ブルターニュ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
Googleで「ブルターニュ」を検索
イギリス 北海 オランダ

フランス NPC ベルギー ルクセン
BR BN HN PI CA LO AL

西
PL CE ÎF BO FC スイス
PC LI AU RA イタリア
AQ MP LR PACA モナコ
バスク   アン   地中海
スペイン CO

ご当地の噂 - 世界ヨーロッパ西欧フランスブルターニュ


ブルターニュの噂[編集]

  1. ケルト人の子孫ブルトン人が住んでいる。
    • 大陸に元々いたケルト人(ゴール人=ラテン化してフランス人に)ではなく、アングロサクソンによりブリテン島から追われた「難民」の子孫。
    • そのためイギリスウェールズの住民とは通訳なしで意思疎通できる程度の近さ。なお、コーンウォール語(殆ど死語だが復元され保存されている)とはもっと近い。
    • なお、11世紀に住民の一部がノルマンディー公ギヨーム(後のイングランド王ウィリアム1世)のイングランド征服に帯同し、見事祖先の仇討ちに成功する。
  2. ブルゴーニュと紛らわしい。
    • あっちは東ゲルマン由来で全然違うけど、やっぱり紛らわしい。
  3. グレートブリテンに対する、「小ブリテン」とはこの地のことである。
  4. クレープが主食。
    • この地方は土地が痩せており、不毛の地でも育つそばで作る「ガレット」が長い間主食であった。
    • やがて宮廷料理として、そば粉から小麦粉を使ったクレープへと発展。
    • 主食で塩味系の食材を挟んだガレット、その後デザートで甘いクレープを一回の食事で食べるらしい。
  5. 極右のルペンはここの出身だけど、ブルトン人とフランス人どっちのアイデンティが強いんだろう。

町の噂[編集]

ブレスト[編集]

  1. ブルターニュ半島の先っちょ。
    • 英語のブレスト(breast)はおっぱいって意味だが、ブレスト市(Brest)はちょうど乳首の位置にあたる。
  2. フランス最大の軍港。
  3. 軍港つながりてなわけで、横須賀市と姉妹都市。
    • ブレスト市の海軍工場で働いていたフランス人技師・ヴェルニーが、横須賀で造船所や製鉄所の建設を指揮したのが縁。
    • 横須賀には、これを記念したヴェルニー公園がある。

レンヌ[編集]

  1. ブルターニュ地域圏の首府。人口21万。
  2. ナントとの間で、ブルターニュ公国の首都の地位を争った歴史も。
  3. 1720年、8日間燃え続けた大火災があり、街の半分が焼失した。
  4. 仙台と姉妹都市。お互い歴史ある街だから・・・ってのが姉妹都市締結に至った理由らしいが?
  5. 自動車産業とハイテク産業が主要な産業。
    • プジョーシトロエンの工場がある。
  6. 学生街。人口の4分の1を学生が占める。
  7. 稲本がやって来た。
    • が、すぐ川崎に帰った。



関連記事