衆議院議員総選挙前後の政党・選挙関連の投稿・速報はお控えください。

タイの芸能

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

タイ芸能

タイの芸能の噂[編集]

  1. タイには殺人事件や交通事故の被害者の写真をあつめた雑誌があって人気がある。
    • TVでもこれと同じ内容の番組があったらしい。それもかなりの人気だったらしい。
      • 死体博物館もあったりする。デートしたらまず破局。
        • シリラート病院のことか。グロ耐性の全くないカップルが行ったら破局どころか一生のトラウマになること必至。
    • アチャヤーカムか?一応週刊誌。持ってると地元人には程度が悪く見られる。顔や傷口とかモザイクがかかってるけど昔はモザイク無し。有名人が殺された場合、それに誌面を多く割り当てる。
  2. 地獄図に人気があって,コンクリートでつくった地獄責め苦の人形がいっぱいあるお寺がある。
  3. デパートの本屋に仏教漫画が売っている。タイ語のゲーム雑誌も売っているが、その扱っているゲームは日本と英語圏でしか売られていない任天堂のものだったりする…(タイ語での発売が無くても根性で遊んでいるのだろうか)
    • 最近ギャルゲーも作り始めた。「意外とクオリティーが高い」と日本人のヲタの一部で話題に
      • そもそもタイの絵描きや漫画はそこそこレベルが高い。文化のるつぼバンコクの底力恐るべし。
  4. タタ・ヤン(Tata young)は国民的歌姫。タイ人とアメリカ人とのハーフで、2001年には米誌「TIME」の表紙も飾った。
    • しかし前のレコード会社にいたころの曲でしかコンサートが盛り上がらない。既に完全に過去の人となった。
  5. 日本の芸能人が若い女性に人気。「タキザワクン」「アイバクン」等の言葉が日常会話で出るほど。
    • 一方、タイの兄弟ユニット「GyM」が日本で活動開始。若い女性にファン層拡大中。韓流や華流からタイ流へシフトしよう!!!!
  6. 都市部の流行の移り変わりが日本以上に早い。爆発的ヒットを飛ばしてもたった1枚のアルバムだけでフェードアウトするスターも多い。
  7. タイ人から忘れられても、なぜか、日本人オヤジに支持され続けるスターもいる。その理由は、カラオケで曲を入れてない時に流れるPVらしい。
  8. 一休さんが大好き。もう数十回再放送されている。
    • 若者(20代以下)には「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」が人気。
      • タイでのしんちゃんの中の人は、年齢・言動がしんのすけそのものである。
    • 「一休さん」は「中世日本に実在した高僧の若い頃の逸話集」ていう認識。元々敬虔な仏教国なので、頭の良いお坊さんが知恵で難問を解決していく様はタイ国民にとっても受け入れられやすい。
    • タイでは「ネーン・ノーイ・ジャオ・パンヤー」(知恵を持った小坊主さん)と呼ばれる。
  9. お坊さんのブロマイドが売られている。
  10. 誰が仕掛けたのかアキバやオタク文化を持ち込み気味。日本語で下世話なセリフをつぶやく曲で売り出した媚び媚びファッションのneko jump、サイアムスクエアのメイド喫茶"AKIBA"がその代表。かと思ったら半年経過したあたりで急速に話題に上らなくなった。このへんの熱しやすく冷めやすい感覚もタイ。
    • 日本のメイド喫茶店で、一生懸命売り込んでる会社がある。アソークの一等地に店出したりしてやっていけるのか?
  11. 人気があるアイドルや芸能人だいたいハーフらしい。
    • 一瞬ニューハーフかと思わせておいて実はハーフブラッド。と思わせてニューハーフも混じってる。
  12. 表現の古さやアナクロさ、キツさはあるけれどバラエティ番組やCMの構成に優れてる物が多い上に面白い。
  13. やたらと日本語をCMや広告で見かける様になった。
  14. 実はロックやポップスよりもルークトゥン(タイ式演歌)の人気が高い。日本の演歌もタイ語で何曲かカバーされている。
    • 渥美二郎の名曲『夢追い酒』のタイ語バージョンを最初に聴いたときにはさすがにたまげた(ちなみに向こうでのタイトルは『ラックチャナン・プートゥー』)。
    • 千昌夫の名曲『北国の春』のカバー曲も存在。しかしあんな暑い国で「北国」って・・・。
  15. Neko Jump(猫ジャンプ?)という双子の女の子デュオがかわいい。日本の高校生の制服みたいなのを着て歌ってるPVとかもあった。Youtubeでも人気がある様子。
    • どうせあと2年もすれば路線変更に失敗してFour+Modみたいになるよ・・・。
  16. まさかの萌えアニメ進出には誰もが面食らった。
  17. AKB48で知られる秋元グループがタイにBKK48を結成しようとしたところ、既にエッチなマッサージ店がBKK48として出店していたため、このプロジェクトは暗礁に乗り上げている。



関連記事