新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

ベタなキャラクターの法則/投稿規定

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

目次

文化人類学研究所の趣旨[編集]

  • 当研究所(ベタなキャラクターの法則)は、「フィクション作品におけるキャラクター設定の王道的表現の考察」を目的として設立されました。
  • マンガアニメゲーム小説映画ドラマ等、各種フィクション作品におけるキャラクター設定の法則(およびその具体例)等についての書き込みをお願いしています。

各利用者が上の趣旨を理解し、ルールにのっとって楽しんでいただきたいと願っています。
ベタなキャラクターの法則への各投稿者は全員、以下の「注意事項(簡易版)」節だけでも必ず読んでください。

注意事項(簡易版)[編集]

実在の人物の話はご遠慮ください[編集]

  • フィクション作品の登場人物ではない人はネタにしないでください。
    • どっかの政治家は漢字が読めないとか、某スポーツ選手はパねーとか、そういうのはその人の話です。別にフィクション世界の法則でもなんでもありません。

芸能人の扮装やキャラ付けの話はご遠慮ください[編集]

  • 結局はフィクション作品の登場人物ではありませんよね。
    • TV番組の中だけ女装する人とか、Hな動画で裸になったりする人とか、それは単にその人の芸風です。別にフィクション世界の法則でもなんでもありませんので。

嫌いなキャラクターの晒し上げはご遠慮ください[編集]

  • 悪口だの愚痴だの、あなたはすっきりするかも知れませんが、他の人はがっくりします。CO外しだの再COだのは、ハタから見てて見苦しいです。
    • あのキャラはビッチだの紙の装甲だから使えねーだの、例え頭で思ってても出さないほうが賢明に見えることがあります。バカらしく利口なフリをするのも、時には必要かと思います。

巨大ロボなどの人じゃない人の話はご遠慮ください[編集]

  • そもそも人じゃない人のことを話題にしたところで、何のことだかわかりません。ん、人じゃない人?
    • だいたい鉄人だろうとZだろうと、いいも悪いもリモコン次第です。お前は神にも悪魔にもなれる! ふははははは!

同人誌などの二次創作ネタはご遠慮ください[編集]

  • 同人ですか。わたしも昔はよく買いましたが、今じゃ押入れのコヤシです。要するに一過性のものですから、別に普遍的な法則でもなんでもありませんので。
    • 性転換だのキラアスだのココナツだの、そんな腐れた妄想を伝染させ宣伝しないでください。

単に参考キャラクター名だけを書くのはご遠慮ください[編集]

  • 法則のページは法則を書くページです。法則の参考にできるならまだしも、単なるキャラ名の追記はもうお腹一杯なので、全力でご遠慮願います。
    • 一部でキャラ名追記禁止処分とかになったページがありますが、恐ろしいことにそれを無視してまでキャラ名を書く人が出る始末です。
    • 面倒くさいので放置経過観察してるページもありますが、こういうのが続くともっと強い制限が必要になっちゃいますんで、やめた方がいいです。

キャラクター自身の特徴を考えない話はご遠慮ください[編集]

  • 担当声優なんてただの大人の都合です。エロい人にはそれがわからんのです。
    • 群衆に監督やら重要人物やらが紛れてるだの、マンガに担当編集者を出してひどい目に遭わせるだの、そんなんキャラクター自身の法則でもなんでもありません。
  • 単に声優の名前ばっか何人も書いてたり、アニメから入って原作でがっかりするとか、そんな話だらけの悪い子ちゃんページは掃除します。正直面倒大変なのでやめといてください。

以上の注意をもう少し詳しく知りたい方は、投稿制限ルールもご覧ください。

新規テーマのつくりかたの参考[編集]

  • ベタなキャラクターの法則を始めた者として、所長はだいたいこんな感じで新規項目をつくってきたという例。

研究テーマを考える[編集]

  1. テーマは漠然とした広範囲のものを思い付くことが多いが、その中でもピンポイントで例の少ないものに焦点を当てよう。
    • ex)科学者・博士→マッドサイエンティスト
      • 単に科学者・博士だけならフィクション世界に星の数ほどおり、およそロボットアニメには一人以上いるのが常。しかし単なる科学者よりも、マッドでトンデモな人物ならある程度限られ、しかもネタとして方向性が集中しやすい。
    • ex)天才→天才児
      • 単に天才なだけでは非凡な才能を持つ者の意なので、これまた漠然と星の数ほどのキャラが出てくる。年齢を特定し、その中でもフィクション作品ならではの荒唐無稽な天才(学力的に)少年少女キャラに絞ってみる。
  2. 漠然とすら全く思いつかない場合、既存のテーマの正反対、派生などを考えてみよう。
  3. 上の二つを組み合わせる技も使ってみよう。
    • ex)貴族→王族→お姫様
      • 単に王族だけでは漠然としているので、その中でも王女に焦点を当ててみた。ただし主観的萌え要素を大事にしたい個人的心情も多々あり。そうでなければ「王子・王女」になるだろうが、そこをあえてお姫様に限るところに意義があるのだだだだッ!(力説)。とか。

テーマに沿って研究を進める[編集]

  1. テーマが決まったなら考察を始めるにあたって、サンプルとなるモデルを2~3人考えよう。
    • ex)マッドサイエンティスト→兜十蔵、天馬博士、ドクターマシリト
  2. まずはサンプルの特徴や共通点を探してみよう。
    • 自分の欲求を第一に発明をし、それを人の役に立てようという気は最初からない。
    • 自分の作品には絶対の自信があり、仮に何かミスがあっても認めない。
    • 少なくとも作品世界に同等以上の頭脳を持つものはほとんどいない。
  3. サンプルから出てきた共通点を叩き台に、他に似たような特徴を持つキャラクターがいないか連想しよう。
    • 自分の欲求に忠実、自信家、世界でも指折りの頭脳→岸和田博士
    • 発明品=マジンガーZ→ゲッターロボ
  4. 連想して新たに出てきたサンプルを厳選しよう。
    • 発明品=アトム→御茶の水博士
      • しかし御茶の水博士はアトムの後見人のような立場で、父親代わりに見守るキャラ。
      • アトムの弟・コバルトやタイムマシンも発明するが、兜十蔵やマシリトと肩を並べるほどマッドなイメージがない。
    • 作品世界で双璧を成す頭脳=マシリト→則巻千兵衛
      • アラレや数々の発明品は自分の欲求が優先されているが、家族には優しく面倒見は良い。同じく他のマッドサイエンティストと肩を並べるような人物ではない。
  5. 以上を繰り返し、少なくともその研究テーマならではの法則とサンプルが5行5例以上に集まれば、骨格はできたも同然。さらに発想を伸ばそう。
    • 逆に3行3例以下にしかならなければ、まだまだ練りこみが足りないと思われる。
  6. あまりにもアイディアが出ないようならば、そのテーマ自体に無理があるケースも考えられるぞ。
    • ex)「ベタな日本人キャラの法則」
      • 男か女かのどちらか。
      • 髪は黒いか染めているかのどちらか。
    • 余りにも当たり前の2択であり、そもそもフィクション作品や日本人に限らないこと。自分で読んで興味をそそらない、面白くないテーマは誰も面白くない、と思おう。
    • ex)「ベタなサラリーマンキャラの法則」
      • 新卒社会人から定年間近までたくさんいる。
      • 会社に行って帰る毎日。
    • これもフィクションに限らず当たり前すぎる上、誰にでも思いつく。サンプルになったイメージモデルが全然見えてこない。しかし少し捻れば育てられる可能性は残されている。
    • ex)サラリーマン→エリートサラリーマン
      • 年収数億を稼ぎ出すやり手のサラリーマン。
      • 語学堪能でキレ者。商談は必ず勝つ。
    • これなら確かに典型的でベタなエリートサラリーマンだが、マンガアニメ等の世界にサンプルを見つけにくく、発想が続かない。レディース漫画やメロドラマなどにはいそうだが、よく知らない自分の手に余るテーマには手を出さないほうが無難。
    • ex)エリートサラリーマン→ダメサラリーマン
      • 会社では怒られまくり、家では肩身も狭い。
      • 安月給で残業続き。いつも疲れた顔でペコペコしてる。
    • 特に昔のマンガ等にはたくさんいそうだが、ありきたりな法則で大して興味深くなく、すぐに収束しそう。伸びる芽が薄そうなら思い切って捨てるのも勇気。

研究発表前に推敲する[編集]

  1. まずはインパクト。このテーマと言えばまずこれ、と思える法則を最初に持ってこよう。
    • ex)料理下手
      • 料理で人間をノックアウトできる。
  2. 出てきた法則で類似するものは近づけて並べよう。容姿、行動、能力、人間関係などは固めたほうがすんなり読みやすいぞ。
    • ex)メイド
      • (容姿)見目麗しき乙女。
      • (容姿)黒、または濃紺のロングワンピース
      • (容姿)髪は基本的にさらさらのロングヘア。
      • (行動)1にご奉仕、2にご奉仕。
      • (能力)家事万能。
      • (能力)いざというときは主人の護衛ができるほど腕が立つ。
  3. ありきたりな表現も言い回しを捻ってみると、読んだ印象が結構変わるぞ。テーマに似合う表現を考えて、忍び込ませてみよう。
    • ex)お姫様
      • 長い金髪→輝かんばかりのロングのプラチナブロンド
      • 優しい女性→慈愛の化身の淑女
  4. 大本になる法則に枝をぶらさげてみよう。
    • 少しばかり漠然としてても、最初に自分で書いた法則によって方向性を誘導することが可能。
    • ex)天才児
      • 実は勉学に天才的に限るとはどこにも書かれておらず、スポーツに天才的な天才児もありえる。しかし最初に書いた諸法則で勉学方向のみにネタが集中するよう、法則を誘導させている。
      • だからと言って今からスポーツ天才児を書いても浮きますよ。

研究発表をする[編集]

  1. ベタの法則のキャラクター部分に新規テーマを書いて、項目を立てよう。
    • 実際には項目を立ててから書いたほうがいいかもしれない。赤字リンクの空テーマ扱いにされたり、慌てて推敲の足りない項目になってしまうぞ。
    • 今は項目を仮に設置するページがあるので、慣れてない人はまずそちらに書くことがオススメ。
  2. 新規で立てた項目は、割りとすぐに反応してくれる人は多いぞ。しばらく(1時間くらい)はこまめにチェックして、何か内容が伸びないか見守ろう。特に別サンプルの追加は結構早いように思えるぞ。
  3. 新たにサンプルや法則が書き加えられたら、それを発想の叩き台にしてより充実した研究内容に成熟するよう、たまに見返すようにしよう。
  4. 自分で意図しなかった方向に行ったときは軌道修正を考えたくもなるが、涙を飲もう。特に色々理由をつけて没にしたサンプル例が出たとき。

投稿制限ルールについて[編集]

  • カテゴリの上部に記載した、制限ルールについて解説します。
  • これらは実際に投稿され、わたしが趣旨逸脱・不適切とみなして書き込みを取り消したものを教訓とし、明文化したものです。
  • 投稿制限は投稿の自由を奪うものではなく、スポーツやゲームと同じように「これをやったら反則」という最低限のルールです。みなさんが楽しく書き込みができるように、みなさんで守っていただきたいルールなのです。
  • ベタなキャラクターの法則は「フィクション作品における」各種キャラクターの王道的表現を持ち寄り、たとえばマンガを見たりしていて、特定のキャラに対して「こいつはベタベタな○○だ」「あるあるよくある」と、納得したり楽しむ感覚を共有したくて立ち上げたものです。

実在の人物についての考察等[編集]

  • そもそも前提が違うため、趣旨逸脱です。
    • ベタな政治家として田中角栄、ベタな漫画家として藤子不二雄を書いたとします。
      「うん、確かに政治家だね、漫画家だね」で終了です。そこから話が広がることはないでしょう。人物目録をつくりたいわけではないのです。
  • フィクション作品で実在の人物をモチーフに創作されたキャラクターは許容範囲です。武蔵坊弁慶とか沖田総司とか、歴史上の人物などにはよくある話です。

芸能(バラエティ番組・音楽演奏等)、スポーツ活動等の中でのみ扮する役柄[編集]

  • これは実在の人物に準じた制限です。
    • 例えばデーモン小暮はフィクション作品のキャラではありません。
      相撲の解説もすれば、TV司会者とも会話するので、実在の人物なのです。
  • 金八先生は熱心な教師でしょうが、じゃあ武田鉄矢はどうなんでしょうか。フィクションの中にだけ存在するキャラならもちろんありですが、役者が素の自分を出した時点で、それは実在の人物なのです。

投稿者がメタ視点で嫌いなキャラクターについて、露骨な吊るし上げにとれる内容[編集]

  • 言うまでもありませんが、「みんなで楽しく」という趣旨から逸脱しています。
    • RPGやアクションゲームで、パラメータ的に弱くて使い物にならないキャラがいたとして、それが気に入らないから個人的につるし上げるような書き込みは、他者、特にそのキャラクターを直接知らない人が見て、楽しめる内容にはならないでしょう。
  • 私だって待ちガイルとか相手をするのはイヤですが、そんな愚痴とか書いてどうすんですかと。

人格を持って自律行動しない、乗り物・兵器(戦闘用ロボット)等[編集]

  • キャラクター(人の個性)ではないからです。
    • ガンダムデュナメスが狙撃するからといって、銃使いキャラと見なすのは無理があります。「うん、確かに銃を使ってるね」で終わりです。
      その上ガンダムエックスは入れていいですか、ガンダムヘビーアームズはいいですかと言われて許容してたら、じゃあダブルエックスだレオパルドだ、いやいやジョンブルガンダムやガンダムマックスターも銃を使うぞと。
    • そんなのキリがない上に、じゃあそれら機動兵器をたくさん羅列したところで、どんな銃使いの法則が生まれるのでしょうか。
  • たとえ純粋なロボットでも、自己判断で自らの行動を決め、感情らしきものを持って会話ができるならありでしょう。
    • 可=C-3PO、則巻アラレ、HMX-12マルチ等
    • 不可=ガンダム、スコープドッグ、ガオガイガー等
    • K.I.T.T.(ナイト2000)やアスラーダなどは許容と言えば許容なのですが、じゃあどういう意味でベタなのか、よく考える必要があります。

同人誌・webサイト等の二次創作で後付けされた、非公式設定を視点とする内容[編集]

  • 要するにキョン子とか先行者とか書かれても、それはどこかの誰かが勝手にそういうことにしただけで、じゃあそのキャラクター設定は普遍的に認知されているのですかと。そもそも先行者とか、別の意味でも趣旨逸脱なんじゃないかと。
    • 別に「僕の考えたガンダム」とか、「超人大募集」とかをやりたいわけではないのです。
      公式設定がないことを逆手にとって、じゃあ巡音ルカは軟体生物とかいうのもなしです。

法則を無視し、法則の参考にならないキャラクター名の列挙[編集]

  • ベタキャラの各ページは法則のページです。すでに書きましたが、人物リストのページではありません。
    • 各ページに挙げられているキャラの具体名は「法則を論ずるための参考」に留まるものであり、それ以上の存在にはならないのです。
      早い話が論文の参考文献と同じ扱いでしかありません。それだけをたくさん用意したところで、論文を書かずに参考文献だけ集めているのと一緒です。
      しかも参考文献として用意した資料が論文に役立たないとなれば、それは集めるだけ無意味です。
  • ですから、その資料(参考キャラ)を持ち出す上でまず、参考として適切かを考えてください。
    • 各ページには「○○キャラのページだから○○のキャラを書く」という短絡的な記述が、恒常的に数多く行われています。ページの既存内容に全く即しておらず、新たな法則を書き込んでその参考キャラとして添付するわけでもない、要するにページから浮いた「書き捨て投稿」が大量にされている問題があります。
      単純にキャラ名だけを挙げた場合は雑資料として尊重されませんので、明確な意図に基づいて参考キャラ名を挙げる場合は、補足コメントを添えることを勧めます(義務ではなく推奨です)。
    • 所長や他の利用者も、全てのキャラがわかるはずもないので、「そういうキャラもいたのか」と納得し、興味を持たせられるのは良サンプルでしょう。
      逆に「そいつはこれこれこうだから(参考に挙げるのはおかしい)」というツッコミがあって、所長が不適切資料だと判断すれば、CO削除などの処置を行う場合があります。
      また、ページ名に基づいたキャラ名だけを集めるページは、ベタなキャラクターの法則のページとして認められません。ベタキャラのカテゴリ除去、研究実験室送りなど、ページ自体に処分を行う場合があります。
  • それから、大切にしていただきたいのはページ内の調和です。
    • だから姉キャラのページにフグ田サザエを書かれてもですね、あの人は確かにカツオとワカメの姉だが、日本有数のユニークなキャラなんですよと。
      法則もそうですが、すでに書かれている内容から浮かないような書き込みをお願いします。「そのキャラの法則ではなく、そういうキャラの法則」なのです。
    • もちろん、後々浮くようになった場合に引っ込めること(自投稿削除)は構いません。
      自分と他の利用者が互いに楽しく、尊重し合えるページが文化人類学研究所の理想なんです。

キャラクター自身ではなく、声優や制作スタッフ、作劇や演出上の都合等をメタ視点から論ずる内容[編集]

  • ベタなキャラクターの法則は「フィクション作品におけるキャラクター設定の王道的表現の考察」が趣旨としています。
    • すなわち担当声優や俳優、制作スタッフの都合など、作品内の世界観やキャラクター性とは明らかに関連性がないことを、延々と論じることは趣旨に反します。
  • 話を広げるための多少の脱線や暴走について、あれもこれもダメとうるさく制限したくはありません。
    しかしながらキャラ自身またはキャラ同士の特徴を置き去りにし、いくつかの(おそらくは少数の)キャラを担当した声優名だけを延々と書き連ねたり、作品そのものの演出上の都合等をメタ視点で論じ続けることは容認できません。
    • 声優リストはキャラリストよりタチが悪く、2~3人ならまだしも、程度を超えたと判断すれば「法則として認めない」という理由で除去します。
      またテーマ自体やページ全体がそれを目的にしていると判断した場合、そのページはベタなキャラクターの法則から放逐します。その後ならば、どうぞお好きに料理してください。

ベタキャラの原点[編集]

  • ベタキャラはもともと連想ゲームの一種です。
  • 元をたどればお嬢様のように、お題のページで新たなキャラの設定をつくりあげるような、ありがちな設定をいろんな作品から持ち寄るイメージです。
    だから「誰かのこの部分は他作品でもよくある設定」というモデルは想定しても、それが具体的に誰かということ自体は特に意味がありません。
  • 「○○みたいな人もいる」と、特定のキャラだけを想定した設定も「あいつのことかな」と考えて隠れキャラを探すような楽しみもしようと。「わかってくれる人はいるかな、ドキドキ・・・・・・」みたいな。
  • わたしが初めてつくったページの最古の書き込みは「この題のキャラのプロフィールやストーリーに、こんなキーワードをあればベタベタ」という主観にすぎず、実例を書くという発想自体がありません。

所長の本音[編集]

  • ごく初期から、それこそ新しいページをわたし以外の人がつくるようになった頃からして、このベタキャラの原点を多くの人にわかってもらえないもどかしさは感じ続けてました。
    具体例も「そいつ違わねぇ?」と思っても、知らないキャラも爆発的に増えて確認しきれず。自分が知らないだけかも、と、あまり深く考えないようにしました。
  • もちろん具体例自体はわたしが想定してなかった発想で「うまく使えば有用」と思える部分もあったので、利用者が楽しめるなら別にいいかと流れに任せてやってきました。
    そもそも最初は「ツンデレ」「幼なじみ」「女装」「ザコ」とか、そんなくらいしか想定してなかったし。こんな200ものページができるとか考えてもいませんでした。これでも結構間引きしてます。
  • 法則は勘違いがあってもいいんです。「そんなやつ見たこと無いけど確かにそれっぽい」と納得できたり、「それを言うならこうだろ」みたいなツッコミがあったりして盛り上がれば。
    そしてこれをやったら台無し、という禁止ルールについては長い間(と言っても2008年以降ですが)少しづつルールや慣習を成立させてきました。
  • しかしいまだに、キャラ名しか書かない人が多すぎます。
  • もはや何度も言い続けていやになってるんですが、キャラの具体例は法則を考える参考にすぎません
    「そういうキャラがいたか。こっちにはこういう設定もあるから、この部分はベタな法則だな」と考えるきっかけにするものです。
    にも関わらず、いまだにキャラ名を書くことだけ躍起になる人が絶えないのが、自分には不思議でなりません。
    せめて例示する根拠を書くだけでも印象は変わるのです。それは納得できるとかそれは違うとか、他の利用者が参加できる書き込みならまだマシです。
  • ページが劣化するだけ(法則が見出せない)の書き込みならやめてほしい、と常々思いつつ、なるべく利用者の自由な発想を妨げないよう、言わないできました。
    それが現状の有様を招き、今後もこの状態が続くということなら、考え直す必要がある思います。
    最悪、「全ページでキャラ名の撤去、および追記禁止」という考えも、現実味を帯びてきました。
  • もう一度前提を再認識していただきたいのですが、ベタキャラのキャラ名は参考資料です。
    わたしが常々言っているのは、参考キャラは「法則を生み出すサンプル」であって、法則の発想の叩き台です。法則のページの趣旨はあくまで「法則を書くこと」です。
    それがノーヒントで難しい人には、こういうキャラがいるからあいつとこいつはこういう共通点がある、ということを見つけるための参考資料です。
    あまりにもガチガチに言って自由な発想を楽しめなくなるのも困るので、多少の暴走や脱線もゆるく流して早数年。
    どうしてもおかしいものはCO削除、ノート送りで凍結、は前々から今現在も一部行っていますが、それ以上の規制(全面禁止)を行う日が来ないよう、利用者は十分留意してください。

文化人類学研究所所員(助手)の募集[編集]

  • 所長も人間なので、一人では手に負えないとき、他の人の意見が欲しいときもあります。
  • ベタなキャラクターの法則の趣旨を理解し、各ページの管理や利用マナーの啓発を積極的に手伝えるボランティアです。
  • 管理者選出ではないのでBC推薦や選挙はありません。応募者は利用者ページ、過去の投稿履歴などから趣旨の理解度、知識傾向を見て判断します。もしくは所長が直接打診します。
具体的にやること
  1. 研究実験室の査読。
  2. 趣旨の無理解者への注意喚起。
  3. 各ノートに出た意見等への回答。
  4. 各ページの運用方針などの合議参加。
  5. 後述の参考キャラ認定制度の審査。

仕事ではなくボランティアなので、できる範囲で結構です。

参考キャラ追記の制限[編集]

恒常的に行われている参考キャラ名のむやみな追記に歯止めをかけるべく、各ページには投稿制限をかけることがあります。

参考キャラ名のみ追記の禁止処分について[編集]

  • 後述の認定制度、追記禁止処分(完全禁止)を行うほどではありませんが、リストの整理および追記自粛の必要があるページを対象とします。
  1. 単にキャラ名が一行だけ書かれた既存書き込みはノート送りとなり、以後「単にキャラクター名だけをリストに追記すること」は禁止となります。
    • これはそのキャラクターを知らない人にとって法則の参考にならず、書いた本人が法則の参考になると判断したものなのかもわからず、情報としての価値を持たないからです。
      すなわちchakuwiki全体における「空ページ(スタブ)」「赤リンク」といった、削除や差し戻し対象となるテーマの立て逃げ等と、同質に見なします。
    • 本来参考キャラ名の厳選や吟味は自主的に行うものですが、それを強制的に行っていただく処分です。
  2. そのキャラクターがどんな点でベタなのか、法則の参考になると思われる点を、最低限一行でも補足説明してください。それがない書き込みは取り消されます。
    • 一度の編集で法則を書くと同時にキャラ名を追記しても、キャラ名が一行あるだけならば、法則だけ残してそのキャラ名は削除されます。
    • ノート送りになっているキャラを引用すること自体は妨げません。その場合はノートのリストから削除をお願いします。

参考キャラ認定制度について[編集]

  • キャラ名リストが肥大化し、法則の参考に相応しい例を厳選することが必要と判断したページには、参考キャラ認定制度が導入されます。
  1. 既存、新規を問わず、全てのキャラ名はまず具体例の候補とします。
    • 所長または所員が認定したキャラ名だけが、本ページに移動されます。他は全てノート送りとします。
    • キャラの名前だけが書かれたものは「何がどうベタなのか」を審査できないので、認定しません。
  2. 補足説明で概要や個性(どの点がどうベタか、例に相応しいか)を上手くアピールするか、本文(法則)でベタらしい特徴を熱心に書けば審査は通りやすいかも知れません。記述した本人以外の他薦も可です。
    • アピールがあっても所長か所員の判断が、ページ趣旨に即していない、意図が疑問などであれば認定しません。特に単なるキャラ概要など、わざとらしいのはかえって心証が悪くなります。
    • 「あれがいるのにこれがいない」などを理由には認定しません。あくまでそのキャラが法則の例示として適切なのか、という観点で審査します。
    • キャラ名のむやみな列挙を抑止することが目的のため、認定キャラは少数に厳選します。
  3. 一度認定されても、物言いで後から認定取消(ノート送り)になることもあります。

参考キャラ追記禁止処分について[編集]

  • 以下に示したような基準を総合的に吟味し、キャラ名リストが法則のページにとって益にならないと判断したページには、参考キャラ追記禁止処分が行われます。
    1. 間口が広く漠然としたテーマであり、法則性のないキャラ名を際限なく列挙することが可能。
    2. 法則への追記が乏しく、キャラ名の追記が長期的に行われてリストが極端に肥大化している。また、認証制度で法則にとって有意義なサンプルを抽出することが困難。
    3. 禁止規定に触れるキャラの書き込みが多数行われている疑いがある。かつ、整理してもまた行われる可能性が高い。
  • この処分が行われたページに参考キャラを追記した場合、その編集は取り消されます。
    法則への付記は妨げませんが、キャラ名を書くことを目的にしていると判断した場合、同様に取り消します。
    認証制度、禁止処分などを行ってもなお、一向にキャラ名列挙問題が改善されない場合、全てのページがキャラ名追記禁止となる可能性もあります。
  • 導入済みページ

研究実験室について[編集]

  • 研究実験室Chakuwiki:バカの卵の、ベタなキャラクターの法則版です。
  • ベタなキャラクターの法則において、研究発表(新規項目設置)をする前の素案、原案の叩き台として使用します。
    漠然とテーマを思いついたはいいけれども、適切なサンプルキャラが見つからない、法則を見つけられない、といったテーマを書き込み、まずは他者の意見やアイディアを募ってみてください。
    項目タイトルがうまく思い浮かばない、伝えにくい場合などは、「~(仮称)」と付けて、どういうキャラを想定しているか、定義を書いてみるとよいでしょう。
  • テーマ設定に対する主張や意見も、遠慮無く書き込んでください。その際は必ず署名の付記をお願いします。
  • 研究実験室は下書きです。他者が行の並び替えや文言の整理を行うことは原則として許容されます
    ただしどのような観点で改変したか、一言添えましょう。なお、度を越えた改悪はこの限りではありません。
  • 立て逃げ、独立項目として疑問、議論が必要と思われるページなどの査読にも使用されます。

ページの独立について[編集]

  • ページの独立は、以下をおおよその判断材料とします。
  1. 法則がぶら下げも含めて20行以上。
    • 法則とは言い難い、あからさまに行数稼ぎな論理はカウントしません。ex)男だったり女だったりする(=当たり前すぎてそのテーマの特徴になっていない内容)。
    • 他のページにも書いてある事をそのまま流用したような内容もご遠慮ください。
  2. 想定するサンプル(参考キャラ)が5名以上、かつ法則の行数以下。
    • 単純に名前だけが並んでいる場合、法則のサンプルとして無価値です。キャラのどの部分が参考になるのか、吟味して補足説明してください。
    • 最悪でも法則の行数よりキャラ数が多くならないよう、厳選してください。また、同一作品のキャラは2名以下を原則としています(3名以上は、よほど強く推挙する根拠が必要)。
  3. この先も法則が増えていきそうな見込みがある。
    • 方向性がはっきりしている、提案者が責任を持ってテーマを追求する姿勢が見える、他の人が伸ばせる余地がある(伸ばす気になる)等。

注意事項など[編集]

  • 禁止事項は原則として、ベタなキャラクターの法則の投稿規定(このページ)に準じます。
  • ベタキャラ全体の問題として、現在はリスト項目の縮小に取り組んでおり、同時にページ独立のハードルも上げています。
    単純に行数が多ければよいという判断はせず、テーマ性や法則としての内容を重視します。
  • 伸びる可能性がない、独立項目設立の見込みが立たない、テーマや内容に問題があると判断したものは順次アーカイブへと整理します。
    もしくはベタなキャラクターの法則のカテゴリを外して放逐します。
    通常はエントリーから1ヶ月程度で判断しますが、それ以下の期間、または数ヶ月以上様子を見ることもあります。
  • 非独立項目自体はアーカイブとして改変できませんが、テーマ自体を参考とし、全面改稿の上で改めて新規提案することを禁止しません。
    ただし同じ事を書いても同じ結果になるでしょう。



関連記事