新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

トーク:ベタな憧れのお姉さまキャラの法則

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

憧れてる側の多寡について[編集]

  • 今更なんですが、憧れてる側は周囲の人に限らず大多数(校内のほとんどの生徒等)なのか、一部の近しい人なんでしょうか。
    • 極論すれば歩けば誰もが振り返るようなあまねく人気を集めてる人なのか、単に主人公もしくはそれに近い一部の存在が好感を持っているだけの人か、ということなんですけど。
      • つまり小笠原祥子、十条紫苑、花園静馬のようなタイプに対し、伊佐坂浮江、朝比奈みくるが同類かと言われれば、何か違和感があると思い始めたもので。
    • 同じ好意でも、幅広い人たちからの憧憬の的と、狭い範囲での親しみやすさでは、意味に差があるかなと。
      • もちろん同居してるならそれでいいんですが、法則の要旨としてまずは前者ありきかなと個人的に思っております。--文化人類学研究所所長Eric 2010年7月13日 (火) 10:12 (JST)
    • そうなると麻生華澄、有馬亜由美、あと佐藤刑事とかも結構怪しいですね。法則も含め、節分けなどでなんとか上手く対応できればいいのですが。尚、ミユキさんについては「『トリニティ』のメンバーであり、ラブたちのみならず不特定多数の人からも憧れられているのでは」という意味を含んでおります。--御蒲田弓之助 2010年7月13日 (火) 11:35 (JST)
  • 仲良くなって親しみやすくなることはあるとしても、やはり近しい人以外にも憧れられる存在か否か、そこで法則が分けられるべきかなと、漠然と思ってます。
    • ミユキさんは仮にも人気アイドル(同時に同級生の姉でもありますが)ですから、たまたま主人公(ラブ)視点で近しいだけで、幅広く憧れられてる存在だと思います。
      • さわちゃん先生は校内(軽音部以外)では優しくて美人な憧れの先生扱いですので、まあありかなと。華澄さんもそれと同類項かなとは思います。
    • となると、なんとなく境界線が見えてはきますね。実際にはよく知らないキャラも多いので、厳密なタイプ分けは難しいんですけど。
      • 逆に分けることが難しい場合は、ベタな例じゃないという評価もできますが。--文化人類学研究所所長Eric 2010年7月13日 (火) 11:51 (JST)
  • わたしが判断できた範囲でキャラを整理しました。
    • 本編を知らず、軽く調べた限りでどんな人かわからなかったキャラは未分類としていますので、適宜調整をお願いします。--文化人類学研究所所長Eric 2010年7月24日 (土) 14:49 (JST)
  • これまでの意見を見る限り、「秋山澪」(けいおん!)は該当しなさそうですね。桜高内にファンクラブがあって多くの生徒から崇拝されている描写は何度か出てきてますが、中野梓ら後輩のみならず同学年やその上の学年からも崇拝されているとなると「お姉さま」とは言えないかと。--Ara 2010年10月27日 (水) 01:22 (JST)
    • 上記のように発言しましたが、迷った結果「あこがれのお姉様」の例としてのせてみることにしました。--Ara 2010年11月2日 (火) 15:50 (JST)

幼なじみがらみの議論[編集]

  1. 主人公と幼馴染みの人物多し。昔からの顔馴染み。
    • 近所の綺麗なお姉さんで、幼き日の憧れの対象。
  • そういうのはレアと言うか、幼なじみとは呼べないと思う。たとえ麻生華澄、伊佐坂うきえだとしても。
    • 幼なじみは生活に密着した同年代の身近な存在で、憧れの人は本来手の届かない位置にいる人だと思う。
    • ときメモ2なら光が幼なじみの地位を独占してるわけで、麻生華澄はあくまで「幼い頃の近所の優しいお姉さん」でしかない。
    • 直しときました。
  • うーん、でもよくよく考えるとやっぱり違うと思います。例えば高校とかに編入して、今までに見たことも無いほど、カリスマ性や魅力を持った女性に出会ってこそ、「ベタな憧れのお姉さま」なんじゃないかなぁと。
    • 幼少期の年上の女性に対する憧れって、母性への甘えとか、恋愛感情と言うより家族愛に近いと思うし。
    • それから麻生華澄とは7年くらい会ってなかったから、やはり高校入学後に改めて出会ったような相手かと。想定されてるキャラが他の人なら話は違いますが、サンプルキャラの中ではわたしが知る限り、この人しか思いつかなかったもので。
  • 法則05に、実は小さい頃に会ったことがある、とぶら下げる程度が関の山かと思います。



関連記事