ドライブイン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

サービスエリア・パーキングエリア道の駅に該当するものはそちらのページへお願いします。このページには、それらにあてはまらないものをお願いします。ドライブインに該当するのかどうかの判断は緩めでよいものとします。トラックステーションも入れていいものとします。

ドライブイン 目次
北海道 青森
秋田 岩手
山形 宮城

島根 鳥取

福井

新潟 福島
佐賀 福岡 広島 岡山
長野 群馬 栃木
長崎
大分


埼玉
宮崎 愛媛 香川
山梨 東京
鹿児島 高知 徳島 和歌山 愛知 静岡 神奈川
沖縄


全般[編集]

  1. 近年では道の駅の指定を受けてそっちに転向しようとする施設が増えていたりする。
    • ただでさえ道の駅ブームの影響で激減傾向にあるのに、それに拍車をかける結果となっているこの惨状。
  2. 道の駅が観光客志向なのに対し、こっちは職業ドライバー向けのロードサイド施設として生き残ろうとする事例も増えてきているっぽい。
  3. 何故か知らんが近畿・東海だと三重県で比較的多く生き残ってる印象がある。
    • レトロ自販機やゲームコーナーがあるということで北関東方面でも根強い人気があるところも。

福島[編集]

ローソン福島吉倉店[編集]

  1. なんでここにコンビニが書いてあるのかと言われるだろうが、看板にドライブインと書いてあるので否定しようがない。
  2. もちろん大型車が複数台入れるだだっ広い駐車場がついている。
  3. 中通りのコンビニにしては珍しく入り口に雪切り室がついている。

いわき・ら・ら・ミュウ[編集]

  1. いわゆる観光魚市場だが、遠方産のものが多い。
    • 時節柄致し方無い。
  2. いわきみなとオアシスという海の駅に指定されているので、事実上道の駅の親戚である。
  3. 普通の観光地であってドライブイン的要素は全くない。

神奈川[編集]

へそまんドライブイン[編集]

  1. このドライブインは廃止されたのだが、ホットペッパーのサイトではなぜか今もあるかのように出てくる。
  2. その場所はかつてへそまんドライブインがあった場所とは違う。

大観山ビューラウンジ[編集]

  • 湯河原町 箱根ターンパイク、県道75号(椿ライン)
  1. ターンパイクの命名権変動に伴い、TOYOTIRESビューラウンジ→MAZDAビューラウンジ、と改称されてきた。
  2. 場所的には箱根町との境界。
  3. 好天の休日にはバイクがたくさん訪れる。
  4. 実際、景観はなかなかよい。
  5. 大観山を「だいかんやま」と思ってる者もいるが、たいかんざん、である。

長野[編集]

霧ヶ峰高原ドライブイン[編集]

  1. 霧ヶ峰の山上にある。
    • 車を止めて付近の高原地帯を散策することができるのが売り。
  2. よく観光バスが止まっていることが多い。
    • 下諏訪から登ってきて、ここで小休止ののち白樺湖方面へ下っていく観光ツアーが多いみたい。

スワンガーデン安曇野[編集]

  1. 安曇野IC出入口にある。
  2. いくつかの商業施設が集積しているが、全体としてスワンガーデンを名乗る。
  3. 白馬方面へ向かう車の利用も多い。
  4. 観光バスの休憩所にも利用される。

ビアンテ信州中野[編集]

  1. 信州中野インターすぐそば。志賀高原エリアに限らず、スキーシーズンのツアーバスでしばしば利用される。
  2. 「さくら肉」を前面に押し出しているが、他のお土産もそれなりに充実。
  3. 志賀高原方面の観光客はほとんど有料の志賀中野道路からアクセスしているが、下道からのアクセスも可能である。

石川[編集]

公営千里浜レストハウス[編集]

  1. さざえ、はまぐり、、、。
  2. 現在は北陸鉄道グループ傘下なのでもう公営ではない。
    • その縁で北鉄石川線の納涼ビール電車や地酒電車で供されるおつまみ弁当はここが作っている(た)。ビール電車については2015年から「八幡のすしべん」(こちらも本社は羽咋市)製に変わったとのこと。

岐阜[編集]

木曽路元越[編集]

  1. 昔のスキーブームの頃はスキーバスでにぎわったが最近はどうも。

ドライブイン飛山[編集]

  1. かつては合掌造りの本館がメインだったが、東海北陸自動車道開通のあおりを受け、今では別館のみが営業継続。
  2. パチンコホールがある。

静岡[編集]

いちごプラザ[編集]

  1. 名前に反して、普通の食事もできる。

小夜の中山夜泣き石[編集]

  1. 小泉屋と仲田屋があったはずだが、仲田屋の方は閉店したらしい。
  2. 子育飴が名物。

焼津さかなセンター[編集]

  1. とにかく魚、魚、魚。漁港町であることを感じずにはいられない。
  2. 食事のできる店舗もいくつかある。
  3. 周辺の飲食店も事実上ここの恩恵受けていそう。
  4. 焼津ICから近い。

ドライブインもちや[編集]

  1. ドライブインとはいうが、アスレチック施設等もある遠足のメッカ。そんなわけで地元周辺民は「もちや遊園地」とも言う。

愛知[編集]

153広場[編集]

  1. ツーリングの集合場所によく使われる。

藤田屋[編集]

  1. ローカル銘菓「大あんまき」の本店だが、食事もでき、ドライブインとしての機能も持っている。
  2. 下り車線側の本店の他に上り車線側にも店舗がある。その点では平田食事センターのかつての盛況時と同じスタイルと言える。
    • ただし上り車線側の店舗は大あんまきの販売だけで食事はできない。

三重[編集]

伊賀ドライブイン[編集]

  1. 道の駅いがより少し上流側。伊賀サービスエリアが道の駅になってから影が薄いが、その分逆に穴場感はある。
  2. 伊賀ICで一旦名阪道から出る必要がある。
  3. 伊賀SAに近すぎて、今風に言えばオワコン。
    • 朝営業でも伊賀SAに負けてる。民営なのに公営よりも営業力で劣ってるっていったい。

名阪上野ドライブイン[編集]

  1. 名阪上野といいつつ存在するのは治田だったか白樫だったか大内だったか。如何せん上野ICとは程遠い場所にある。
    • 名張川から上野ICまでの余ってるけど造成しやすそうな安い土地に無駄に広い駐車場とともに造ったはいいものの駐車場以外の施設のキャパが小さくて、昔は殆ど使い物にならなかった。
  2. 針テラスや伊賀SAの開業で結構人の入りが減ったなと思っていたら、新名神高速が開業し名阪国道自体の通行量が大きく減り、行楽シーズンですらガラガラになっていることも多くなってきている今日このごろ。
  3. 道の駅やSAPAと違って、用地取得から何から何まで実は完全に民間の経営。因みに運営元は三重交通の子会社。

京都[編集]

ドライブインダルマ[編集]

  1. 今では絶滅したと思われるハンバーガー自販機が絶賛稼働中。
    • 多分製造元もとうの昔に取り扱いやめてんじゃないのかっていう例のアレ。
  2. うどん自販機やラーメン自販機(カップ麺じゃない奴)も稼働中。これもこの御時世滅多に見ないぞ。
    • 物珍しさで買って食ってみたが、味はお察し下さい状態。

島根[編集]

コインレストランコウラン[編集]

  1. 今や日本唯一になってしまった、カレーの自動販売機がある。

オートパーラーやすぎ[編集]

  1. ドライブインと言うより、実質ゲーセン。
  2. 一時期、ここが県下唯一のQMA設置店だった。
    • 現在は出雲でも稼働しているので唯一ではない。
      • 実は初代QMAの稼働開始日に入荷した最古参店舗の1つである事を知る者は殆どいない。もっとも、2ヶ月で撤去されてしまった上に再入荷されるまで10年の年月が経ってしまったが。

岡山[編集]

平田食事センター[編集]

  1. 本業は一応ドライブインだけど、ゲーセンとしては「並」程度の規模があるので侮れない。UFOキャッチャーにはオリジナルキャラも居る。
    • オンラインゲームもあるので、対戦でココの人間と当たると「メシ食いながらやってるヤツには負けられん」と思ってしまう。
    • 妹尾あたりに所在。
  2. コマーシャルがシュール。
  3. トラックの運転手に愛される安食堂。
  4. ゲームセンターや副業が凄い。HPがイチバンすごい。
    • プライズコーナーの品揃えや内装は秋葉原と見まごうばかりとか。
    • しかし今ではHPは閉鎖され、ドメイン売り出し中。
  5. 24時間営業
  6. ひらたまごという謎のマスコットがいる。
  7. おでんが有名。
  8. 実は上下線に存在し、1つは本店(下り)でもう1つは支店(上り)となっていた・・・が、支店の方は2013年3月に閉店した。
  9. いつの間にか、UFOキャッチャーがアニメ系だらけになり、カオスなことになっている。そして、岡山における痛車の聖地にもなってしまった。
    • ・・・と、話題に事欠かさないここだったが、なんと萌え要素も含めてゲーセン部分がざっくりなくなるという残念な出来事が発生。痛車の人たちは今後どこへ行くのやら。
      • そして、ゲーセンが消滅である程度予測されていたが、ついにここそのものが閉店となってしまった。歴史あるドライブインがまたひとつ消えていった・・・。

おさふねサービスエリア[編集]

  1. サービスエリア、を名乗るが実態はドライブインというべきであろう。
  2. 団体利用がわりと多い。
  3. 温泉もある。
  4. 鉄の人に隠れた人気。
  5. 実は岡山市の某シティホテルの系列である。

山口[編集]

みちしお[編集]

  1. 貝汁があまりにも有名。
  2. バイパスの開通などで苦戦を強いられるかと思われていたが、変わらず盛況の模様。
    • バイパスからローソン経由で行けるようにもなっている。ってかバイパスからも1分も掛からないからなぁ。
    • みちしおよりも更に不利な位置にある、ドライブイン南国もまだまだ現役。こちらは併設していたセブンイレブンがなくなったが。
  3. 温泉がある。だが700円とお高め。
    • コインシャワーで済ませることも可能。
  4. ドライブインなのに山口銀行のATMがある。
  5. 1kmほど東にある地元の商店街で食事処について尋ねたら「みちしおへ行きなさい」とのこと。暗に商店街に食堂がないことを意味している……というより、みちしおに需要が持っていかれている感がある。
    • ファミレスのジョイフルが2001年に進出したが、金曜夜で「お客さんよりも店員が多い」有様だったのですぐに撤退してしまった。立地が現在より更に良かった時代のお話。なお、その場所には2015年6月にファミマが出来るらしい。
  6. 車中泊も盛ん。トラックのみならず普通車も。
    • たまにツアートラックも泊まっていることがある。

熊本[編集]

草千里レストハウス[編集]

  • 阿蘇市 県道111号(阿蘇パノラマライン)
  1. ドライブインといえるか正直微妙だが、事実上ドライブイン状態。
  2. 道路を挟んで向かい側に広がるは草千里ヶ浜と烏帽子岳。一面の緑が美しい。
    • よく見るとそこら中に馬糞が落ちているのはご愛嬌だったりする。
  3. 馬肉料理が人気らしい。
    • その馬肉料理を食う前に、乗馬体験を楽しむ観光客の多いことと言ったらもう。



関連記事