ドラゴンクエストシリーズ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

シリーズ別の噂[編集]

ドラゴンクエスト(I)[編集]

  1. おお ○○○よ しんでしまうとは なにごとだ
    • あなたは しにました
      • 穴タワシ煮ました・・・あぁ懐かしのジャンプ放送局。
  2. 2周目でローラ姫を放置プレイしたヤツは少なくないはずだ。
    • そんな、ひどい……
    • ロトのしるしの位置さえわかればクリアはできるし。
    • ローラ姫放置でエンディングになるとどうなるの?(FC版のみの経験者)
      • 「ついていくよ。いいよね。答えは聞いてない」のやり取りがなく、一人でアレフガルドを去るだけのEDだ(FC、SFCとも)。
  3. ローラ姫が監禁されているあいだ何をされたかを問うてはイケナイ。
    • ローラ姫が監禁されているあいだ一度も風呂に入っていないハズだということも指摘してはイケナイ。
    • さらに監視役のドラゴンがローラ姫の身の回りの世話をしていたとも思えないから、排泄物が……ということも考えてはイケナイ。
      • メシ食ってたのか?
        • 捕虜に対する人道的扱いは、竜王のモットーです(嘘)。でもそうでもなきゃとっとと食うだろ、悪役として
          • Ⅱでムーンブルクの王女がハーゴンの手先に、Ⅲでサマンオサの王様がボストロールに殺されなかったのと同じ理屈。
            • Ⅲのは変化の杖が短期間しか効果が無いから、常にサマンオサ王に変化するために殺さないで置いたという理屈は考えられる。
    • そんなことより、竜王がなんでローラ姫をさらったかの方が気になった。SFC版では結婚を迫られたらしいが、竜王は純血種の竜族なのに人間の女に興味があるのかと。
    • 4コマで実はドラゴンはわがままなローラ姫にこき使われていた、なんてネタがあったなーと思いだした。
      • 閉じ込められて退屈なので、筋トレを重ねた挙句、ドラゴン相手にスパーリングする程の力を身につけた・・・て4コマもあったなw
    • ローラ姫の拉致監禁という設定は、DQの発売当時大人気だったスーパーマリオのオマージュだと思う。また、奇しくもDQの発売された1週間後にマリオ2が発売。
      • かたや高い所からジャンプ、かたやカニ歩き・ムーンウィーク。
      • 一応ピーチ姫に関して言えば、クッパがかけた魔法をディスペルする能力があるからという理由がある。今では魔法が使えることなど忘れられているクッパだが。
      • 別にマリオをオマージュせずとも、姫の誘拐・救出は古典の定番。古くはアンドロメダとかクシナダヒメとか。ゲーム的には救出に行けないと困るから監禁という形になるが。
    • ローラ姫はド×ラーだったから一日中ドラゴンと××××して混血種の子供は殺してた。
  4. 「おはようございます ゆうべはおたのしみでしたね」
    • 連泊した
    • SFC版だと勇者+女2人も可能。
      • ラダトームの街娘の中に、話しかけると街中限定でついてくるようになるのが居る。この状態で宿屋に泊っても「おたのしみでしたね」と言われるのだが、ローラ姫を連れた状態でもこれができるため。
      • ちゃんと「3人でおたのしみでしたね」と言われるらしい。
        • ×××をローラ姫が許諾したことに愕然としたプレイヤー多数。
  5. 竜王にふっかつのじゅもんを聞くことができる。
    • 絶望感に浸れるらしい
      • 歴代のドラクエシリーズで唯一事実上のゲームオーバーが存在する。しかも第1作に。
  6. ダンジョンのBGMは階層が下がると音階も下がる。進めば進むほどダークな気分に。
    • SFC版はB3F用アレンジの出だしにビビる。
  7. 実はファミコン版は敵から受けるラリホーが無茶苦茶脅威で、必ずと言ってもいいほど命中する。目覚めるかどうかは完全に運で、下手すると最高レベルでも死ぬまで起きれないことも。
  8. 福山雅治と吹石一恵の結婚を29年前に予言していたらしい。
    • それに関する復活の呪文を入れるとレベルの高い勇者が出現するらしい。
    • この「復活の呪文による未来予知ネタ」は山ほどある。どれもこれもよくこんなの見つけてきたよな…。
      • 狙った文章をかなりの精度で再現することができる復活の呪文ジェネレータというものがあってな。
  9. SFC版ドラゴンクエストⅠ・Ⅱのカセットのラベルにはなぜか「すぎやまこういち」と書くところを「すぎやこういち」と誤植されている。
    • なんというマヌケな誤植だ…

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君[編集]

  1. サブタイトル長っ!と思った。
    • 呪われし姫君だけで十分かもしれない。
      • だがドラクエIIと被ってしまうか。
      • きっとあの綺麗なグラフィックによる空と海と大地を主張したかったんだろう。
  2. 主人公や呪われし姫君よりも、サブキャラに個性的な奴が盛り沢山。
    • 口が悪い奴の多いこと多いこと。
    • モリーのネーミングセンスに爆笑した。
      • ムリーは名前も喋り方も難がある。
        • そんな名前、無理ー!
    • ルイネロはドラゴンボールのミスター・サ○ンに見えた。
      • 同じくモリーも。親戚か?
  3. マップで酔った。
  4. ラスボスはどうみても昔近鉄にいたあの選手にしか見えない。
    • 誰の事だか判んなかったけど、やってみて判った。秋田での試合でカネやんキックを顔面に食らった助っ人ですね。
  5. キングアックスの話は厳禁。
    • 発売当時、某雑誌に簡単に錬金できしかも強力な武器と載っていたので、試しに作ったら……orz
  6. ゼシカの胸揺れがウザイと思った人と興奮した人ではっきり分かれる。
    • 彼女の投げキッスは、凶器だ。
    • 今ならヒップアタックを見たら「越中詩郎」を連想する人ばかりかもしれない。
    • 従来作品の女性キャラ同様に、装備によってコスプレしてくれる。神秘のビスチェで裏ボスに挑む姿は何かマヌケ。
    • 「セクシービーム」は元M娘。のY口の声で脳内変換してしまう。
    • ゼシカが髪を束ねたほしのあきに見えたのは自分だけか?
      • グラフィック綺麗になったせいで調子に乗ったのか、セクハラ装備復活。
  7. ヤンガスの鼻くそほじりにドン引きした人多数。
    • 彼、素顔が呪われてるように見える。特に戦闘中。
    • おっさん、いつの間に!?」は名言。
  8. トロデがスター○ォーズのヨ○ダに見えた。
    • ピッコロ大魔王と足して2で割ったような印象。
    • ニコチャン大王も混じっているような気がする。
  9. ぱふぱふ屋で全キャラの反応を試したのは、俺だけではないハズだ。
  10. 意外にかっこいい素手での攻撃アクションに惚れ込む。
    • でも裏ボスに素手で挑むと怒られる。
      • それでも話を進めていくと素手で戦うかどうか聞かれる。ここで「はい」と答えると、裏ボスが文句を言いながらも戦闘開始。そして戦闘中、一度も武器を装備せず素手のまま勝利すると、今度は逆に褒められる。
  11. テンションシステムが、結構厄介。「ふしぎなタンバリン」を入手すると難易度が一気に低下するけど。
    • 発売前は「難易度低下の温床」とか言われていたのが嘘のように絶妙なゲームバランスを提供してくれた。
      • たぶんその原因はエレメント・幽霊系のモンスターの存在だと思う
  12. ゲストキャラとはいえ、チャゴスの使えなさは異常だ。
    • もはや使えない以前の問題。
    • 存在自体がギャグ。
    • 裏EDで「ざまぁw」と思った人、多数。てかオヤジはなかなかシブいのにねェ。
    • はっきり言って戦闘力はゴミカスだが実は彼、無駄にタフ。1ターン目にトカゲに猛毒を仕掛けその後はおどかし続けた結果、チャゴスが200ぐらい食らったがトカゲが毒で先にダウン。意外と勝った後は普通に武器をしまう。
      • それは根本的にHPの設定が無いという話ではないだろうか。
      • HPの数値が2万に設定されているという噂も。
    • 何気に主人公の従弟だったりする。
      • 誰もが複雑な気分を味わったはず。
        • チャゴスだけ実は王族と血が繋がっていないという設定があってもいいくらい。
  13. ゼシカに剣(短剣にあらず)を装備させると、物好きと言われる。
    • 剣を装備する魔法使いと言うのも渋いが、実メリットがほとんどない。
    • そこまで短剣にスキルポイントをつぎ込むのがもったいない。
      • 覚える技もとにかくショボい。
    • 双竜打ちが猛威を振るう。
      • MP3だけしか使わないのでチートレベル。
  14. ククールの攻撃シーンはカッコイイ。
  15. マルチェロはいろんな意味でMだ。
    • 見た目もキャラもベジータっぽい。
  16. 戦闘曲が口ずさめない。
    • 「バカが見る~豚のケツ~」でおk。
  17. この作品の売上は、過去最高記録の3を上回るどころかPS2で1番売れた。
    • 売上は7が最高だったような・・・
      • それはつまり「7で評価を落としていなければもっと売れた」という意味じゃないだろうか。
    • フル3Dになったり色々実験的な試みをしたりしたこともあってファンを心配にさせたが、ふたを開けてみたらきちんとドラクエだった。
  18. 終盤においてのヤンガスの落ちぶれは異常
  19. ドルマゲス?ああいたねそんなヤツ
    • まあ「じつはただの中ボスでした」みたいなパターンはよくあるんだし。(ⅢやⅥなど)
  20. レティスが強すぎてゲームが積みかかった。
    • 後から戦う妖魔ゲモンの方が断然弱い。
    • 力を試すと言っておきながら本気で殺しにかかってる。
    • 当のレティスも「いや~、ゲモンぐらい大した相手じゃないんだけど、子供を人質に取られちゃってるからさー」みたいな事を言っている。
  21. リメイクではまさかのボイス付きに。
    • 先頭のキャラをゼシカにした上でぱふぱふ屋に行けばボイス付きの真髄を味わう事が出来る(試す際は音量と周囲の状況にご注意下さい)。
  22. 裏ボスがドラゴン

ドラゴンクエストIX 星空の守り人[編集]

「本日発売」の看板
  1. ニンテンドーDSで出ると聞いて唖然とした人は多い。
    • ドラクエで主流ゲームが決まる初の分かれ道だったから。
    • FFファンも巻き込まれる恐れも・・・・
    • ドラクエは常に一番売れるハードで出す、という事を想定しているファンにとっては別に驚きに値しない。(VIIがいい例)
      • MSXで1と2は出たんだ。例外があっても…。
        • MSX版はあぶない水着の一枚絵を出すためでは?
      • 驚いたとしても失望にはならない。
  2. とうとうネット対応になってしまったようだ。
  3. サンディのイラストに唖然した人も多いかも。
    • そもそも名前がスーパーマーケットみたいだ。
      • ドラクエVIに同じ名前のメイドがいたはず。
        • 彼女はDSにて「メラニィ」になっていた。
  4. 直前で2回目の発売延期が決まったが、最早誰も驚かない。
    • 予兆はあったしな。延期の発表前にスクエニの株価はすでに暴落してた。
    • つーか、延期は「伝統」だろ。
  5. wifiマルチプレーが発売直前に廃止されたが、廃止したのではなく「(チート対策orプログラミングが)間に合わなかった」という意見が多数。
  6. アマゾンのレビューが酷いことになった。
    • とはいえ、すれちがいで場所さえ良ければ結構すれちがえることや、冒険の書を送る公式サイトのクエストの結果を見る限りは確かに売れてる模様。
  7. あぶないみずぎが全然危なくない件。
    • いけないみずぎが全然いけなくない件。
      • 合成アイテムから武田久美子を期待した人を絶望させた。
    • きわどいみずぎが(ry。
      • まあ全年齢対象だからしょうがない。
        • うん、まあ、ブラジル水着を想像してはいけない事くらい分かっている。
  8. なにこの着せ替えゲーム。
  9. やり込み要素は過去最大
  10. ルイーダの酒場の従業員は全員お持ち帰り可能らしい。
  11. 「すれちがい通信」における恩恵は都市部と地方のプレイヤーでは天と地ほどの差が。
    • 確かに。野球場でやってみたら約10分で3人集まったからなあ。
    • カードゲーム機の「モンスターバトルロード」で地図を(条件つきで)配るという離れ技で格差解消?
      • 休日だったら「モンスターバトルロード」の近くにいるだけで、すぐに3人集まる。
    • チートされたデータも勝手に受信して色々困ったことになってしまうという諸刃の剣。
    • 普段行かない都会に出てすれちがったところ、あっという間に二桁中盤に。
    • 夏・冬の聖地巡礼が狙い目。
  12. 経験値を欲しがる魔王って…
  13. 宝の地図の洞窟でギリメカラが出現するが、一つ目のゾウじゃないし、何よりも物理反射属性じゃない。
  14. 結局、歴代シリーズで最高の売り上げを記録した。Web上のネガティブキャンペーンもなんのその。
  15. 「まさゆきの地図」や「川崎ロッカーの地図」といった俗称は、昔だったら仲間内だけで留まるような言葉であっただろう。インターネットの発達はこうも凄いものなのか。
  16. リッカの宿屋のゲストとしてⅡ、Ⅳ~Ⅷのキャラクターは登場するのに、ⅠとⅢは登場しないことに納得いかないファンも多数。
    • そりゃ、名のあるキャラが少ないんだから仕方ない。
    • Ⅵのチャモロとテリー、Ⅶのアイラも出て欲しかった。
  17. ついにドラクエの世界にも「学園」が登場。
  18. ひとくいばことミミックの登場の仕方にビビった。

ドラゴンクエストX[編集]

  1. Wiiで出ることが公式発表された。
  2. 攻撃は「ドラゴンクエストソード」方式になるのだろうか?
    • 販売直後から筋肉痛の人が大量発生してしまう。
      • ソードの時にメタキン狩りして筋肉痛になりましたw
    • 戦闘方式がわかりずらい。よくコマンド入力ミスする。DQ1・2・3みたいにすれば良かったのに。
  3. それにしても最近ドラクエシリーズはハードが次々と変わる。これでは全シリーズをやるのは至難の業では。
    • 最初のシリーズ発売から20年以上たっていることもあり、全シリーズやる人は少ないと思う。
    • 今から思えばファミコン版の末期、ドラクエⅢからⅣにかけてが黄金時代だったように思う。
    • なあに、スパロボよりは良心的だ(国内ほぼ全ハード網羅)。
    • 実はDSとWIIとPS2があれば全作プレイできる
  4. まさかのオンライン。
    • そのせいか、DQとしてはありえないほど売れてない。
      • Wiiu版は3万本代の大爆死
    • 最初から買いたい気がしなかった。
    • 購入した人間からはおおむね評判は良い。でも正直CAPC○Mのアレを意識したとしか思えない。
  5. 淡路恵子も買わない程だ。
    • そして2014年、お亡くなりになりました。
  6. プレイ継続特典のメタルチケット、キッズタイム利用者の事を馬鹿にしているとしか思えない。ただでさえメタルスライム倒しにくいのに…。
    • 使っても逃げることが多い
  7. クリアにものすごく時間が掛かる。
    • ラスボスっぽいキャラもバラモスポジション的な事いって事切れるからさらにラスボスがいるだろう。
    • 自分はもうほとんど諦めています。キーエンブレムから嫌な予感が…。資金調達も厳しいから。
  8. シリーズ初となるセカンドパッケージ発売
  9. せっかく買ったけど、放置する人がちらほら…。
  10. 攻略本の内容がいきなり高度だった。(本当は公式ガイドブックだけど)
    • 寄り道ガイドの地獄のミサワ起用には吹いた。
  11. 「ドワーフは不人気」。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて[編集]

  1. なんとPS4と3DSで同時発売。
    • この両者をやり取りするための手段がまさかの「復活の呪文」。
      • 「ゆうていみやおうきむこう(中略)ぺぺぺぺ(以下略)」だとちゃんと「もょもと」になるという。
  2. 泣かしにかかるイベントが多い。特にロウ。
    • 仲間が死んでしまうイベントが出てくる。
  3. 女性陣3名とIV女性陣3名のポジションが似ている。
  4. 長らく発売されていないSwitchでは声付き、音源切り替え、追加ストーリーなど様々な要素が追加される模様。

トルネコの大冒険3 不思議のダンジョン[編集]

  1. 名作として知られる一方、その難易度の高さで多くのライトユーザーを門前払いにした。
    • 数々の理不尽死は、もはや割り切りが必要。頭のゲームというよりは、準備と運のゲーム。
  2. 本編はクリア後。
    • ストーリークリア後に使用可能となるシステムやアイテム、そして4つの洞窟が、このゲームの真の本編と言って差し支えない。

関連項目[編集]

トークに、ドラゴンクエストシリーズに関連する動画があります。

ドラゴンクエストシリーズ

作品別:I II III IV V VI VII VIII IX X XI /ファンの噂 /偽モノの特徴




関連記事