パンアメリカン航空

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
パンナム、TWA、イースタン・・・兵どもが夢のあと。
  1. 「Pan American」の頭五文字を取って「PANAM」。リエゾンするので「パナム」と読むが、日本では「パンナム」として知られていた。
  2. 飛行機が「高級」なものであった時代を象徴する航空会社。
    • その時代が崩壊したことで、新たな価値観に対応できず倒産した。
    • 黄金時代のパンナムの曲を聴くと、諸行無常の響きを感じる。
  3. ボーイング747を最初に導入した会社。
    • 需要を見据えず導入しまくったことが、結果として値崩れや定員割れを招いて経営悪化に繋がった。
  4. 海外旅行が自由化されたころの日本で、日航と共に航空会社といえばここだった。
    • 懸賞でも「パンナム利用」は憧れの言葉だったようである。
    • 昭和50年頃まで、アメリカ出張といえば、ここか日航だった。
      • こちらの会社も早くから日本に就航していたが、お呼びでなかった。
  5. ニューヨークの本社ビル頂上から空港まで、ヘリコプター便があったことがある。
    • その本社ビルは業績悪化に伴って売却された後巨大なイグアナに穴を開けられた。
    • 初期ウルトラの決勝会場としてもおなじみだった。
    • 現在は保険会社「メットライフ」のものになっている。
  6. アメリカのフラッグキャリア。この会社が潰れたため今のアメリカにそれはない。
    • ベトナム戦争の際には兵士を保養地へ運ぶための便も飛ばしていた。
  7. 国際線専門会社という雰囲気で、アメリカ国内線は殆ど無かった。
    • 国内線に参入しようと別会社を買収したが、これが命取りになる。
    • ハブは意外や意外、マイアミだった。
  8. 1985年にユナイテッド航空譲渡で日本から撤退するが、末期は黄金時代のパンナムと比較して余りにも悲惨な空気が機内から感じ取れたと言う。
    • 路線網をどんどん切り売りして行ったため、末期には南米線と唯一大西洋線で残ったマイアミ-パリ線以外の国際線は皆無になっていた。
  9. アメリカン航空とは何ら関係は無い。
  10. 商標自体は1991年の倒産後、別の会社で使われていたが、今はパンナム名義の便は無い。
    • 潰れた会社にもかかわらず、なぜかこの会社の商標は好んで使われる。
      • 現在のブランド権所持社は貨物鉄道の会社。
    • そのほかフライトアカデミー部門がパンナム破綻後も独立会社として存続。2013年にANAに買収となったが・・
  11. 「2001年宇宙の旅」をはじめ、映画出演には熱心だった。
    • 現実の2001年には映画のような宇宙旅行は実現しなかったが、それ以前にパンナムが消えていた。
      • 「ブレードランナー」では2019年の雨ばかりの世界でもPANAMのネオンが輝いていた。
    • 21世紀も当然残る企業として考えられていたようだが、航空業界の厳しさを示している。
  12. こちらの会社と共に「兼高かおる世界の旅」で有名な航空会社。
    • 兼高さんがここの東京支店長の愛人だった縁でできた番組だって話聞いたことあるけど、本当かね?
  13. テロ事件が倒産の引き金を引いた。
    • 手荷物検査の杜撰さが発覚、社も責任を問われた。末期のパンナム情勢が伺える。
    • ジョン・ライドン夫妻 (sex pistols)は搭乗が遅れて命拾いした。
    • このテロのせいで日本便復活が白紙に戻ってしまったらしい。
  14. ロッカビーとか、テネリフェとかの有名な事故の当事者としても有名。
    • 上述のように「アメリカのフラッグキャリア」と認識されていたためテロやハイジャックの標的にされたことも多かった。
  15. 最近の若い人にはバンナムと勘違いされてしまう……と思いきや、海外ドラマの題材になったり、グッズが売れていたりと人気は根強い。
トークに、パンアメリカン航空に関連する動画があります。



関連記事

スポンサーリンク