ピーチ・アビエーション

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

peachの噂[編集]

機体の色?「peach色」よ!
  1. 全日空が香港の投資顧問会社と組んで設立した日本初のLCC。拠点は関空
    • ANAとしては、スカイマークに取られていった客を取り返す目的で立ち上げた模様。
      • そのスカイマークは2015年1月、遂に経営破綻。A380など戦略にも問題はあっただろうがANAの目論見は成功したように見える。
        • そしてそのスカイマークをANAが支援するという皮肉な事態に。A380もANAが導入するとか。
    • 実は国の役所も出資している。日航があんな状況の中、よくまあ出す決断を下したなと思わなくもない。
    • 実は厳密に言うと全日空の子会社ではないらしい。出資比率の関係上連結決算にはならないんだとか。
      • ANAも「親会社が口出しするとろくな結果にならない」と元から独立採算でやらすつもりだった。エア・アジア→バニラエアがいまそれを実証してるようにみえる。
      • ANAホールディングスの子会社(出資比率50%超)ではなく関連会社(出資比率20%以上)と呼ぶのが正しい。
  2. ブランド名が「peach」なのに機体が紫色なのは突っ込まない約束。
    • 会社の名前のセンスにも突っ込むべきではない。
    • ハンガリーにはあれと殆ど同じカラーリングの格安航空会社「ウィズ航空」があり、マレーヴ・ハンガリー航空が倒産して以来そこがハンガリーの最大手になった。
    • 個人的には、こっちの考えていることの斜め上を行くあの感じが好きなんだけどな。
    • 社長のおっちゃん(井上さん)も、なかなかのセンス。(良くも悪くも)
  3. 初年度(2012年度)は関空-福岡・新千歳・仁川の3路線。
    • 関空 - 福岡って……? スターフライヤーの空間埋めにしか見えない……
      • そのスターフライヤーも関西ー福岡線就航決定(2013年秋より)。さてさてどうなることやら。
        • スターフライヤーは完敗の模様。全然人が乗ってない。
          • 10月からだからまだ飛んでないんですけど。しかし運賃がLCC顔負け。ピーチもジェットスターもやばくね?
            • すまん、北九州から羽田行きの時に乗ったやつを間違って記憶してた…… とはいえ、この値段で、機内サービスありとなると少なくとも九州人はスターフライヤーに移るだろうなあ。
              • 関西の客もどれだけネーミングを浸透させるかが鍵になるだろうけど、いい勝負しそう。
              • わずか3ヶ月で「勝負あった」。SFJが休止。
            • SFJは中部-福岡就航のため関空-福岡線は僅か3ヶ月で撤退。経営再建途上でANA線からの振り替えが進んでる。
    • どんどん増えてる新路線。開業後すぐに鹿児島長崎が追加された。
    • さらに、韓国やら台湾やらに飛ばし出したが、那覇はそれより後だった。
    • そして、仙台と石垣島へ飛ばす。
      • 那覇~石垣間は、後回しにされている。
  4. いずれ任天堂岡山市辺りと提携キャンペーンを始めそうな社名とブランド。
  5. 2レターコード「MM」は、"桃"に由来しているとのこと。
  6. 今や、国内航空会社の中の勝ち組。早朝や夜間の便でも、満員に近い搭乗率にはビビった。by 2012年10月時点で既に6回乗った人。
    • 定時運行率もエアアジアやジェットスターよりも上。
  7. 兄弟会社とかち合うのを避けるためか関空-成田線を就航していない。
    • 2013年秋に成田就航の模様。
      • というわけで、「ピーチ 首都圏」でヤフー検索を掛けてみたところ、トップはデ○ヘルの広告だった。(2013年6月)
        • とはいえ、飛行機で客を届けてくれるか、電話でオネーサンを届けてくれるかの違いかと考えたらたいしたことないわな。
    • その兄弟会社はピーチの成田就航とほぼ同時期に合弁解消。ANAグループの成田基盤のLCCとして残すとは言っているが、ピーチへの統廃合はあるか?
    • 2015年のPeach成田第3拠点化で成田-新千歳において見事Vanillaと競合するように。
      • 機材繰り運用の感がぬぐえず直ぐに撤退するも、バニラ消滅の煽りで復活する模様。
  8. 正式社名は英字で登記されているのに、何故かこの見出しのように仮名書きにされることが多い。
  9. やたら、南海と仲が良い。
    • かつては、南海バスとつるみまくっていた。
    • Peachの搭乗客しか買えない企画乗車券もあり、大阪へのアクセスでは有利。
    • Peachの機体柄の「ラピート」(ハッピーライナー)もあった。
  10. 実は、社長も含めて社員全員が3年契約の契約社員らしい。
    • 3年後どうするんやろ?再雇用契約結んで、その後正社員化かな。
    • 航空業界というのは程度の差はあれどこもそんなもん。
    • いろいろ調べてみると、労働法の制約が面倒なので、3年でクビにするらしい。そら、大半がママさんスッチーなわけだ。因みに一般的には三年後に正規雇用へ移行。
  11. ママさんスチュワーデスが結構多いらしい。
    • ホームページの広告画面に出ている女性がその1人であるというのは有名な話の模様。
  12. 「桃が空を飛ぶ」がコンセプトらしい……
  13. 冒頭にも出てきたが、関空が拠点。
    • 関西空港第二ターミナルはPeachが完全支配中。だが、遠くない将来春秋航空が利用を計画しているとかしていないとか。
    • 永きにわたって(つっても営業開始から2年弱程度だが)関空のみを拠点としていたが、気がつけば那覇を拠点化していた。
      • さらに、当初全日空が描いていた関空をPeach、成田をエアアジアに任せる計画が見事に絵空事に変わったため、成田さえも拠点化する方事が決定済み。
        • さらに仙台空港も拠点化する計画らしい。4空港目はベトナムか台湾あたりかと思っていただけに正直意外であった。
      • 気がつきゃ路線も関空を通らないルートが増えてきた。那覇~福岡、ソウル、香港、台湾とか成田~札幌、福岡などある程度の幹線は握っている。成田関連なんて当初計画じゃ絶対エアアジアにやらすつもりだっただろってな路線。
        • 成田-関空・福岡・新千歳はジェットスター・ジャパンと真っ向勝負状態に。しかし成田側でも関空側でもお互いのターミナルの位置が異なっている。
          • 実はJetstarとの対決においては、既に何路線かで結果が出ているものがある。例えば、関空~札幌などのように片方(この場合Jetstarの負け)が路線縮小&誰が乗るんだというような時間帯に出ているようなところは事実上勝負あり。
          • 地盤の関空では他社に対して優位に立つが、成田では競合激しく新千歳・那覇線から撤退する模様。バニラエアとも競合するのが大きかったか。
    • 実はこの関空拠点戦略がこの会社の成功理由の最大の要因とかなんとか。関空が使用料を下げてくれてLCCを超優遇してくれていたというのもあるが、それ以上にケチな関西人のウケが良かったというのが最大の成功要因。
    • (旧)エア・アジアが徹底してしまった中部国際空港に来る日はいつとなるのだろか。
    • 遂には真夜中に羽田からソウル・台北・上海へ飛ばすように
  14. 成田では第3ターミナルが出来ても第1ターミナル残存。Jetstarが関空で第1使ってるのと対照的。
    • 沖縄ではLCCターミナル。しかしここでもJetstarは国内線ターミナルを利用。
      • おかげで同じ関空-那覇線でもPeachは空港敷地内に入ってから各々専用ターミナルに移動しなければならないので、空港内移動時間が長い。
  15. 日本ではローコストキャリアの一つとして有名だが、台湾などではそれほど高い金を払わなくても乗れるけど高級感のあるエアラインの一つとして知名度が上がっているらしい。
    • なんでも他国の航空会社と比べピーチは機内サービスが有料なものもあるが、それ以上に接客などが優れているという評価があるらしく、そんな評価になっているとか。
  16. 2017年、「艦これジェット」が登場。国際線にもガンガン運用されているようだ。
  17. バニラを喰って更に肥大化。

バニラ・エアの噂[編集]

「やる気あるの?」
「はあ?」
「やる気……?
なにそれ?」
  1. 全日空がエアアジアと組んで設立したLCC。拠点は成田。
  2. peachは関空でエアアジアXが羽田、エアアジア・ジャパンは成田と両社の住み分けが成功するのかどうか疑問…。
  3. エアアジアとの合弁は、マレーシア航空ワンワールド入りを決めて、将来提携解消を強いられるのを見越したかのように見える(エアアジアもマレーシアが本拠地)。ひょっとして、ANAはエアアジアと日本-マレーシア線でのコードシェアも狙ってる?
  4. 正直、peachよりも、インターネット窓口のヘルプ画面や電話対応などが雑だ。
    • これで日本式に方針変更していくことを提案したANAと本国式にこだわるエアアジアの対立があった模様。
    • 旅行会社との提携も他の日本LCCほど行わず。機内持ち込みにも制限をかけチェックイン時間の締め切りも早い。それゆえか搭乗率が低迷していた。
  5. どうも提携解消する模様。全日空はピーチに一本化して、エアアジアは別のパートナーを探すとか。
    • 地方空港とかどうするんだろ?結構ANAの地上に頼ってる所多いぞ。
    • 特にカウンターでの荷物受取り業務。
    • 結局エアアジアは楽天と組む事に。
  6. 「バニラエアー」に改名。
    • WAJからVNLに変わって分かりやすくなった。
  7. バニラへの切り替え後はリゾート需要を中心とした路線展開に。
    • ANA本体が撤退した奄美航路にも進出。
      • この路線のおかげで、奄美からは同じ県内であるはずの鹿児島よりも、東京へ出かけるほうが安上がりになってしまっている。
      • 今まで東亜国内航空時代から続いていたJALの天下で余りに高かったためか、意外と好評の模様。気を良くして、関空からも飛ばすらしい。
    • 旧型機の比率も一気に増加した。またしても不採算の尻拭いに?
      • 旧型機は新造機が来るまでのつなぎですぐに終了
  8. ネットでの割引キャンペーン名が季節の話題をもじっていて凝っている。
    • しかしもじり割引「割シャレシリーズ」は2015年3月の「あ、割ぃ。」セールを持って休止。
  9. 中部空港は就航わずか1年で撤退。エアアジアXが翌年就航するもこれまた1年で撤退… 2015年には新エアアジアが来るらしいが鬼門ではないか?
  10. 結局、Peachに喰われて運行終了の様子。
  11. 一時期、台北経由でホーチミンまで飛ばしていたがすぐに終了。
    • しかし、ANAとしては未だにLCCで東南アジアへ飛ばす夢は持っているらしく、その夢はA321LRを購入するつもりのPeachに託す様子。

関連項目[編集]




関連記事