ノルトライン=ヴェストファーレン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
Googleで「ノルトライン=ヴェストファーレン」を検索

ご当地の噂 - 世界ヨーロッパ中欧ドイツノルトライン=ヴェストファーレン

  Dänemark
Sleswig
Holsteen
Deutschland  
  MV Polen
H   Bb
Nieder
lande
Br Nieder
sachsen
SA Be
NW Th Sachsen
Belgien RP Hessen Tschechien
Lux Sa Baden
Württemberg
Frankreich Bayern Öster
reich

ノルトライン=ヴェストファーレン州の噂[編集]

  1. 北部はルール(Ruhr)工業地帯で、工業・人口・経済活動の一大集積地帯。
    • 中心都市はエッセン。刃物で有名なゾーリンゲンなども含まれる。
      • ゾーリンゲンは日本でも著名だが、エッセンは無名。唯の産業都市に過ぎないからか…
    • かつてはポーランド系、1960年代以降はトルコ人の労働者が多い。
      • ポーランド系は現在では完全にドイツ人に同化している。
  2. 日本人駐在員の多いデュッセルドルフや旧西ドイツの首都でベートーベンの出身地・ボンもこの州にある。
    • なお、デュッセルドルフは南北ドイツ方言を分かつ境界線付近に位置する。ルール工業地帯の在来方言は低地ザクセン語の一種だった。(さらにここから北のライン河畔の方言はオランダ語の仲間…)
  3. このような州の区画になった理由としては第2次世界大戦後の占領区割が考えられる。こちらはイギリスラインラント=プファルツフランスの占領区だった。その結果は…(以下自粛
  4. キーボードクラッシャーの出身地らしい。
  5. この州の都市・オーバーハウゼンの水族館に占い蛸・パウル君がいる。

都市の噂[編集]

アーヘン[編集]

  1. 阿片ではない。
    • 勿論「あ~変」でもない。
    • 昔、駅前で「アーヘン」と独り言を言ったら、見知らぬおじさんに「アハァヘン」と直され、きちんと発音できるまで練習させられた。
  2. ベルギーオランダの国境沿いにある温泉町。
  3. 世界遺産アーヘン大聖堂がある。
    • だからフランス語では「アーヘン」と言わず「エクス・ラ・シャペル」という。なんかカッコイイ。
  4. ミスター&洋ちゃんが泊まった場所。
  5. 歴史的にはアーヘンの和約ぐらいしかない。

エッセン[編集]

  1. ドイツ語で「食べる」の意味
    • でも「食の街」ではない
    • PONS(出版社)の辞書の広告でネタにされた。
  2. 日本ハムの「シ××エッセン」も連想してしまう。
    • 他に「エッセンポルカ」もあった
  3. あー。チェルシーにいるガーナ代表のミドルシュートがうまいやつ。

ケルン[編集]

  1. 真っ先に大聖堂ではなくドイチェベレを連想する人も稀にいる。
  2. もうすぐ100万都市。
  3. 4711。
  4. サッカーのまち。だって、「蹴るん」。
    • 1FCケルン
  5. 英語ではコロンと呼ばれている。
    • ここで作られた香水がフランスでもてはやされて有名に。(eau de Cologne)
    • 語源は(ローマ帝国の)「植民都市」。ローマ名は「コロニア・アグリッピナ」
    • 英語はコローニュ。コロンはフランス語
    • 日本人にとって"Köln"を正確に発音するのはものすごく難しい。
      • ドイツ語の発音的に「クォェーレン」に近い。
  6. 大聖堂の塔に登るとき、狭い螺旋階段ですれ違いざまに嗅がされるコロンとワキガのまざった臭いに息苦しくなった。
  7. 大聖堂の側壁は浮浪者たちの立ちション便の場。仕事がなく一日中ビールばっかリ飲んでいて、近くのケルン中央駅のトイレの料金が高いので側壁でやってしまうのだ。あれは後で腫れると思うのだが!
  8. デュッセルドルフをライバル視している。これにご当地ビール(ケルシュと呼ばれる)がからむとさらにヒートアップする。
  9. 山で石を積み上げる、あれ。
  10. 上にも出たご当地ビール「ケルシュ」は20cl(200ml)の細長いグラスで出されるのが定番で、ドイツの豪飲するイメージとかけ離れている。
  11. 大晦日に偽難民と思わし人たちが10代~20代の白人少女に性犯罪を犯した場所でも有名。

デュースブルク[編集]

  1. Duisburgの読み方はデュースブルク。uiは変音の特殊な書き方なので、間違ってもデュイスブルクとか言わないように。
    • なでしこジャパンの選手が移籍したことにより知名度が高くなった。ちなみにJFA、各マスコミの呼び名は全て「デュイスブルク」で統一されている。
    • ノルトラインウェストファーレン州公式サイト、デュッセルドルフ日本大使館両者における呼び名も「デュイスブルク」である。
    • ウィキペディアのDuisburgの記事も当初は「デュースブルク」であったが現在は「デュイスブルク」に改名されている。
      • で、本当のところはどっちなんですか?
  2. ライン川とルール川の合流地点にあるので、でかい河港がある。

デュッセルドルフ[編集]

  1. とにかく日本人だらけ。
    • なのに積極的に探してみないと、日本人の知り合いが増えない。ドイツ人怖がってんのかな?
  2. ハインリヒ・ハイネの生地
  3. 田宮のミニ四駆大会が開催されたことがある。
    • 優勝商品はミッドナイト・パンプキンの四駆RCであった。
      • 優勝者N君の四駆は意外にも廃人仕様ではなかった。ごくノーマルで健康的な改造だった。
  4. テクノ神・クラフトワーク本拠地。しかし、電飾タイツでも着てくれない限りは、すれ違っても絶対わかんない気がする。
  5. 一部の社会科地図帳では「ジュッセルドルフ」と書かれている。英語の「デュ」を「ジュ」にするのはまだわかるが、ドイツ語の「デュ」は「ジュ」と全然似ていない。
  6. 柿原徹也の出身地。
  7. ドイツ人のコスプレ好きがうろついている。
    • Japan-Tagにはヨーロッパ中のコスプレ好きが押し寄せてくる。



関連記事

スポンサーリンク