ナゴヤ球場

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
かつての名本拠地
  1. 出火で試合中止になったことがある。
    • 死者も出た。
    • 後の名二塁手がその試合を観に行っていたらしい。
    • 最後の火災の時、ファンはグラウンドへ避難したが、グラウンドでやりたい放題いろいろやっていたらしい。
      • その試合は消化試合だったため、当時上岡龍太郎や島田紳助から「ホンマの消火試合や」と揶揄されていた。
      • 火事なのにのんびりしてるような・・・。
    • 伊勢湾台風でグラウンドは冠水、スコアボードが大破した事もある。
  2. 運営会社も一度倒産し、そのときから現名になった。
    • 名鉄の駅名もそれにつられて山王→中日球場前→ナゴヤ球場前→山王と目まぐるしく変わった。
  3. 名鉄のナゴヤ球場前駅が有名だが、JRもナゴヤ球場正門前駅を設けて臨時列車で観客輸送を行っていた。
    • この常設化でできたのが尾頭橋駅。
    • ちなみにその駅の最後の営業日があの10.8。
    • この駅のための臨時列車は、時に回送距離の方が営業距離よりも長かった。
      • 駅は本線から貨物線をちょっと行ったところにあったのだが車両留置の関係で貨物線の終点まで使っていたから。
        • そのため貨物線の使用料が結構かかってサービス自体は好評だった(名鉄のお客を何割か奪ったとか)ものの採算性はそこまでなかったとか。
    • 臨時駅の改札があったところには尾頭橋駅の案内看板がかかり、さらに選手の絵がまだ残る。
  4. 照明塔には虫だけでなくコウモリも集まった。
    • ムッターハムの広告が懐かしい。会社自体なくなっちゃったけど。
  5. 散水車には井村屋の看板が入っていた。
    球場から見た新幹線
  6. 轟音を立てて背後を通り過ぎる新幹線が名物だった。
    • それに関する有名なエピソードが2つ。
      1. 昭和48年(1973):新幹線乗車中の巨人ナインが阪神優勝の懸かったDT戦が行われている球場を車窓から覗きこんだ(この2日後TG甲子園直接対決で巨人が勝ち阪神V逸、虎党大暴動)。
      2. 昭和63年(1988):中日対西武の日本シリーズ第1戦、西武・清原和博が星野竜粉砕の引き金となる新幹線高架下支壁直撃の先制レフト場外弾(投手:小野和幸)を放つ。
    • 一塁側スタンド上段からなら名鉄・JRも見られる。
    • 現在なら「新幹線や列車から見えるスタジアム」と言えば、マツダスタジアムでしょう。
  7. ナゴヤドームの開業後、取り壊して商業施設にするとの噂だったが、なぜか2軍球場兼練習場として残った。
  8. 現本拠地と比較すると、必ずナゴ球が支持される。
    • ただ上にもあるとおり、ナゴ球に乱暴なイメージを持っている人もいることから、移転が全く支持されてないとはいえない。
      • アクセスのよさはナゴ球が上。
        • 名古屋駅から名鉄でもJRでも一駅。それに名鉄駅には臨時で特急や急行も停車したことから。
        • 現在は名城線が開業したのでまだマシだが、大曽根から徒歩の時代は特に大変だった。
        • アクセスは良いけど、住宅街のど真ん中という立地があまりにもひどすぎた。本拠地球場でここだけ一時期コンサートが開かれない時期があったが(いわゆる「名古屋飛ばし」)、それとも関係あるんじゃないだろうか。
          • 著名な例だとマイケル・ジャクソンやマドンナがあるほか、サザンオールスターズもなぜか中京競馬場やら小牧市民球場でやったりしていた。
    • こっちも名古屋がカタカナ表記のため、「名球」(めいきゅう)などとは略さない。
      • ソース不明の百科事典いわく、「ナゴヤ」だと8画で縁起良いから・・・なんだって。
  9. 紙吹雪がすごく舞っていた。ジェット風船も飛ばせた。
  10. レフトスタンドはもうないが、ライトスタンドが何故か残っている。
    • 「思い出の場所だから残してくれ」と応援団が言ったとか言わないとか。
      • 応援団の不祥事が絡んだのか、とうとう2010年に取り壊される・・・。
  11. 浜松球場・豊橋球場はこの球場をもとにしたらしい。
    • ライト寄りにあるスコアボード。
      • スコアボード後方のボール型給水塔はちょっとした名物だったが、テレビ中継のアングルからかスコアボード上にそれが乗っかっていたと勘違いしていた人も少なくない(著名人ではやくみつるなど)。
        • あれ、給水塔だったの!
      • ちなみに札幌ドームもライト側にあるが、参考にしてるわけではない。
        • あそこは後にレフト側にもビジョン付けてある意味で左右対称のつもりである。
          • 但し、野球場として本格的に札幌ドーム使われるのも2022年までの模様。
    • 長良川球場が出来た時「ナゴヤ球場よりもええ球場だがねw」と言われてたとか。
  12. かつてはバックスクリーン裏に「矢場とん」の売店があった。
  13. 現在の名物人間はネット裏に陣取る渡邉博幸中日スコアラーと井川遥似の黄色いシャツの売り子のお姐さん。
    • その売り子のお姐さんはブログをやってるし画像だってあるよ。
      • 井川遥というより原紗央莉に似てないこともないな…。
      • いつの間にかおねいさんは引退…。最後の日に始球式させて頂いたとのこと。
  14. 建設開始から僅か2ヶ月で完成した。
    • 昼夜通しの突貫工事をしたため。しかしそのツケで木製スタンドとなり、最終的に3年後の火災事故につながった。
    • 観客が足を鳴らすだけで激しく揺れたらしい。
  15. 一軍旧本拠地を二軍球場に転用すると言うのは、12球団唯一の事例。名古屋的合理思考がよく分かる。
    • それまでは阿久比にありました。球場自体はアマチュア用になって残っています。
      • まだ中日の秋季キャンプでも使われてるみたいだね。
    • 転用って、藤井寺は?
      • ……あ、ありゃ13球団目か。
    • そのせいか二軍の本拠地としては珍しい都心部にある球場となった。(他のチームの二軍本拠地は皆郊外にある)
  16. モーニング娘。ファンにとっての聖地のひとつ。
  17. 名護野球場。
    • 日本ハムのキャンプ地。
    • 同じ沖縄だけど中日は北谷公園野球場。なかなかうまくはいかない……
  18. 昭和30年から40年代にかけてほぼ年1回必ず判定を巡るトラブルからファンが騒動を起こしていた。
  19. ナゴド移転後、2回改装。
    • 2回目の改装で、一定期間のみ三塁側がホームに。
      • スコアボードがフルカラーのものになったらしい。
    • フェンスの高さもナゴド仕様にした。
    • 改装後も座席が古いままのと新しいのとが混在している。
  20. ライトスタンドにあったネオンは、声援の音量と連動していた。
  21. 外野スタンドの椅子は場所取りのガムテープやら何やらで汚かった。
  22. バックネット裏の年間シートは跳ね上げ式なのだが、シートの裏が鋭利でちょくちょく客の脚を傷つけた。
  23. 近くにある露橋スポーツセンターは、名古屋人以外には鶴橋スポーツセンターと勘違いされている確率が高い。
    • それでも大仁田厚は露橋に足を向けては寝られない。
    • 漢字はもちろん、ひらがなにしても「つ〇はし」だからなあ。
  24. スピードガンを日本の球場で初めて設置した。これによって当時の若手エース小松辰雄は「スピードガンの申し子」と呼ばれた。
  25. センターカメラからの中継時、みんな必ず目にした『パロマ パロマ パロマ...』ダグアウトの上は『RYOBI RYOBI...』
    • ちなみに瑞穂球場は『パロマ瑞穂』となったもののパロマの看板はない。せっかくだからやればいいのに。ってか、あったっけ?
    • 照明にはチェリオが広告があった。で、チェリオの兄弟会社の新人物往来社の裏表紙なんかに「ナゴヤ球場で会いましょう!」の広告が。
  26. 2019年オープン戦で再びナゴ球が脚光を浴びる事に。

中日ドラゴンズ
項目別:マスコット | 中日ファン | ナゴヤドーム | ナゴヤ球場
親会社:中日新聞/中スポ・東京中日
○○に言いたい:中日ドラゴンズに言いたい
勝手国:ドラゴンズ王国
もしも借箱:もしも借箱(プロ野球編)
歴史のif検討委員会:歴史のif検討委員会(野球)
偽モノの特徴:偽球団 | 偽選手/偽山本昌/偽落合/偽星野 | 偽球場
野球場
パ・リーグ本拠地球場 セ・リーグ本拠地球場

メットライフドーム
福岡 ヤフオク!ドーム
楽天生命パーク宮城
ZOZOマリンスタジアム
札幌ドーム
京セラドーム大阪

東京ドーム
横浜スタジアム
阪神甲子園球場
MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島
ナゴヤドーム
明治神宮野球場

ナゴヤ球場/ほっともっとフィールド神戸/旧広島市民球場/川崎球場
地方別:関東/近畿
旧本拠地球場/偽野球場/偽甲子園/偽ナゴヤドーム | 嫌だ



関連記事