新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

ハヤテのごとく!ファン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ハヤテのごとく! > ファン

ファンの噂[編集]

  1. 久米田康治ファンとの掛け持ちをしているファンが多い。
    • 久米田康治と言う人物を全く知らないのにハヤテが好きな人間がここにいました。
      • ここにもいます。
  2. 一番人気は何だかんだ言ってナギ。
    • いや、天の声だ
    • ヒナギクが人気だと思ってたけど・・・
    • 伊澄だろ。jk
    • 個人的には千桜さんを推したい。
      • じわじわと人気上がった結果、いつの間にかメインキャラ扱いに。
  3. パロディの元ネタはだいたい分かっている。
    • 本編で大方やりつくしているので、ギャグ同人誌が少ない。そのせいで、成人向けの割合が上がる・・・。
  4. 綾崎ハーマイオニーに関しては、はっきりと好き嫌いが分かれている。
  5. ときメモファンから喧嘩を吹っかけられたことがある。
    • 最初に喧嘩を売ったのは畑。だが今やアニメのメインスポンサー。
    • ということは、そのうちコナミからゲームソフトが発売か。
      • 実際に発売されるようである。
      • 隠しコマンドできらめき・ひびきの・はばたきの制服を入手できる。・・・あれ?
  6. 絵の下手さをつっこまれるとキレる。
    • どの時期の絵柄が好きかでファンが分かれる。
  7. アニメの放送時刻は「34時」と呼ぶべきだと思っている。
    • テレビ東京系列が映る地域限定。映らない地域の場合はその地域によって放送される時間は変わる。ちなみに、BSジャパンでは19時半。
    • ちなみに、日本海テレビは、公式サイトでも深夜29時と表記されている。(NKTの公式番組表では朝5時の扱い。おそらく、NEWS24が終わった数分後に放送しているらしい。)
    • じゃなんだ?テレ東エリアで約2時間半前にやってる「ポケモン☆サンデー」は深夜31時30分か?もっともこっちは前半に再放送をやってるだけだけど。
      • そう言えなくもないが、この作品はノリが深夜っぽいから深夜34時と呼ばれてると思う。
        • 魔王や理事長のパイオツの作画は明らかに朝じゃない。
    • テレビ東京系では日曜10時の放送だが、ほとんどの系列外では月曜16時台に放送されるケースが多い。(テレビ金沢南海放送テレビ新潟など)
    • ・・・で、2期は深夜になった。
    • うちの地域は木曜だったな。
  8. 時々表示される「ピー」がいい。
    • 逆に私は不愉快だと思ってます。
  9. アニメの自主規制君は、カバー裏の神様でいいだろ、と思う。
  10. 東北新幹線が好きだ。
    • 200系新幹線K47編成とヒナギクさんが好きなのは俺ぐらいだろうww
  11. 福岡ソフトバンクホークスのファン。
    • なぜ?
      • 応援歌「いざゆけ若鷹軍団」の歌詞の一部に「疾風のごとく」って部分があるからさ。
  12. 競馬にハマってしまった。
  13. 好きな軍歌は「燃ゆる大空」
    • 歌詞の一部に「疾風の如く」とあるから。
  14. マガジン・サンデーのタッグにより、絶望先生との本格コラボが楽しみだ。
    • しかし、実際にコラボしたのはネギま!だった。
  15. ニコニコの某嘘字幕動画を見てストライクウィッチーズ行った人も多い・・・のか?
  16. 携帯電話はau
  17. ナギといえば神様でもジムリーダーでもなく、三千院だ。
  18. 現在2ちゃんのバレスレやヒナギクスレで、ヒナギク派と反ヒナギク派で連日全面戦争状態。
    • あまり通ではない人にとっては、ハヤテのごとく!ファンがヒナギク派とナギ派に分かれている印象を持つ。
  19. ハヤテよりワタルが誰とくっつくか気になる。
    • サキフラグが立ちつつある気がするが、咲夜との幼馴染カップルも捨てがたい。
    • ナギが言うように伊澄との脈は無いと思う。
      • 遂に31巻で決着が着いた。
  20. 富山のハヤテファン涙目。
    • この局がメルヘヴンのネット局だった癖に、唯一後番として第1期をネットしなかったから。もちろん第2期も未放送。
  21. アテネ登場後の展開には賛否両論。
  22. 実写ドラマ化には怒りを通り越して笑うしかないと思った。
    • 慣れてくるとそれはそれで笑えてくる。
  23. 劇場版の出来の良さに感動。
  24. アニメ3期は無かったことにしたい。
    • なぜ原作最大の山場である継承式編をすっ飛ばしたのか小一時間問い詰めたい。
  25. ようやくイクサの兄貴が出てきて安堵している。
  26. ハヤテのやってきたアルバイトを列挙できる。
  27. ペリカンを見ると「ペンギン」と言う。
    • ラクダはツバを警戒して近寄らない。
    • 白いトラには和む。
  28. 実は結構初期から巧みに伏線が張られ、しかもそれがどうでもいい回で頻繁に拾われていることまで目を通している。
  29. 最後の最後にキチンとハヤテの両親(つまり全ての元凶)を登場させて見事に描き切ったことに関しては評価している人も多いだろう。



関連記事