ハヤテのごとく!

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ハヤテのごとく!の噂[編集]

  1. アニメの声優は、かなり豪華な気がする。
    • マリアの田中理恵は、ヒナギクのほうが適役ではないかと思う。
      • アニメはこれのパロだったけど原作はミーアパロだしね。
    • マリみてシャナレンタルマギカ等とかぶる。
      • 特に前者は女性キャストの8割がいる気がする(くぎゅ、植田、なば、御前、豊口…)
  2. 「天の声」の若本規夫がいい雰囲気をかもし出している。
  3. テレビ金沢では、ハヤテのごとく!冬休みSPを2007年12月25日に放送した。
  4. 作者の地元、福岡でもテレ東系列のテレキューで放送しているが、若干遅れ気味。
    • 仕方ないよ。これでも早いほう。(元々その時間帯はローカルセールス枠だから)
      • テレ東系列がないところは半年遅れとか10日遅れとかあるもんな。
        • 大体これの放送時間はローカル番組とか独立U局(tvkとかの番組も放送してたりする)とかテレ東の遅れネット番組とか
          • たまにはテレビ愛知も出してくれ(愛知の俺)
  5. アニメ第2期決定。
    • 正真正銘の深夜アニメになったり、制作が釘宮病御用達だったり、本来あるべき位置に納まったような気がする。
    • サブタイトルに関して、製作側は作者のセンスについていけてないのではないかと思う。
    • アニメスタジオの性質のせいか、パロディ色を薄めてラブコメ色を濃くさせている・・・。
      • 一期で何故か出番が少なかったヒナギクの出番を増やしたため、ヒナギク派には好評。
    • 2012年5月現在、TOKYO MXで再放送中。
  6. ナギと伊澄と咲夜はロリコンホイホイだと思う。
  7. 正直言って、「国民的執事コメディ」と言えるか微妙だ。
  8. 単行本の背表紙の絵に未だマリアが描かれていない。
    • 一方、19巻から延々と続いていたロボ8号の腕が38巻でついに先端に到達した。何かの前触れだろうか。
  9. TVアニメ1期、2期、劇場版ごとに制作会社が変わるという現象が起きている。
  10. 牧村先生とエイトは破局したらしいが、具体的にどうなったか不明。
  11. 「ムラサキノヤカタ」に次々とヒロインが住むようになり、ラブひなみたいな状況になってる。
  12. 2012年秋、「新アニメ」放送決定!
    • あくまでも「新アニメ」であり、3期ではないらしい。
    • 翌年にはさらにもう1作。
  13. 連載途中でタイトルロゴが変更された、(とりわけ少年誌においては)珍しい作品。
    • 新ロゴは作者の母(書道の先生)の書によるもの。

関連項目[編集]




関連記事