ブルマーファン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
経過観察
このページは、テーマがサイト趣旨に沿っていないか、もしくは荒らされやすいと考えられるため経過観察中です。
今後の経過によっては保護が検討されたり、削除検討の対象になることもあります。
ただしテーマについての設立趣旨や投稿者間の管理方法のあり方によっては観察対象外とします。
本件に関するご意見などはトークページへお願いします。
  1. 女子の羞恥心によって男子の楽しみが奪われた。
    • 1990年代から減少しはじめ、2000年頃には(三次元の学校では)絶滅した。
    • 二次元や風俗だけでしか見られず、二度と復活できないことを悲しまずにいられない。
    • 二次元では、ブルマに否定的な姿勢を取る描写がほとんどない。
      • 作品によっては(リアリティ重視のため)あえて露出の少ない短パンにしている描写もある。
        • 残念ながら子供向け作品ではブルマーは絶滅状態。
  2. アダルトショップで堂々と買える事に喜ぶ
    • ただしかつて学校向けにブルマーを生産していたメーカーは、今も細々と生産しているため、真のマニアはネット通販でメーカーから「本物」を買う。
      • コスプレ用のブルマーなど質の悪い紛い物だ!!
        • コスプレ用のブルマーも「ブルマーには違いない」と買う者がいる。
  3. ブルマ物のAVは買わずにはいられない。
  4. お菓子系雑誌は欠かさず購読。
  5. 最近増えつつある陸上用ブルマには賛否両論。
  6. ブルマはブルマでも、あの大きくてブカブカした「ちょうちんブルマー」はそれ以上に過去のものとなったし、オタの間でも知っている人はほんの一握り。
  7. オレンジ、ライトブルーなどカラフルなのが好きな人と、オーソドックスな紺色しか認めない人がいる。
  8. 今まともに販売しているのは、トドラー未満の小児用がほとんどである。
  9. 考案された頃は、その機能的なデザインから女性解放の象徴のようなイメージだった。
    • それまでは女性は運動時でもぶかぶかのズロースにスカートというのが一般的で、動きにくかったらしい。
  10. 女子の体操服がブルマーだった時代、男子のそれは「スポーマー」だったが、そっちはブルマーよりも耳にしなくなった気がする(完全に死語かも)。



関連記事