バスターミナル

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

バス > バスターミナル


バスターミナル 目次
北海道 青森
秋田 岩手
山形 宮城

島根 鳥取

福井

新潟 福島
佐賀 福岡 広島 岡山
長野 群馬 栃木
長崎
大分


埼玉
宮崎 愛媛 香川
山梨 東京
鹿児島 高知 徳島 和歌山 愛知 静岡 神奈川
沖縄

北海道[編集]

札幌大通バスセンター[編集]

  1. 市営バスがあった頃は賑わっていたが、地下鉄の延長と民営化によって発着本数は激減してしまった。
  2. 東西線の「バスセンター前」駅の駅名の由来。
  3. 近所には中央バス札幌ターミナルがあり、こっちの方が栄えている。

中央バス札幌ターミナル[編集]

  1. 文字通り北海道中央バスの札幌市内における一大拠点。
  2. 中央バスの都市間高速バスの殆どが発着している。
  3. 中央バスの札幌ターミナルに行こうとして間違えて大通バスセンターの方に行ってしまう人が後を絶たない。

札幌駅前バスターミナル[編集]

  1. 中央バス以外のバス会社における札幌市内の一大拠点。
    • 一方で中央バスの札幌駅近辺におけるターミナルは北口か東急前に分散している。
      • そのせいで東急前発着の路線(主に福住・清田方面)は地下鉄との乗継割引の対象外。
    • JR北海道バスも琴似営業所の路線は旧西武前に分散されている。
  2. 隣接するビックカメラからは階段を上り下りしないと行けない。

福住バスターミナル[編集]

  1. 所在地は豊平区だが実質清田区最大のターミナル。
  2. ここから外に出るには地下に潜って3番出口から再び上るかイトーヨーカドーを通らなければならない。
  3. 札幌ドームからも徒歩圏内だがもっと近いバス停も普通にある。
  4. 新千歳空港の連絡バスも発着しているが、札幌ドーム前にも停まるにも関わらずわざわざここから乗ろうとする遠征客も結構いる。札幌ドーム前のは屋外でこっちは屋内だからか。
  5. 清田区・北広島方面のバスはこれでもかというぐらい走っているが、あまり距離が離れていない白石区・厚別区方面のバスは少ない。

青森[編集]

五所川原駅前案内所[編集]

  1. 「ノクターン」号の終点。
  2. JR及び津軽鉄道の五所川原駅の真向かいにある。
  3. 待合室の広さは向かいのJR駅に余裕で勝ってる。
  4. 時刻掲示はあの懐かしのアクリル板に毛筆で書かれたもの。
  5. 中には売店だけでなく何と立ち食い風のそば屋まである。
    • 何故か「おやき」を売っている店まであるが、長野のおやきとは違うような…
  6. 立派なターミナルなのに、上りの便の中にはここに戻らずに中心部から営業所に行ってしまうものも。

秋田[編集]

長崎屋バスターミナル[編集]

  1. とっくの昔にここの長崎屋はドン・キホーテになっているが、いまだにこの名前のまま。

千葉[編集]

市原鶴舞バスターミナル[編集]

  1. いい加減マルチポストと怒られかねないくらい書きまくった気がする、新道路網における房総観光の拠点。あるのは山村の中なので、いわゆる市原の工業地帯を思い浮かべてはいけない。
  2. 待合室・コンビニ完備。おまけに周辺観光施設からの送迎までやってくる便利な場所。だが、さすがに道の駅を併設するまでの土地の余裕は無かったか。駐車場もギチギチである。

東京[編集]

鍛冶橋駐車場[編集]

  1. こちらもツアーバスの路線化時に急造で用意されたバスターミナル。
  2. 駐車場を名乗っているが、元ツアーバスに追い出されるかたちで既に駐車場としての機能は失われている。
  3. バスタに集約された新宿と違って、こちらは総合BT建設の予定があるもまだまだ先なので、ここを仮普請で使い続ける罠。
    • できた当初は待合室すらなく、トイレは建築現場等で見かけるレンタルの奴だった。
    • 今はプレハブの待合室があるもピーク時間帯は速攻でオーバーフロー、大半の客は露天で立ち詰めで入線待ち、雨が降ると悲惨。

浜松町バスターミナル[編集]

  1. かつては休日があった(今もあるのかな?)
    • その日は車両も中に入れないため、例えば京急の高速バスは品川BTから目的地に直行したりしていた。
    • 流石に今は無い。毎日多くの高速バスが乗り入れるため。
  2. あまり改装されていないためか、どことなく昭和臭が感じられる。
  3. 天井が低いため、ダブルデッカー車は入線できない。
    • SHD車だと車上のアンテナが天井に当たって、ピョンピョンと音が聞こえることがある。
  4. ここを出発した高速バスが東名方面に行く場合、大門の辺りでとんでもない細い道を使う。
    • かつては萩行き「萩エクスプレス」も使用していたため、行先が萩表示かつ車体のイラストが山口県色満載の防長交通車が19時頃に大門の裏道のような所に入ってきて、近くを歩くサラリーマン達をびっくりさせていた。
  5. 京成バスとその関連会社が多く乗り入れる。

新宿南(廃止)[編集]

  1. ツアーバスの路線化時に急造で用意されたバスターミナル。
  2. 当時各社のBTが散在していた新宿でも、他のBTとはあらぬ方向にあったので、ここを探して右往左往する利用客が多かった。
  3. 停車スペースがとにかく狭かった。
    • 3台並ぶとほぼ一杯になる横幅もさることながら、縦の長さがバスの車長+バス出発用の通路分くらいしかなかった。
      • そのため、奥の乗り場から1台バスが出発すると、横に停まっていた2台目が通路を使って切り返して乗り場に入り、次に横の3台目が切り返して2台目のスペースに停め次のバス用のスペースを空けるという、アクロバティックな運用を行っていた。
  4. バスタ新宿の開業により、そちらに統合されるかたちで廃止。
    • 実はバスタ開業後も乗り入れできなかった会社の受け皿としてしばらくは使われていた。廃止後は鍛冶橋が受け皿に。

新宿高速バスターミナル(廃止)[編集]

  1. ヨドバシカメラの近くにあった。
    • それどころかモバイル館と同じ建物に入っていた。
  2. 山梨・長野の飛び地。
  3. 臨時とは名ばかりの常設乗り場が新宿駅西口バスターミナルと一体になって存在したりしていた。今はどうなっているのだろう?

バスタ新宿[編集]

神奈川[編集]

横浜駅東口[編集]

  1. Y-CAT、と言えば通じやすくなるだろうか。横浜駅発の高速バスが入るのは基本こっち。
  2. バス会社としては西口より断然重要なのだと思うが、なにより駅から遠い。たぶん初見では迷う。
  3. 高速バスの乗り場が統一されていないので、利用する際は要注意!
    • 「Y-CAT」として案内される待合室のある方の乗り場は主に元ツアーバス。本来主役である筈の京急バスの乗り場はその真逆にある(バスの向きまで逆)。

箱根桃源台[編集]

  1. 新宿から続く小田急の最後の乗り換え地点かつ高速バスの発着点。日中の便では大半が系列のホテルまで行く。
  2. ただし箱根八里を経由する高速バスは一本も無い。全便が御殿場へ向かう。こんな風に系列内で微妙に棲み分けが成されている。
  3. 海賊船の最終便が出航し、ロープウェイも運行を終了したターミナルにはバスだけが30分-1時間程度ごとにやってくる。その時間帯は、ここを発車する時点ではガラガラだが・・・

山梨[編集]

甲府駅バスターミナル[編集]

  1. 最近リニューアルされて綺麗になった甲府駅の南口バスターミナル。高速バスと各観光地ゆきのバスが接続する。
    • どちらかというと中央本線特急の方が接続がいい気はするけど。

山中湖旭ヶ丘[編集]

  1. 富士五湖方面高速バスの終点かつ、KABAの出発点。休日は人でごった返す。
  2. もっとも、ここまで来てしまうともう寮とロッジしかないのだが・・・
  3. 発券窓口などもある結構立派なBTなのに、御殿場行に乗るには道路向かいのバス停で待たないといけないという…
  4. 実は今の場所は移転後のもの。
    • 湖岸を少し奥に行くと移転前の旧BTの建物が残る。廃墟化してその手のマニアが好みそうな状況だが、高速バスの駐車場としてはまだ使われている。

岐阜[編集]

岐阜駅前[編集]

  1. これだけ広いのに、走っているのは岐阜バスだけ。
    • でもラッピングの種類の多さで気づきにくい。
    • そもそも岐阜市内の路線バスが岐阜バスしか無いんだから当たり前といえば当たり前。高速バス走らせようにも初めから名古屋方面行った方がマシ。
  2. 元々かつての岐阜市営バスのターミナルだった。岐阜バスは名鉄岐阜駅下にあるBTが本来の拠点。
    • なので一部の岐阜バスの高速バスはこちらに来ないので注意。

愛知[編集]

名鉄バスセンター[編集]

  1. 基本的に中長距離専門のバスターミナル。
    • 数少ない短距離便も郊外路線が中心なので、名古屋市民だと逆に使わない気がする。
    • 高速バス待ちで賑わう待合室やとファミリーマートの活気が旅情を掻き立てる。

名古屋駅[編集]

  1. 国鉄→JR系施設の中にある、JRと名古屋市交通局のターミナル。
    • …だったのだが、建て替え時にJRは新幹線側に仮設ターミナルを作りそのまま戻って来ず。リニアに合わせた専用ターミナルを作る気かしら。
    • 名古屋市営バスだけのターミナルなのに、自販機やコインロッカーがTOICA対応になってる事くらいしかJR東海要素が無い。
  2. 先に出来た栄バスターミナルと雰囲気は似ているが、肝心の冷暖房が無くベンチも少なく(地元民特化とはいえ)居心地が悪い…。
    • そりゃ昔の地下街潜る前提の路駐なんかよりは遥かにマシだけど。
    • 旧ターミナルの頃はやたらアップダウンが激しかったけど、今度は横の面積が広い。
      • 使いたいバス停と施設と階段の位置関係を一度把握しておくべし。

オアシス21[編集]

  1. 栄に2つある、新しくて大きい方のターミナル。
  2. ちょっとしたカフェや売店があったりとそれなりに快適。
  3. このターミナルが出来た後も、路駐のバス停が残っておりややこしい。
    • ターミナル出発後に路上を経由したり、そもそもターミナルを経由せず路上で用を済ませる例も。

栄噴水南[編集]

  1. かつての名古屋市営バスのメインターミナル。使用停止されたホームも残る。
    • 今でも市の南部へ行く路線はこっち発着。そりゃオアシス行くよりは効率良いし。
  2. そのうちオアシス側に統合されるとのこと。夏場の炎天下はオアシスの方が快適だから悪くは無いけど。
    • ただヨドバシ行った後に始発停から乗るのが面倒になる…。素直に矢場町を使えということか。

金山[編集]

  1. 栄や名駅と違って中途半端な広さなので陰が薄い。
    • 市東部(瑞穂運動場東とか)方面のバスは概ねマシだが、西部方面(中川車庫)は雨の時大変!
      • 方面的に真逆な金山25が明らかに浮いている。本数は正義。
    • 電光案内板もあったが撤去されてしまった。

静岡[編集]

浜松駅バスターミナル[編集]

  1. 駅北、駅南、鍛冶町と散らばっていたターミナルを完全統合。
  2. 隣の遠鉄百貨店から見下ろすと見事な正十六角形。真ん中に「伸びゆく浜松」のモニュメントが立っていて独楽のよう。
  3. 緑と銀色の遠鉄バスがひっきりなしに発着する中、たまに現れる青と白のJRバス、赤と白の京王バスが異彩を放つ。
  4. ここを起点に浜松市内はどこにでも行けるといっても過言ではない(天竜区内の山奥を除く)。

滋賀[編集]

京阪石山寺[編集]

  1. ここから京阪石山まで、大津線と京阪バスが競合する。
  2. 石山方面の各系統がここに集中する。
    • そのため、朝ラッシュ時は1h/27本と恐ろしい本数となる。
    • これじゃあ、石山坂本線はここからJR石山駅の間までも使ってもらえないなぁ。

京都[編集]

太秦天神川駅前[編集]

  1. 嵯峨野方面へのバスターミナル。
  2. のりばは3つあるが、よく使われているのはSANSA右京に面するA,Bのりばのみで、Cのりばは全然使われない。
    • あと、Aのりばによく来る京都バスはBのりばには全然来ない。
      • なぜなら、京都バス嵐山営業所のメインである四条烏丸経由京都駅行は、蚕ノ社に停まる代わりに当停留所をかっ飛ばすからだ。なお、同じ系統でも逆方向(嵐山・鈴虫寺方面行)は当停留所に停まる(その代わり蚕ノ社を通過する)ため、Aのりばにはけっこう京都バスも来る。
      • 五条線(81、85系統)の京都駅行はBのりばに停まるのだが、1時間1本(朝夕のみ)なので、影が薄い。
  3. 11系統三条京阪行は、当停留所に二回とまる。

京都駅前[編集]

  1. モニターが付いている。さすが京都駅前。
    • 京都市バスだけでなく、京阪バスグループ、JRバス、高速バス乗り場までついている。
    • …そうなんだけど、いつもボランティアのお爺さんが人力で案内しているイメージ。路線改廃が激しいのか全体の案内が少ないような。
  2. 京都駅八条口までバスで行けたりする。
  3. 市バス、京都バスだけでなく、京阪京都交通やJRバスも来ている。
    • JR乗り場というのがある。西日本JRバスのほかに、名鉄バスなども来ている。(高速バスの話。)
  4. 当停留所降りてすぐの地下通路入ったらポルタのレストラン。
    • (特にA,Bのりば)地下鉄へは、ポルタを通らないと乗り換えできない。

京都駅八条口[編集]

  1. 南部・西部への地域輸送を中心とする系統が発着するバス停。(ターミナルではない。)
    • 「京都駅前」や「京都駅八条口・アバンティ前」のような高速バスの発着もなく、地味。
    • 観光に使える路線も市バス105系統、京都まちづくり交通研究所の東寺・梅小路エクスプレスくらいしかない。
  2. 車内自動放送の乗り換え案内で、当停留所は近鉄・JR・新幹線を案内し、地下鉄烏丸線は東隣の「京都駅八条口・アバンティ前」で案内するそうだ。(八条通の東行は自信ないが、西行はそう。)

京都駅八条口・アバンティ前[編集]

  1. こちらは一部高速バスが発着したりする。
  2. 直Q京都号など、南へ向かう京阪バスはここ発着。
    • 山科へ向かうものは京都駅へ行かない。なので、京都駅前には京阪バスは乗り入れない。
      • 京都駅前のC2のりばに停まる京阪バスらしきものは、桂坂・亀岡方面へ向かう「京阪京都交通」である。
  3. 上にも書いたとおり、当停留所では烏丸線のみ乗り換え案内をするそうだ。

北大路バスターミナル[編集]

  1. 北部への主要バスターミナル。
    • 市バスしか来ない。
    • 烏丸北大路(こちらは京都バスも来る)とは別。
      • 車内放送でも、「次は、烏丸北大路、地下鉄烏丸線へは、終点の北大路バスターミナルまでご乗車ください」という。
  2. 地下にある珍しいバス停。
    • 烏丸営業所と隣接。(営業所も地下にある。)
    • 地下3階でバス同士乗り換えや地下鉄乗り換え、定期券購入などができる。
  3. 意外だが、バスロケが目立たない。
  4. 2017年春に北3と特37が均一化され、ここに来るバスは全て均一系統になった。

京都産業大学前[編集]

  1. 京都バスの一大バスターミナル。北大路方面と鞍馬、国際会館方面との乗り換え地。
    • であるとともに京都産業大学の通学輸送にも使われるため、毎日どの乗り場にも1時間待ちの行列ができている。
      • 特に40系統は非常に人気なため、専用のりばがつくられ、さらにその40のりばから国際会館行臨時バスも結構走らせているが、それでも1時間待ちの行列。
    • 当停留所から、「二軒茶屋シャトル」、「上賀茂シャトル」が出ている。叡電が通っている二軒茶屋はまだわかるが、上賀茂神社へのシャトルとはいったい…
  2. 高低差のあるバスターミナル。道路沿いの北行のりばから当停留所始発ののりばへは結構きつい坂がある。
    • なので、32、34、35系統鞍馬方面から、大学入口までは結構遠く感じたりする。
  3. 意外に市バスも乗り入れている。その北3系統は京都バス30、32、34、35、36系統と競合している。
  4. 前まではここは均一区間外だった。
    • 今でも国際会館側は均一区間外。それに、京都観光一日・二日乗車券も使えないという区間だ。

銀閣寺道[編集]

  1. 銀閣寺へ行くには、100と32以外の利用の場合当停留所で下車するのがいい。
  2. 今出川通東向き→白川通南向きと右折する系統の話、17系統はDのりばのみ、203系統はAのりばのみに停まるが、102系統は両方に停まる、少し謎なことをする。
    • 白川通北向き→今出川通西向きと左折する場合もそんなことをする。17、203系統共にCのりばのみに停まるが、102系統はBのりばにも停まる。
  3. Dのりばは錦林車庫行しか停まらないので、待つお客さんは誰もいないが、バスロケはしっかり設置されている。
    • 錦林車庫までたった2区間である。
  4. 京都バス・京阪バス共同ののりばがあるが、京都バス側は週に2本の18系統と、行楽時のみの51系統と、平日は1本も来ないようなところなので、京阪バスがほとんどである。

三条京阪[編集]

  1. とにかくデカいバスターミナル。
    • 市バスののりばは三条通り沿いにあり、京都バスののりばは川端通り沿いにある。
    • それでも今は鴨東線開通などで規模が縮小した。京阪本線・京津線が地上になった時代はもっと大規模なバスターミナルがあり、市バスの一大拠点だった。
  2. 出町柳駅前とは対照的に、当停留所始発は市バスが多い。
  3. 17系統京都駅前行の京都バスは一旦川端通南行沿いの停留所に停まり、また三条通東行の停留所にもとまるというめんどくさいことをする。
  4. ここから四条通までは、珍しい市バスの川端通区間である。

高野橋東詰[編集]

  1. 京都バス南行のりばはカナートの入口の目の前。
    • 北行は歩道もないようなところにある。
    • 市バスの停留所とは結構離れれいる。
  2. 市バスは両方、京都バスは北隣との間隔が短い。
  3. わずか200~250ⅿ。歩いて5分もかからない。よく見える。
    • 北大路通東側ではこういうのが結構あったりする。
    • 220ⅿほど北にある北隣の停留所の前には高野営業所の車庫がある。

中書島[編集]

  1. 中書島駅北口から歩いて3分ほどのところに位置する。
  2. 当停留所に停まる南行バスの大半は南隣の京阪中書島・伏見港前には停まらず、調整区間である下三栖に突入する。
  3. 81系統(一部の南5、105系統)は均一系統でありながらも当停留所以南2区間は500円の一日乗車券は使えないので注意が必要。
    • 均一系統だけど当停留所以南は210円の特別運賃となっている。
    • 上記のことは4本のうちの3本の、横大路車庫行に乗った場合の話で、1本の京阪中書島・伏見港行利用者は全く関係のない話。
  4. 南隣の京阪中書島・伏見港前に停まるのは81系統、南3系統、20系統、22系統の一部と南8系統。
  5. 上で散々書いているように、当停留所より南は何もないため、南行のりばで待つ人は少ない。
  6. これまたややこしいこと、南行のりばに停まる南8系統が竹田駅行で、車庫行が北行とほかの系統とは逆のところに停まる。

京阪中書島・伏見港前[編集]

  1. 中書島駅南口前と、伏見港公園のロータリーの2つののりばで成る停留所。
    • ここを通過するバスは多いため、北隣の中書島で待ったほうがいい場合もある。
    • 81系統、南3系統、20系統、22系統はここに停まるものと停まらないものがあるのでややこしい。
  2. 81系統が公園の前のロータリー、南3系統、南8系統、20系統、22系統が駅の目の前の停留所に停まる。
    • 青い均一系統は公園前、白い調整系統は駅前と覚えたらいい。
  3. ここから下三栖へは行けない。北隣の中書島をご利用ください。

出町柳駅前[編集]

  1. 京都バスはここ発着が多かったりし、目立つ。32系統、10系統など。
    • 市バスはあまり目立たない。
  2. ここから金閣寺へは洛バス102しかない。
    • それは1時間に2本。

西大路四条[編集]

  1. 阪急西院駅との乗り換え機能を果たす。
    • 嵐電西院駅は四条御前通のほうが近い。
  2. ここ以北は3種類の循環系統が走ることとなる。
  3. 実は京阪京都交通も乗り入れている。
    • イオンモール京都五条への直行便。100円。
    • 西大路四条→イオンモールは遠回りに感じる。逆はあまり感じない。

阪急嵐山駅前[編集]

  1. バスターミナルというのは名ばかりで、実際はバス停に回転場がついたようなところである。
  2. 当停留所の、駅前のりばに乗り入れるのは、当停留所始発のみ。
    • 当停留所始発はすべて京都バス。
    • 市バス28系統、京都バス63、73系統などここが途中の場合は、駅から徒歩3,4分の府道29号ぞいの停留所に停車する。
  3. ここへ来る系統のさほどは京都バスで、市バスは28系統の一つのみ。
  4. 当停留所を発着する系統は、基本すべて均一系統だが、行楽時のみ走る嵐山・高雄パークウェイバス(90系統)は調整系統である。
    • ちなみに90系統は京都観光一日・二日乗車券は使えないそうなので注意。均一区間内の一日乗車券は鳥居本停留所までなら使えます。

京阪六地蔵[編集]

  1. 京阪バス、京都京阪バスのターミナル。
    • 合わせて日中一時間12本以上発車する。
  2. 上記のとおりまあまあたくさんバスが発着するここなのだが、周辺の道が狭い。どこから入っても1車線道路を通らなければならない。
    • その割には日野ポンチョは見かけない。
  3. 当停留所を発車するすべての便が、当停留所始発であり、経由するだけの便はない。

大阪[編集]

樟葉駅[編集]

  1. 流石はバス需要が高い枚方や京阪ローズタウンへのターミナル、他の駅前ターミナルよりも豪華な感じ。
    • そしてひっきりなしにバスが来る。ま、多方面に路線を伸ばしているせいもあるが。
    • バスロケはくずはモール店内や駅前に設置されている。
  2. とにかく広く、のりば数が多いのが印象的。
    • バス停は実に9個ある。
  3. くずはモール前という停留所があるがイズミヤなど北部分へはこちらのほうが便利。

くずはモール前[編集]

  1. 西行バス乗り場の時刻表を見るとぞっとする。
    • 西行は全てのバスが樟葉駅行。
    • でも、さすがに終点の樟葉駅とは近すぎるので、そこの停留所で待っていても乗り口のドアを開けてもらえない。ま、200mで220円はいくら何でも無駄である。
  2. くずはモールの南側、ヒカリノモールは近いが、イズミヤへ行きたいならば終点の樟葉駅のほうが近い。

阪急三番街・ハービス大阪・大阪駅JR高速バスターミナルなど[編集]

OCAT・湊町バスターミナル・なんば高速バスターミナル[編集]

兵庫[編集]

阪急伊丹駅[編集]

  1. 支線の終端駅の駅前とは思えないほど大規模なバスターミナルで、ここから伊丹市内各方面にバスが伸びている。
    • 多くの路線はJR伊丹駅前も経由・発着する。
    • 「伊丹」だけに大阪空港への直通バスもある。
  2. 乗り入れてくるバスの大半は伊丹市営バスだが、川西方面と結ぶ阪急バスも乗り入れてくる。
  3. 駅を出てまず目に入るのは北側のロータリーだが、それとは別に駅ビルの東側にも乗り場がある。
    • そのため行き先と乗り場を確認しないと迷うことになる。
  4. 今の構造になったのは震災後に今の駅ビルができてからで、震災前は高架駅の東西に乗り場があった(と思う)。

神姫バス神戸三宮バスターミナル[編集]

  1. JR三ノ宮駅の高架下にある。
  2. 停車スペースはその高架橋の柱と柱の間。
    • 柱と柱の間がバス1台分を停めるのに丁度いい幅になっており、それが8台分並んでいる。
    • 奥は行き止まりになっているため、バスはバックで入線する。
  3. 当然狭い所にバスがひしめき合うような構造なので、利用客は自分が乗る便が入線するまで待合室で待機していないといけない(実際そうしないと危険)。
  4. 何とBT内の柱は殆どラバーとかで保護されていない。万一運転手が出入りをミスった時点で関西の交通、いや日本の物流が大混乱。
    • ウチの運転手はそんなことは絶対しない、という自信の表れだろうか?

三宮バスターミナル[編集]

  1. 通称「ミント神戸」。
    • そのため車内放送で「ミント神戸」とだけ案内する会社もあるが、特に初めての利用客は「何処ソレ?」状態に。
  2. 狭い土地にかなり無理して造ったため、形状が独特。
    • 停車スペースが出入りする道路に対し斜めに造られていて、建物もそれに合わせて直角三角形になっている。

奈良[編集]

大淀バスセンター[編集]

  1. バスセンターを名乗っているのがおこがましいと思えるほど簡素な設備。
    • バス1台分ぴったり*3の三角形の停車スペース内に、中に10人も入れなそうな狭苦しい三角柱状の待合室が建つだけ。当然窓口とかは一切ない。

岡山[編集]

天満屋バスステーション[編集]

  1. 百貨店の名前がついているからといって広島みたいなのを期待すると肩すかしを食らう。
  2. 近年になってここに来なくなった高速バスが増えた。
  3. 宇野自動車は乗り入れない。表町にターミナルが別にある。
  4. 路面電車2路線からは微妙に距離がある。

広島[編集]

広島バスセンター[編集]

  1. 広島そごう3階に入居。
    • エレベーターに乗っていても3階だけどこか空気が違うため他県の人はたいてい驚く。
    • そごう完成前は地上にある普通のバスターミナルだった。
  2. ここから出る高速バス路線の東限は東京、南限は鹿児島まで。
  3. かつてはバスが建物を出るスロープから広島市民球場のグラウンドが見えた。

福岡[編集]

西鉄天神高速バスターミナル[編集]

  1. 最近まで「西鉄天神バスセンター」という名前だった。
  2. ここを発着する高速バスで渡辺通りが埋まる。
  3. その名の通り、西鉄が絡んだり、絡んだことのある高速バスしか来ない。
    • 他のバスは路上のバス停に着く。天神の街自体をバスターミナル呼ばわりする人もいるとかいないとか。
  4. 最近工事してきれいになった。
  5. 福岡らしいのか、夜に1Fまで降りたらだいたい屋台が建っている。
  6. 路線バスは道路上なので、バス停が多すぎ。同じ方向でも別々に停まるので混乱状態。したがって「バスに並ぶ」はありえない。

博多バスターミナル[編集]

  1. 福岡市のもうひとつのバスターミナル。
  2. かつては「福岡交通センター」。国鉄も出資していた。
  3. 天神と違い、JR九州バス・昭和バスも発着。
  4. しかし路線バスの多くは駅前のばらばらなバス停に停車。中央埠頭行きの連接バスやキャナルシティ方面は普通のバス停なので、案内所の説明係が大変。特に外国人が来ると混乱。博多駅改築のときに増築しておけばよかったのに。
  5. ドームの野球開催日は1階の行列がフロアで収まらないこともある。西鉄の地下鉄つぶしのツケ。
  6. バスターミナル以外にショッピングモールとしても機能している。
    • ゲーマーズとナムコは天神ではなくここの中にある。
    • しまむらもダイソーもある。ダイソーは広いので大人買いの人が多い。
    • 金沢のゴーゴーカレーもあった。
    • 強引な形状でマクドナルドがある。
    • 紀伊国屋書店もある。
  7. 昔はあちこちにゴミ箱があったが今はない。
  8. 2階にはローソンとトイレがあるが、乗り場とは壁で仕切られている。一旦1階に行かねばならない。
  9. JR側に別に店があるが、道路の関係で一旦上か下に行かねばならない。
  10. エレベーターやエスカレーターが複雑で、上の階まで行かないものがある。

小倉駅バスセンター[編集]

  1. 駅前のロータリーに案内所があるのみ。
  2. 高速バスは別。デパート「コレット」前。
  3. ご多分にもれず、バスターミナルの要望を西鉄と国鉄の対立でつぶした。
  4. 本来ならコレットは広島バスセンターのようになっていたようだ。
  5. 魚町や平和通など駅前と無関係なバス停中心の路線も多い。

宮崎[編集]




憧れの東京!仕事と住居を同時提供TokyoDive[PR]

関連記事