トーク:パリ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

 行ってないが、初めて行った時に虜になった。不思議に人を(僕だけじゃないとは思うんだけど)惹きつける力を持っている。変に媚びないんだけど、決してよそよそしいわけじゃないのだ。

 電車(TGV)の中である若い女性が携帯で恋人とトラブっている様子で泣き出した。それを見た側のおばさんが彼女の肩を抱きなぐさめ話しかけていた。まるで母親のように。またパリの街中では乞食のような男性に近所のおばさんが親しく話しかけていた。どちらも日本では昨今ほとんど見る事の出来ない風景だろう。

 パリは街中が世界遺産のようなものなのに平気でそこがカフェになったり、アパートになったりして生活の中に溶け込んでいる。きっと古くて不便な事も多いはずなのに、自分たちが文化を守っているというプライドがあるんだろうね。そして何よりもパリが大好きなんだと思う。




関連記事