ダイヤモンド

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 世界一硬いらしい。
    • でも、割と簡単に割れるとか。
      • ちょっとした角度からカツッ!っとやるとスパッ!と割れる。
      • ゴルゴ13は遠距離からの狙撃でダイヤモンドを砕いたことがある。
      • 他の物にこすったら、傷ができるということ。
    • もっと硬い物質が実在する可能性もあるらしい。
  2. きれい。
  3. 売れない大きさのものは、工業用にされる。
    • 資産価値を求めようとするなら小豆大ぐらいないとダメだぞ。
    • 硬度が高いので工具の刃先には最適のように思えるが、を初めとする何種類かの金属を削るとすぐに消耗してしまう。
  4. 石炭とは割りと近いらしい。
    • 可燃物。
    • 炭代わりにダイアモンドで松茸を焼いて食べた猛者がいるらしい。
    • フランツ1世(マリア・テレジアの夫)はダイヤモンドを熱でくっつけようとして燃やしてしまったという記録がある。
  5. あぁ(いま)わたしをうごーかーすーのーは♪
  6. 野球場に行くと、とても大きい物が見られる。
  7. 誕生石としては4月。
  8. 冬に寒い地方で「ゴミ」を後ろに付けたものが見られる。
  9. 硬いとともに熱伝導率がとても高いらしい。何かの科学番組で、合成したダイヤモンドの板(だったか針だったか)をすいっと氷に突き刺すところを見た覚えがあります(うろ覚え)
  10. 大也くんや大矢くんは、DQNネームと言うほどではない。
  11. 横浜西口地下街
  12. ノンジャンルばかり投げる人の称号。
  13. ルーシーが空を飛ぶのに必要なもの。
  14. 経済雑誌
  15. ゲームをしようとするとだいたい駒を紛失している。
  16. 永遠にG1を取れないと言われている冠名を付けられてた中でジンクスを打ち破った馬。
  17. アフリカでよく取れるイメージがあるが最大の産出国はロシア。
  18. 本物は油性ペンの筆跡が残るが偽物は残らない。
    • 表面を顕微鏡で見ても真贋を見分けられるらしい。
  19. 呪いがかけられたとされるものもある。
    • ただし実態は伝説として語られるほどではない。
    • 桃鉄シリーズにも呪いのダイヤが登場したことがある。
      • 携帯版の「WORLD」で南アフリカのダイヤ鉱山を持っているとかなりの確率で手に入り毎月損害が出る。
  20. 近年では紛争を支える資金源にもなっている。
    • リベリアやシエラレオネが代表的な例。
    • それ以前にもアパルトヘイト時代の南アで某英国系大手宝石会社が囚人を働かせていたなど黒い話がある。
    • それを嫌って人工ダイヤは「道徳的」という意見もある。
  21. ほぼ炭素でできているため金よりはるかに短期間かつ簡単に人工的に合成された。
    • 最初に成功したときはダイヤモンド業界の株が暴落したが、当時は天然物とすぐ見分けがつけられるとしてすぐに戻った。
      • 最近は天然とそん色ない品質のものも出回るようになった。
    • 戦前から成功したという主張されているが公式に成功したのは第二次大戦後。
      • 実験に嫌気がさした助手が終わらせるためにに天然ものを混ぜたという説があるらしい。

その他のダイヤ[編集]

関連項目[編集]




関連記事