ドバイ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ご当地の噂 - 世界アジア西アジアアラブ首長国連邦ドバイ

ドバイの噂[編集]

  1. 今までこのページが無かったことが不思議
  2. 石油が無かったらどうなっていただろう。
    • 現在のドバイは石油収入に頼っていないらしい。
    • リゾート開発のため、ヤシの木のような人工半島を作っている。
    • 石油がなくなった時のこともまったく考えていなさそう。
      • というか、石油がなくなった時のために商業施設を作っている。日本人から見ればバブリー以外の何物でもないが。ちなみに現在のドバイ経済で石油・天然ガスによる収入は全体の6%。
        • 完全なバブル経済。現地の企業は、稼げるときに稼いで、とっとと逃げる構え。安定的な成長を想定するバカはいない。不動産は明らかに、供給が需要を上回っている。
    • 直接石油を扱っていなくても、石油で財を成してる人々の出入りがなくなればやはり苦しくなることには違いない。
    • 今世紀ではナウルという反面教師もいる。もちろん、ああならないように気をつけているだろう。
  3. 今度水中ホテルがオープンするとかしないとか・・・
    • さらに別のホテルでは、冷却機能つきビーチなるものを計画。
    • ハイドロポリス?
  4. 2010完成目指して、アル・ブルジュという200階・1200mの超超高層ビルを計画中。
    • 2009年から工事がストップしており、再開は未定。
    • こちらの名前は「ナキールタワー」となる。
    • 先進国が実用性とか採算性を踏まえ慎重に高さを決めてるのに、中東は石油ウハウハ、儲けた金はとっとと使ってまた儲けるみたいな思考で、ビルの高さ競いは日本でいう『世界一長い焼き鳥』レベルの話である
  5. 中華料理店でビールが欲しいときは、「スペシャル ティー」とオーダーする。ぬるいチンタオビールが急須に入って、湯呑みと出てくる。なぜか腹を壊す。
    • アルコールは、ライセンス付きで売ってくれる隣町の酒屋まで遠出すれば手に入る。
  6. 7つ星ホテル、ブルジュ・アル・アラブはロビーの見学だけでも入場料を取る。
    • 2年くらい前までは、車のナンバープレートにそのホテルのイラストが入っていた。しかし、ホテルのシルエットが十字架に見えるという騒ぎ以来、タブー化している。
      • イスラム教の国に、初めて十字架を持ち込んだと、それはかなりの騒ぎとなった。
        • お陰で、公園の遠路ですら、直交するものを避ける。やたら、曲線が混じるレイアウトで施工者泣かせ。
    • 高度世界一のホテル。
  7. 古い下町は、東洋系の売春婦街で悪名高い。日本人女子が一人歩きすると、必ず間違われる。
    • 治安はすごくいい。
  8. 役所は午後2時で閉まる。オープンは午前7時だが。
  9. 一戸建ての家にメイド2人がスタンダード。マンションの家賃は東京とさほど変わらない。
  10. 横断歩道や信号が極めて少なく、命がけで車道を横断。運転は言うまでもなく荒い。
  11. スターバックスのアラブ語ロゴがお茶目。
  12. 昨今の経済危機で政府系企業の負債が膨らみ、やばくなってきたらしい。
    • 欧米資本引き上げ、7.4兆円の短期負債と悪い話は多い。中東に現代のバベルの塔、砂上の楼閣が聳える可能性が俄かに高まってきた。日本の建設業の打撃も半端ではないだろう。
  13. この人たちにとっては、ワールドカップの開催地。
    • この人たちにとっても七人制ワールドカップの開催地。
      • この人たちにとってもクラブワールドカップ(09,10年)の開催地(UAE全体らしいが)。
  14. 世界最大のテーマパーク「ドバイランド」も建設中。テーマパーク好きにとっては気になる。
    • 第1期=ほんの一部の工事でも、総工費は1兆2000億円。まさに世界最大。
    • ユニバーサルスタジオ、ドリームワークススタジオ、ワーナーブラザーススタジオ、レゴランドなどのおよそディズニー以外の全てのテーマパークに加えて、タイガーウッズプロデュースのゴルフ場、超高級ホテル街、レース場、スタジアム、スキー場、ショッピングモール、ウーマンズワールドなどなど、娯楽と聞いて思いつく全ての要素を詰め込んだ感じ。
    • 2010年度内に1500万人集客を目標としている。大丈夫なのか?
  15. 実は将軍様が興味があるかもしれない
  16. UAEもイスラエルが大嫌いなので、イスラエル人は門前払い。こんなメジャーな都市でさえも行けないイスラエル人は哀れ。
  17. 人工島リゾートがいくつも建設されている。そのうちの一つ「パーム・アイランド」は世界最大の人工島らしい。
    • 衛星写真で捉えられるらしいが、変なタトゥーみたいな形が正直なとこキモい。
  18. 高確率で当たる宝くじが売られている。ただし1枚あたりの価格も高額。
  19. 鼻血がどばドバイ
  20. 石油が出る以前も、東西貿易の中継地点としてそれなりに繁栄していた。
    • アラビアの探険家たちも、この地を拠点に活動していた。。
      ドバイ1969年発行記念切手・アラビアの探険家
  21. GDP自体は実は茨城県程度というのに驚く。

ブルジュ・ハリファの噂[編集]

  • 高さ828m、168階建て。現在世界で最も高いビル。
  1. サムスングループが現代版バベルの塔ことブルジュ・ドバイを建設。
    • 高層ビル現場で働くイラン、パキスタン方面の出稼ぎ人は、目も当てられない労働キャンプで共同生活。全身オレンジ、もしくは黄色のジャンプスーツで、ゼッケン番号で呼ばれる。予算約5億円に1人のペースで死亡事故が発生するが、工事は続く。
  2. ドラゴンボールのカリン塔のようだった。
  3. 経済状況の悪化で「ブルジュ・ヤバイ」とか「バベルの塔ならぬ『バブルの塔』」、おまけに「2000年代の柳京ホテル(平壌)」と言う人まで出てくる始末。
  4. エレベーターが止まったらしい。
    • 友達がエレベーターが止まった日にブルジュハリファに行った。(byドバイ在住)
  5. 「ハリファ」とは、現大統領で実はこっちの首長の名前。いいのかそれで。
    • ハリファさんがビル建設を財政支援し、それの恩返しでビルの名前をそれにしたらしい。
  6. ドバイに住んでる人は、バージュカリファという。(しかもカはカとハの中間の音)


トークに、ドバイに関連する動画があります。



関連記事