トロント

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
Googleで「トロント」を検索

ご当地の噂 - 世界北アメリカカナダオンタリオトロント

  1. カナダ最大の都市。オンタリオ州にある。経済の中心地の地位をモントリオールと争う。
  2. 英語圏の中心都市。
    • 現在の中学生の英語教科書(NEW HORIZON)の舞台もここ。
  3. トロント市民の8割は、トロントがカナダ連邦の首都だと思っている。
    • 市役所前の大池、冬場は整氷車も走る大スケートリンク。(只)
  4. 最近は中華系が増加中。アジアで流行したSARS(新型肺炎)がここでも発生した。
    • 実は最近ではない。1850年からカナダの一番中華系人口多いところだ。
    • こんな感じでアジア系の人間が全然珍しくないので、旅行者でも普通に英語で話しかけられる。
  5. トロント市内の駐禁標識は「但し〜を除く」が多くて、結局停めて良いのか良くないのか判断できない。
    • 隣同士の標識が明らかに矛盾していることもある。
    • 都会では、家の敷地が狭く駐車場が確保できない場合、「家の前の車道に路上駐車できる権利」が付いてくる場合がある。
  6. トロント市内はよく映画の「ニューヨークのシーン」撮影に使われる。
    • で、何気にニューヨークが近い。列車を使っても7時間半で行ける。
  7. 映画「バイオハザード2 アポカリプス」の舞台、ラクーンシティはトロントそのまま。
    • しかも悪のアンブレラコーポレーションビルがトロント市役所。
    • 「ノーバディー」メル君、ゲスト出演?
  8. トロントのショービズは、ブロードウェイに次いで世界2位らしい。
  9. トロントには、街娼の通りが二つ有って、一つは娼婦、一つは男娼と、テリトリーが分かれているらしい。
    • ゲイの街がある。夜中にゲイ向けのテレクラ?のCMをやってた。
  10. Yonge St.は、世界一長いストリートらしい。
  11. 中華街はともかく、韓国人街、インド人街、イタリア人街、ポルトガル人街、果てはギリシャ人街まである。
    • 移民系の人口がマイアミに次いで世界第二位。人種の多さでは世界一の都市(マイアミは黒人系が多い)。
  12. Jane/Finchエリアは治安の悪さで有名。黒人のギャングがのさばっている。
  13. ハーレクイン・ロマンスなどのロマンス小説などで有名なハーレクイン・エンタープライゼスの本社所在地。
    • なお、Harlequinとは道化師の1種(市松模様の服を着ている)。
    • 道化師…なんかイメージ違うな(笑)
  14. とりあえず、色んな面で札幌に似てる気がする。まさか北米で路面電車に乗るとは思わなかった。
  15. カナダに本拠地を置く唯一のメジャーリーグ、ブルージェイズはここが地元。
    • NBA唯一のカナダに本拠地を置くチーム、ラプターズの地元もここ。
    • NHLの人気No.1チーム、メイプルリーフスの本拠地もここ。
  16. 部屋の窓を開けていると、リスが入ってきたりする。スズメのような感じで普通にあちこちいたりする。
  17. CNタワーは最早一番の高さを誇る建造物ではなくなった。
    • ここのブルジュ・ドバイに抜かれた。地震の多い極東の島国にも抜かれる。
    • ビルではないので窓も展望台にしかなく、ライトアップも大してされないので、闇夜にそびえる姿が非常に不気味。
    • 342mに位置する展望台にガラスで出来た床がある。怖さは東京タワーのそれの比ではない。



関連記事

スポンサーリンク