新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

ベタなチャリティー番組の法則

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
Ambox warning yellow.png 番組や障害者に対する行き過ぎた批判、ならびにそれに対する反論はおやめください。

チャリティー番組自体の法則[編集]

  1. 何がチャリティーなのか全く明確でない。
  2. チャリティと言いながら出演者にはしっかりギャラが発生する。
    • どこも全部そうだよ
      • ※ただし日本国内に限る。
    • こないだ海外のチャリティー番組関係者からツッコまれていたっけ……
    • 正直、詐欺罪で訴えても良いんじゃないか?
      • ノーギャラでやったとして、労働基準法をどうやってクリアするんでしょ。
        • ギャラを一応払い、「善意」の名目でギャラ全額を寄付するとか?
  3. CMの合間に若いアナウンサーが現在の募金総額を読み上げる。
    • 番組終了30分前には目標額より一桁少ないが、終了間際に目標金額を超える。
  4. 壁に版権イラスト入りの応援FAXが張られる。
  5. 視聴者には募金を募るが、放送局自身がいくら出したかという話には全く触れようとしない。
  6. 下記の番組のマネをすると大顰蹙を喰らう。
  7. 発展途上国に学校を作ろうというプロジェクトは鉄板。
    • 登場する少年少女の声が必要以上に不幸そうに吹き替えされる。
    • 基本的に後日譚はない。

あの長時間チャリティー番組の法則[編集]

  1. 24時間ぶっ通しで見た人は多分いない。
  2. 眠くなるドラマがお約束。
    • ドラマが終わると司会者を筆頭にステージに居る出演者全員が涙ぐんでいる
    • ドラマの内容よりも主演の俳優で売ってる感がある。
  3. 会場はどうみてもタレント目当ての客ばっか。
    • そのおかげで気軽に入れなくなった。
  4. とりあえずマラソンで100キロ走る人がいる。
    • 放送時間に間に合わなくても其のあとに特番。
    • ゴール目前になるとあの歌を全員で大合唱。
    • ランナーを抱擁するジャニタレと観客の悲鳴
  5. ラストは全員で「サライ」を大合唱。
    • そして僕も大合唱。
    • 「No more cry」も歌われるが、サビ以外あやふや
    • サライと「負けないで」以外では、「愛は勝つ」「それが大事」などが鉄板。
    • 「Runner」も。
  6. 午後6時頃になると「座布団1枚=1万円」というオチがある。
  7. 某カルト宗教の団扇が映ったりする。
    • あの番組は、あそこが関係してるとも聞きますし…
  8. 24時間ぶっ続けの放送のため、朝になってテレビを見ると、芸能人が寝起きの顔をしている。(VTR中に寝た可能性アリ)
  9. なんだかメインにすべきもの、逆にしていません?
  10. 夜中は普通のバラエティー番組になってる。
    • ここ最近は深夜の熱湯コマーシャルが恒例に…
    • お色気のどこが慈善活動なのかは突っ込んではいけない。
  11. 山形放送だけは最後の合唱がお通夜のようにテンションが低い。
    • 青森放送はここ数年明らかにやる気が無い。
  12. チャリティーパーソナリティとは置物。最後は徳光が仕切る。
  13. 沖縄ではオープニングもエンディングも見られない。
  14. 徳光がまた問題発言。ここのファンはもううんざり。
    • 巨人の選手が難病の子供とホームランを届ける企画をやった時に限って打てない、そして相手チームの選手の方にホームランを打たれる。
  15. ここが土曜日の晩に「24時間対抗テレビ」をする。
    • それに限らず、明らかにこの番組を意識した裏番組が何本も組まれる。
    • 宮崎はこれもきっちり放送する。
  16. 札幌テレビはローカルの時間が長い。
    • よみうりテレビは殆どがローカルらしい。
    • ローカルの時間はおそらく宮崎が最も長い。土曜日12時からの特番も、この番組のローカル枠として放送するので。
    • ローカル枠で潰されたキー局企画は24時間テレビ後の日曜深夜などで遅れ放送。
  17. 放送時間延長あり。しかし、新聞やテレビ雑誌などには一切そんなことは書いていない。
    • 後の番組の録画を失敗して泣かされた人は多いはず。
    • 次の番組で時間調整をするパターンもあり。
    • 厳密に言えば別な特別番組の編成している。延長じゃない
  18. 8月に入ると「○○は今年も協賛しています」というCMが流される(特に地方局)
    • 一部の協賛店舗では本番が近づくと店員はTシャツを着用(例:ここ
  19. 本番が近づくとその年の出演者がこの局の様々な番組に番宣を兼ねて登場。
    • 数日前になると系列局の情報・ニュース番組のアナウンサーはTシャツを着用
      • クロスネット局の場合だと他ネットワーク扱いのニュース番組でもTシャツを着用している。
        • しかも募金の様子がトップニュースで放送される。
  20. 放送翌日(月曜日)のこの局の各情報番組で舞台裏を繰り返し放送。
    • マラソンの舞台裏に至っては特別番組を放送。
  21. アナウンサーが100kmマラソンのランナーへの応援メッセージを読み上げる。
  22. 過去のパーソナリティーやランナー経験者が応援に来る。
    • モーニング娘。が「でっかい宇宙に愛がある」を歌う。
  23. 日曜午前中にアニメを放送していた。
  24. メインパーソナリティはJ事務所の歌手グループ。
    • J事務所のごり押し番組。
  25. 昨今は27時間(18時~翌21時)くらい放送している。
  26. 「本当の主役は(テレビの前の)あなたです」
  27. 体に何らかのハンデがある人が登山や遠泳などにチャレンジする様子が流される。

このラジオ局長時間チャリティー番組の法則[編集]

  1. どう考えても目的は聴取率調査週間の聴取率上昇工作。
    • 関東圏では期間はたいてい終わってますよ。
  2. 半分以上が音楽。
  3. クリスマスを一人ですごすことになる若者は、ボランティア参加をして気を紛らす
  4. 12時で始まり12時で終わる。
  5. 大阪ではマラソンをする人がいる。
    • 福島ではサンタがリアカーを引っ張る。
  6. 「協賛している局=ネット局」ではない。
  7. 音の出る信号はこの番組のおかげ。



関連記事