プロイセン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

プロイセンという地域の噂[編集]

  1. プロ一線。
  2. 風呂一銭。
  3. バルト海南岸の地域。
  4. かつては多くのドイツ人が住んでいたが、第二次世界大戦後はドイツ人のほとんどは追い出され、ポーランドロシアの領域になってしまったため、プロイセンという地域名は現存しない。
    • プロシア人とはもともと海辺にいた少数民族。ドイツ騎士団に征服されていつのまにか存在を忘れられてしまった。
  5. 哲学者カントが一生の殆どを過ごした地。
  6. プロセインでもプロテインでもプロセブンでもない。
    • 勿論プロ市民でもない。

プロイセン王国の噂[編集]

  1. 16世紀にホーエンツォレルン家が公国として建国。ブランデンブルク選帝侯国との統合を経て、18世紀に王国となる。
  2. この国がビスマルクの元でドイツ第二帝国を作った。
  3. 歴代君主は「子は親父に似ない」という伝統がある。
    • 歴代君主名はフリードリヒかヴィルヘルムという伝統もある。
  4. 学ランのモデルはここの軍服。
  5. 藍色の絵の具のプルシャン・ブルーは王国の首都(本来はブランデンブルク)のベルリンで開発されたことに因む。「ベルリン青」とも。
    • 「プロシアとは 俺のことかと プロイセン言い」
  6. シュトゥットガルトから車で南へ約1時間、プロシアのホーエンツォレルン城はノイシュバンシュタイン城に負けず劣らず美しい容姿を小高い丘の上にあらわす。
    • (念のため)これは南ドイツにあった飛び地「ホーエンツォレルン公国」のことです。なお、ホーエンツォレルン家は元々こちらの出身です。
    • なお、この城のオーナーは今でもホーエンツォレルンの一族だそうです。
      • プロイセン王国=帝政ドイツの家系と、この地に残留した家系とで建物を分け合っている。
  7. プロセインではない。(by 昔勘違いしてた人)
    • プロテインでもない。
    • プロシアともいうがロシアでもない。
  8. プロイセンは軍国主義国家ではない。国家を持った軍隊である。
  9. 某国の国の擬人化漫画ではまだ存在している。ちなみに銀髪灼眼。
  10. 明治期の日本に大きく影響を与えた国
    • 日露戦争の乃木将軍はプロイセンの質実剛健に感化されて放蕩無頼を改めた
  11. カリーニングラード州を独立させて「プロイセン」の国名を復活させたい。
    • もう、ここにはドイツ人は住んでないよ。第二次大戦後にドイツ人はソ連によって全員追放。



関連記事