり思っている。
      • のが事実ならとっくにコソヴォ問題は解決してるはずなんだが・・・
        • でも認めたら首も飛んじゃうし、ヘタしたら命まで…。ぶっちゃけ身動き取れない状態
  6. 男女のプロ・テニス界でブイブイ言わせ中
  7. やっぱり名前の最後は「ビッチ」or「ヴィッチ」だ
    • ストイコビッチは名古屋でプレーし、現在監督に就任中
    • 広島監督のミハイロ・ペトロヴィッチもここ出身。
  8. 周辺国の表記に引きずられて「セルヴィア」などと書かないよう注意。
    • ちなみに、ハンガリー系などの多い北部のボイボジナ自治州は、原音に近い表記は「ヴォイヴォディナ」。
      • ヴォイヴォディナはセルビア系、ハンガリー系、スロバキア系、クロアチア系、ルーマニア系、スロベニア系、ルシン(ウクライナ)系などが共存する、旧ユーゴどころか欧州でも屈指の他民族地域。しかし表だった紛争は起きていない。
    • そういえば、過去にFIFAのページを見た際に、ポルトガル語表記で見たら、SerbiaであるはずがServiaと書かれていた。本当にそう読むのか、単なる誤植なのか、未だに謎。(ついでに言うと、アルジェリア(Algeria)もスペイン語でArgeriaなんだが)
  9. 音楽は、ちょっと中東はいったような音階で、コブシをきかせまくって歌う
  10. 他の旧ユーゴ諸国とガチで仲が悪い
    • モンテネグロとは比較的仲よし
    • 紛争から20年近く経ち、最近は旧6共和国のバスケットボール・リーグなども復活して、徐々に修復しつつある。
  11. ドイツは大嫌い。
    • クロアチアも大嫌い
  12. ドラゴンボールのスポポビッチの出身地?
    • 実際にセルビアなどのスラブ系に『ポポビッチ』という姓がある。グレッグ・ポポヴィッチはセルビア系アメリカ人。
    • JFLの現FC町田ゼルビア監督のランコ・ポポヴィッチも。
  13. セルビア・トゥ・トキヤ
    • 「セルビアを東京へ」ですね。ユーゴ紛争の標語に日本が絡んでいたのを知る人は案外少ないかも。
  14. 第一次世界大戦の連合国。アメリカ・イギリス・フランス・イタリア・ロシア・日本・セルビア。
    • しかしセルビアとロシア以外の国はG7になっている。共産主義は遅れてしまう。
      • G8だとロシアも入るので、セルビアだけ仲間外れに。
  15. 「?」という名前のレストランがある。
  16. 明石康が一番有名な日本人らしい。彼のおかげでセルビアが存続できたのだとか。
  17. 実はギリシャと結構仲が良い。
    • そのため、セルビアでNATOによる空爆が行われた時にはギリシャで大規模な反対運動が起こった。
      • 2004年のアテネオリンピックにまで尾を引き、アメリカ代表の入場でブーイングが起こったらしい。
    • ロシアとギリシャの関係が良いのと同じ。両国とも宗教が正教だからね。
  18. 冷戦時代には、もし東欧諸国がEU(当時はECだが)に加盟するとしたら、最初の加盟国になるだろうと言われていたが、現実は逆。
    セルビア2007年年発行記念切手・欧州評議会議長国就任
    • やはりコソボ問題が立ちはだかっていて、加盟できない。
    • しかし、EUの拡大版ともいえる欧州評議会には加盟していて、議長国の経験もある。
    • ただ、スロベニアクロアチアは加盟しているので、ユーゴスラビア全部が非加盟というわけではない。
  19. ニコラ・テスラの父母はセルビア人。(本人は現在のクロアチアの出)
    • なのでニコラ・テスラ通りやニコラ・テスラ電気高校、ニコラ・テスラ空港などがある。
  20. オーストリア=ハンガリー帝国の皇位継承者夫妻をサラエボで暗殺された事件の犯人はセルビア人だが生まれは現在のボスニア・ヘルツェゴヴィナ。



関連記事