チーズ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 材料は、山羊などので様々。
    • モッツァレラは水牛。
      • イタリアと水牛なんてちょっと異色な組み合わせだと思う。
      • というか本当に水牛の乳で作っているのか怪しい。
  2. わりと固いのや、薄っぺらいのや、粉々にされたものなど売られ方も様々。
    • 噛めないほど硬い品種もある。かつお節のように削って使う。
  3. ヨーロッパでは、製法(というか発酵のさせ方(?))も様々。
    • ここもご参照下さい。
  4. アメリカでは…
    • アニメで、ネズミとセットで登場。
      • アニメはアメリカ製だが、あのチーズはスイスのエメンタール。
      • ちなみにネズミはチーズは好んで食べないらしい。
    • は、これでできているとされている。
      • 表面のデコボコさが、チーズのポツポツ穴を想起。
      • 転じて、ありえないことを意味する英語の比喩。「お月様がチーズになるようなものだ」
        • 他言語(例えばロシア語)の全く別のものを用いた比喩が、英訳されるとこれに置き換えられるそうだ。
  5. 写真を撮るときの合い言葉。
    • 「ズ」まで、言わないように。
      • 「ズ」まで言うと口がすぼんでしまうため。イ段で止めるのが笑顔のポイント。
        • キス顔になるため、TPOによっては構わんと思います。
      • そのため、最近では「1たす1は、『にー』」に取って代わられている。
    • ちなみに韓国では「はい、キムチ」と言う。
    • 中国人は「チャイ・ニー・ズ」と言う。
  6. 声:山寺宏一氏。
    • 毎回アフレコに参加してるんだろうか?
  7. とろけるチーズと普通のチーズは製法が違う。
    • 溶けないチーズはいくらオーブンで熱しても溶けない。
  8. モンティパイソンでチーズの名前がやたら出てくるコントがある。
  9. ・・・チーフだ!!
  10. 配管工にとっては乳製品ではなくT字型継ぎ手の意味。
  11. の好物=というイメージがあるが、研究の結果チーズが好物の最上位に来るらしい。
    • 塩分濃度など動物の身体に悪影響を及ぼす可能性もあるので、与える場合は注意すること。
  12. 女性にこのニオイがすると言ったら高確率で嫌われる。
  13. チーズケーキの材料。
  14. 牛乳の10倍の栄養があるといわれている。
  15. 6つに割れている。
  16. 2001年頃、これがどこに消えたか探す本がベストセラーになった。
    • パロディー本まで出る騒ぎとなった。



関連記事