プーケット島

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
Googleで「プーケット」を検索

ご当地の噂 - 世界アジア東南アジアタイプーケット

ブータン 中国 台湾
インド ミャンマー
ラオス





バングラ




 

 

 
カンボ
ジア
  太 平 洋
 



  南沙
 
シンガ
 


インドネシア サラワク
(マレー)
ブル
ネイ
  スラ
ウェシ
  カリマンタン バンダ海 ニュー
ギニア
パプア
ニューギニア
  ジャワ バリ OA 東ティモール
CCS XMS   オーストラリア


  1. 名前の由来はマレー語の「丘」を表すプーキット。
    • 正確に言うとBukit(ブキッ)です。マレーシア首都クアラルンプールの繁華街「ブキッ・ビンタン(Bukit Bintang)」とは「星が丘」という意味。
      • 貿易の中継基地となっていた時代、西洋人からはジャンクセイロン=小さなセイロンと呼ばれていた。
  2. 津波後に旅客賃が安くなったのか、韓国人と中国人と関西人がやたらと多くなった。
  3. 昔の主な産業は錫。島内ばかりか海底からも掘れるが近代になって周辺の鉱山の方が安価になってしまい、ほとんど閉鎖してしまった。たった一社、プーケット湾で今も錫鉱石を採取している会社がある。
  4. ミャンマー軍にこの島が襲撃されたときに最後まで戦ってついに撃退した姉妹がいた。旧市街には今でもツーヒロイン像が建っている。
  5. 最近は日本人も戻って来てるみたいだけど、それ以上に韓国中国が増えてしまった。
    • フィリピンも同様に、日本人エリアを特亜人が席捲中。
  6. 大規模ショッピングモールが続々建設中。国立公園の近くにも建つ予定で景観の変化を心配する観光客も多い。
  7. シェラトンやJWマリオットなどの外資系が続々進出。コンラッドは買収で進出した。
  8. 空港がやたらと狭い。国際線ロビーでもゲートが両手で数えるほどしかない。
    • なぜか1~8ゲートと66ゲートになっている
      • つい最近、ゲートが増えたらしいよ。
    • ロイヤルオーキッドクラスのラウンジが素朴でナイス。置いてある食べ物も懐かしい感じのするいい雰囲気。
  9. 島に入ったときは男性だったのに、出たときには女性になっている人たちがいる。
    • パスポートの性別欄と食い違うので怪しまれる場合もある。
  10. タイ南部同様マレー系ムスリムが多い。
  11. アメリカやインド等、近隣の海域を通りかかる各国の海軍艦船がよく立ち寄る。
  12. プーケット島最大のパトンビーチは、昼間は静かで美しいビーチ、夜は一転して賑やかな歓楽街と姿を変える。日本人男性がこの界隈を歩けば、何人もの娼婦がすり寄ってきてモテモテになれる。



憧れの東京!仕事と住居を同時提供TokyoDive[PR]

関連記事