パレスチナ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
保護解除
このページは、保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。
Googleで「パレスチナ」を検索

ご当地の噂 - 世界アジア西アジアパレスチナ

ルーマニア ウクライナ ロシア   カザフ  
ブルガリア   キルギス
ギリシャ   黒海 カフカス カスピ海 トルクメン ウズベク タジク
エーゲ海 トルコ クルド イラン アフガン 中国
北キプロス    シリア イラク パキスタン
キプロス     ペルシア湾
地中海






サウジアラビア  
 
 
バーレーン
エジプト カタール イ ン ド 洋

  UAE
スーダン イエメン オマーン
  1. ユダヤ教徒イスラム教徒、明らかにユダヤ教徒が悪い。
  2. 失業率が高い。
  3. 独立を目指している。
    • 世界94ヶ国が国家として承認している。日本はまだ。
    • 2014年現在、134ヶ国に増えた。でも日本はまだ。
  4. 国際法上はヨルダン領である。
    • ヨルダン本国の国民7割が、イスラエルに住処を追われたパレスチナ人難民とその子孫が占める。
    • ↑正確には間違い。第三次中東戦争まで実行支配していただけで国際的には未承認。さらに1994年には、正式に領有権を放棄している。
  5. ちなみに、パレスチナを反対にして読むと、ナチスレパである。
    • 真面目な話し、それは日本語のカタカナで書いたらそうなるってだけだろw
      • 英語表記のtiはチじゃなくてティだけどね。んで、英語逆表記だとアニットセラップかな?ところで「話し」ではなく「話」ではなかろうか。
        • Anitselapでアニツェラープだろ・・・。後ナチスも正しくはナツィ(ス)な
      • アラビア語では「フィラスティーン」。
    • ユダヤ人にとっては第二のナチス・・・といったらパレスチナ人に失礼か。
      • イスラエル人がパレスチナ人の虐殺を行っているのだから、どちらかというとイスラエル人の方が第二のナチス。
      • 手塚治虫「アドルフに告ぐ」では、主人公の1人、日独混血でナチ残党のカウフマンがパレスチナに加勢する設定になっている。最後はもう1人の主人公で実は幼馴染みである元在日ユダヤ人(神戸のパン屋の息子)・カミルと決闘して死ぬのだが・・・・・
      • 中東土着のユダヤ人(つまり欧米出身では無い)とは遺伝子的にほぼ同一。先祖がユダヤ教徒だったが、キリスト教やイスラム教に改宗した人が大量にいたのだろう。
  6. 夢も希望もないミッキーが見れる。
    • ヒズボラ(ヒズブッラー)の作ったTV番組だっけ?ミッキーとミニーが「イスラエルに復讐しよう、大人になったら自爆聖戦戦士となって殉教しよう」とパレスチナ人の子供たちを洗脳・・・・・・。
    • 米帝の象徴なのにいいのか?
  7. ここで行われた反戦デモ行進では涼宮ハルヒのプラカードを掲げて行われた
    • 確か「SOS」で一番上にあったのがそれ、ってオチじゃなかったっけ?
  8. もち単なる地域の名前。民族はアラブ、宗教はイスラム教とキリスト教。
  9. 実は世界で注目されているパレスチナは攻撃受けても国連で復興金を出してもらっている。
    • もちろんアメリカも出している。
  10. 「オリエンタリズム」著者、エドワード・サイードの出身地。
    • パレスチナ系米国人のハーバード大学教授。この本がきっかけで知識階級の白人が東洋人をオリエンタルという半分蔑称に近い呼び名で呼ぶのを止めたのは痛快。
  11. ガザ地区とエジプトとの間に近い南部の町に地下トンネルがある。
    • イスラエルが一方的に作った壁のせいで、ガザ地区のパレスチナ人が食糧やセメントや生活必需品を入手できなくなり、パレスチナ人(壁が原因で失業した男達)がこっそり土を掘って作ったトンネルからエジプト製食品や電化製品を運び込む。
  12. ウェストバンク(ヨルダン川西域)でパレスチナ人によるオリーブ畑でとれるオーガニック(無農薬)オリーブオイルは美味。
    • 大量には作れない。ユダヤ人入植者にしょっちゅうオリーブ畑を破壊されるので。もちろん違法だがイスラエル軍は見てみぬふり。
  13. PLOリーダーの故ヤセル・アラファトは日本のテレビ番組「進め!電波少年」で、松本明子にせがまれてカメラの前でカラオケを歌った。
    • この番組に我が母がやたら感動していた・・・・そして親パレスチナ・反イスラエルに。
  14. あまり知られていないが、北朝鮮北キプロスと同様に、分裂国家である。
    パレスチナ発行記念切手・(左)西岸地区2001年・ツェッペリン飛行船来訪70年と(右)ハマス支配区域(ガザ地区)2010年・ガザ地域武装蜂起
    • 西岸地区はファタハ政府の統治下だが、ガザ地区はハマスが実行支配。国際的にはファタハ政府の方しか承認している国はいない。
    • もちろん、切手も両政府がそれぞれ独自に発行。西岸地区はリベラルな趣向だが、ガザ地区の切手は過激なプロパガンダ満載である。



関連記事

スポンサーリンク