ドイツvs○○

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. フランスに共鳴し、反米に傾きかけている。共に中国と親交を進めている。
    • 最近はそうでもない。現首相のメルケル氏は親日・親米傾向。
      • そんなホラ言ってる奴、誰だ? メルケルはプーチン萌え~じゃんか。
        • エネルギー面でロシアに頼りまくりだからな。
      • っつーか、ロシアと仲良くすると中国とは仲悪くなるぞ?
      • 実はドイツはインドネシアと共に世界で一番親日。
    • イギリスとの仲もあまり芳しくない。
      • それはプロイセン以来の伝統
        • プロイセン以来の伝統ってのは、むしろ反フランスじゃないか?(どっちかというと、フランスが反ドイツって感じもするが)。
          • 英独は欧州で戦争が起こるたびに喧嘩しているが互いにそれほど悪いイメージはないらしい。寧ろ両者にとっては仏のイメージの方が良くないようだ。
          • つまり仏は親中で、独は親露ってこと?
    • ドイツは中国との関係重視[1]
      • というのはシュレーダー前政権下のドイツが欧州連合(EU)による対中武器禁輸の解禁を唱えたり人権問題でも対中批判を避けたりするなど、巨大市場を意識して中国を特別扱いしたから。
    • いずれにせよ本音では反米親露。アメリカとは分かり合えない何かがあるのだろう。
  2. ポーランドと歴史問題で対立している。
    • 旧東独の大半とポーランドの大部分は歴史的にゲルマン化とスラヴ化を繰り返したごちゃまぜ地域。
    • どこの国にも歴史問題はあるもんだ。
    • ドイツの源流であるプロイセンがポーランドとロシアの領地になっている。日本で言えば、京都が別の国に支配されているといえば想像できるだろう。
      • ドイツ帝国の源流がプロイセンなのであって、ドイツそのものの源流ではない。神聖ローマ帝国時代までさかのぼるとポーランドとの国境はまさにオーデル・ナイセ線付近となる。
        • だから分捕られたというのなら、鎌倉時代以降の領土である北海道か沖縄辺りとの比較が妥当では。
  3. イタリアに戦争で計2回裏切られた。しかもイタリアはドイツの常任理事国入りに反対。
    • イタリアの参戦を許したドイツも悪い。もっと強いところと手を結ぶべきだったんでは?
      • 当時の日本は世界三大海軍国。でも、アメリカだけは数段格が上だった。
        • 三大海軍国はそうだが、アメリカとイギリスは条約上「パリティー」で量的には同格。アメリカ「だけ」はあり得ない。
          • そーじゃなくてだな……
      • ドイツ様と仲良い国はあったけど使えないところって結構あったからね。
      • つまり、ハンガリーとフィンランドだけをあてにしたほうが有利だったってことですね。
        • ハンガリーもまずい。
          • どーしてー?
      • ヒトラーはイギリスと組みたがっていた。そのために、イギリスの元首相を自分の別荘に招いたり、リッベントロップを駐英大使に任命して工作させようとした。しかし、イギリスは一枚上手でナチスに与しなかった。
        • スペインのフランコも、親ナチ政権でありながらWW2への参戦は頑なに拒否した。「アメリカと戦争したら必ず負ける」というのがその理由。
          • 実際、米西戦争で敗北したから
  4. ドイツは頑固なフランスよりか英語が通じる。まあゲルマン系だからね。
  5. フランスがドイツの常任理事国入りに反対している。
    • まあ元ナチスが世界4位の経済大国になる事なんて気にくわわないだろう。
      • 憎まれっ子世に憚るような国。
    • ドイツ人は「じゃあもっと国連に金出せ」とご立腹。日本と同じ。
    • イタリアも同様。
    • ドイツはアメリカ、イギリス、フランス、ロシアを敵に回したために難しい。
  6. 周辺諸国とは基本的に仲悪い。
    • フランス、オランダ、デンマーク、ポーランド、チェコ、オーストリア、スイスなど、きりがない。
  7. ドイツは基本的に世界有数の親イスラエル国家。イスラエルを全面的に支援また支持。ナチス時代の負い目らしい[2]
    • メルケル首相はイランの核開発計画停止に努力するものであり、ガザのパレスチナ武装勢力によるイスラエルへのロケット弾攻撃は犯罪行為であると明言した。
    • 中国の悪行を欧米が非難し日本は非難しないのと一緒。日本にも負い目がある。
      • 北京オリンピックでは欧米は反中ムードで北京のオリンピックボイコット計画していたが、日本の福田首相は北京オリンピックを支持。
  8. ドイツ人はイスラエル旅行はしにくい
    • いちどなんかの調査でドイツ人が一番嫌いな国がイスラエルと出たような。
    • 実はプロセイン時代のドイツはユダヤ国家の本家だった。
      • プロイセン王国は宗教や民族に無頓着に寛容で、移民を推進していたので、迫害や弾圧をうけた人々が恒常的に流入していた。
  9. ドイツの味方をしてくれるのは日本とイタリアだけでしょう枢軸国つながり的に。
    • インドも割合ドイツに近い。あとタイも枢軸国だ。
    • ドイツ系移民の多いブラジルをはじめ、ラテンアメリカ諸国の多くもドイツとは比較的親密。
  10. ドイツ人が国際結婚する場合、ポーランド人女性とトルコ人男性が一番好まれる結婚相手であるという。
    • よくドイツ人と結婚する気になれるな。ポーランド人女性。



関連記事

スポンサーリンク